ザウルスでござる

真実は受け容れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け容れられない者には不快である。
ザウルスの法則

学者生命を賭けてコロナ騒動の真実を発信する日米の二人の専門家:アンドリュー・カウフマン博士と大橋眞名誉教授

2020-05-31 07:36:03 | コロナ騒動

学者生命を賭けてコロナ騒動の真実を発信する日米の二人の専門家:大橋眞名誉教授とアンドリュー・カウフマン博士

 

2020年のコロナ騒動が茶番劇であることをいち早く見抜いたのは、アメリカのアンドリュー・カウフマン博士 Dr. Andrew Kaufman である。

3月末か4月のあたまに公開した YouTube 動画 "What I think COVID-19 is really is" が彼のデビュー動画と言ってもいいだろう。この動画は新型コロナウィルスを根底から問い詰めた画期的な重要性を持つ。ほんの2か月ほど前のことである。

 

 

この動画を見つけ、その真実性を即座に看破し、自らの壮大な陰謀論の理論的裏付けとしたのが、イギリスの デビッド・アイク David Icke である。「デービッド・アイク:コロナウイルスは詐欺であり、歯向かうとYouTube, Facebookは削除される」

デビッド・アイクは過去30年間、さまざまな説(各論)を展開してきており、それらを総合した壮大な陰謀論には支持者もかなりいた。ザウルスはアイクの各論の一部は強く支持していたが、他の各論は全く支持していなかった。総論としての彼の陰謀論はここ何年もアイクをして、繰り返し危機を叫ぶ 「オオカミ少年」 にしていた。しかし、今回の 「コロナパンデミック」 によって、そして、カウフマン博士による理論的裏付けによって、アイクの陰謀論がほぼ正当化された恰好になった と言える。とはいえ、彼の各論がすべて正しいことにはならない。

 

さて、こうしたグローバルなネット上での “新型コロナをめぐる真実追究の活動” は4月に入ってからさらに過熱、拡大し、ザウルスの目にも止まることとなった。ザウルスはデビッド・アイクよりも、彼に理論的裏付けを与える結果となったアンドリュー・カウフマン博士のデビュー動画に着目し、すぐにブログ記事として本年4月10日に、おそらく日本で初めて紹介した。コロナ騒動:新型コロナウィルスという病原体はそもそも実在するのか?

カウフマン博士はこのデビュー動画以来、職を追われ、多くの同僚や友人から背を向けられてきたが、その後もさまざまな動画で発信し続けている。当然敵も多く、誹謗中傷や嫌がらせを受けてきている。しかし、世界中の真実を求める人々からは広く支持されている。https://www.nicovideo.jp/user/96987476

 

 

さて、翻って、日本には中国の武漢に端を発する新型コロナウィルスに関して多少の疑問を抱く人間がまったくいなかったわけではなかった。

このブログでもすでに紹介してきている、徳島大学の大橋眞名誉教授がそのひとである。大橋眞教授は、謙虚なお人柄もあってか、今日に至るまで自らの素性(本名、肩書、所属、専攻)を動画では明らかにしていないが、徳島大学のホームページを見れば、その非の打ち所のない、立派なプロフィールは一般に公開されている。

 

大橋教授は2020年4月1日から新型コロナについての動画公開を開始している。しかし、当初の11本の動画(4月17日まで)では、新型コロナ対象のPCR検査の有効性に関する専門家としての疑問がほとんどである。しかし、上掲の海外のデビッド・アイクの動画と、アンドリュー・カウフマン博士の動画が大橋教授の目にも触れ、大橋教授はまさかと思いつつも、免疫学の専門家として海外の科学論文を確かめたようだ。そして、新型コロナウィルスについての最初の論文とされる中国医師グループのNature 誌掲載論文を専門家として丹念に精査した結果、デビッド・アイクとアンドリュー・カウフマン博士の主張が正しいという結論に達したのである。

 

 

つまり、徳島大学名誉教授である日本の免疫学の専門家は、「いわゆる新型コロナウィルスと呼ばれているような病原体が存在するという客観的な科学的証拠は一切見つからない」 と結論せざるを得なくなったのである。

しかし、これは政府の見解とマスコミの論調とは真っ向からぶつかる主張である。

大橋眞教授の4月1日以来の動画を 「大橋教授のコロナシリーズ」 と呼ばせて頂こう。このシリーズは、今日(2020/06/03)までですでに50本に及ぶもので、上から以下へと続くリストのようにコロナ騒動をありとあらゆる角度から論じている。ザウルスはこのシリーズをすべてカタログ化して通し番号を付している。

2020/06/03 時点で通算50本を数え、まだまだ続くようである。No.25 と No.33 の2本はすでに YouTube によって、「ガイドライン違反」 という名目で一方的に削除されている。しかし、これらは以下の別の動画サイトで再アップロードされている。

削除された動画を見る →

 

ザウルスはネット上で海外の動画もたくさん見ているが、コロナ騒動の非科学性と欺瞞性を専門の科学者が、これだけの数の動画でさまざまな角度から丁寧に解説している例は世界でもまれであろう。

 

冷静に考えてみて頂きたい。

日本だけでなく、世界中が “コロナ茶番劇” で踊らされている現在、これはとてつもなく、すごいことなのだ。

 

もちろん専門家によるコロナ問題に関する動画は世界中にたくさんあるが、そのほとんどは、新型コロナウィルスという病原体の存在を当然のように前提にしたものである。新型コロナウィルスを根源から疑い、その存在をきちんと科学的に否定する専門家というのは稀有である。

新型コロナィルスの存在を否定する素人(非専門家)の動画は珍しくないかもしれないが、残念ながらその根拠は浅く、客観性と整合性と科学的証拠に欠けるきらいがある。

 

誰も言わないが、この 「大橋教授のコロナシリーズ」 の公開動画50本達成は世界に誇れる日本の知性の快挙であろう。

先入観にとらわれずに物事を冷静に、客観的に判断して、その主張を公開するということがいかに困難であることか。

真実を知っていながらも、損得勘定をして、自分にとって不利益になると思って黙っている専門家が日本だけでも潜在的には何万人といるはずだ。

 

非科学的な根拠にもとづいた権力の横暴 と テレビ・新聞による国民染脳 が常態化し、国民が何も疑わず当然のようにマスクをしている今の現実を、覚めた目であらためて見直して頂きたい。

大橋教授の、学者生命をかけた動画発信は、非科学的な無知蒙昧のカルト集団と化した今の日本という国に差し込む一筋の真実の光である。

 

科学的根拠のまったくない 「マスク」 「外出自粛」 「3密回避」 「ステイホーム」 「ソーシャルディスタンス」 「テレワーク」  「フェイスシールド授業」 「唾液PCR検査」・・・

 

“コロナ戦争” に国民を総動員しようとしている政府と、そのお先棒を担いで連日コロナパニックのプロパガンダを繰り広げるテレビ・新聞等のマスコミ・・・

政府やマスコミが 「科学」 の名のもとに、カルト的な行動を国民に強いている現在、その見解、方針、要請に実はまったく科学的根拠がないことを、大橋教授は客観的な証拠にもとづいて実にわかりやすく説明してくれているのである。

マスコミに媚びた学者、権力におもねる専門家、大勢に流されるだけの浅薄な知識人が溢れる中で、このような良心ある専門家が声を上げているのは日本では奇跡に近い。

この日本では、真実は徳島大学の名誉教授によって、実に科学的かつ整合的にきちんと提示されているのだ。ありがたいことである。あとはあなたがこの真実を受け入れるか受け入れないかという問題だけである。

 

大橋教授がもう2か月以上も飽くことなく発信し続けているのは、専門家としての責任感 と 科学者としての良心 からだけではなく、足並みそろえて非科学的なカルトにぐんぐん傾斜していく今の日本という国における知的退廃に対する 深い危機感 からではないだろうか。

 

「千万人と雖(いえど)も我往かん」 

(「孟子」公孫丑上から:良心に恥じるところがなければ、千万人の敵に対しても恐れることなく向かっていこう)

大橋教授の新コロシリーズに飛ぶ。→

 

コメント (15)   この記事についてブログを書く
« ザウルス厳選:コロナ騒動の... | トップ | 大橋教授のコロナシリーズ No... »
最新の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (コロナはぺてん)
2020-06-04 10:03:16
大橋先生の動画をほとんど全部見ました。
コメント欄も見ました。専門家の説明は説得力抜群です。日本中に拡散してほしいです。
ザウルスさんも、敢然と頑張り続けてください。
コロナはぺてん さま (ザウルス)
2020-06-04 11:46:22
ご声援ありがとうございます。
大橋先生のような優れた真実追究者がこの日本にいることを我々は同じ日本人として誇りに思っていいと思います。
YouTube が大橋先生の動画をもっと削除したり、動画チャンネルじたいをシャットダウンする可能性があります。最悪のことを考えておきましょう。
Unknown (いいちこ)
2020-06-04 16:21:22
ビルゲイツがいる場所に蝗が1000000000000000000000000000000000000000000000000000匹

群がって向かってほしい
ザウルスさんこんにちは (りゃ)
2020-06-04 18:35:15
私は毎日大橋先生の動画を楽しみにしています
大橋先生は内容以外に喋り方や表情もいいですね

ですが本日もまた1つ動画の削除が確認されたようですね
Youtubeの一方的なやり方はザウルスさんのチャンネルを思い出して悔しいし悲しいです
コロナバカ騒ぎはフェイク、インチキ (イ-ジス)
2020-06-04 20:11:28
ザウルス様、いつも有益な情報ありがとうございます。私はコロナバカ騒ぎ騒動は最初からインチキ、フェイクだろうと直感してました。私は一度としてマスクをして外出などしてません。地下鉄を乗車していて私以外の人間がマスクをしているのは異様で滑稽のように感じました。99%の日本人はなんも抵抗なく従属奴隷を受け入れてるのだと改めて実感しました。ザウルス様、私を含めて1%の人間はこの状況に反対、抵抗している有志であると思っています。
りゃ さま (ザウルス)
2020-06-04 21:34:01
ご自宅の客間のようなところで撮影している最中に愛犬の首輪の鈴がときどき鳴るのがいいですね。
大橋先生は科学的な事実と証拠にもとづいて語っているので、怖いものはないのです。自分にとっての私的な利害、損得よりも客観的に真実かどうかが大事なのです。こういうひとはアカデミズムの世界でもごく少数です。
イージス さま (ザウルス)
2020-06-04 21:55:23
「最初からインチキ、フェイクだろうと直感してました」 すごい直感ですね。
私の場合、裏があるぞ思い始めたのは4月に入ってからで、以下の記事を準備している頃です。 「コロナ騒動:パンデミックはわずか1か月前にNYでシミュレートされていた!」  https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/42b8a3eb76bfcf5dba17300c5e982577

99%の従属派と、1%の抵抗派とのことですが、ケタが少し違うように思います。

99.999%の従属派と、0.001%の抵抗派とした方が現実に近いと思います。



大橋先生へ (はてな次郎)
2020-06-11 21:07:25
篤実な見るからに地味な学者である大橋先生の勇気とお働きに感謝いたします。最初から直感的にこれはおかしいと思う中で、専門的な知識がないために、本当に頭がおかしくなりそうでしたが、先生のビデオが一筋の光明を与えてくれました。毎回先生の学者の良心にかけてこの嘘を正さねばという熱い思いがひしひしと伝わってくる内容です。敬愛する先生、これからもお元気で。
Covit19は第一段階 (けい)
2020-06-21 19:49:37
今回のコロナは
強力なウイルスを仕込んだワクチンを全員に投与するための口実の為でしかなく、

人口削減の本番は全人類にスーパーウイルスを仕込んだワクチンを投与した後からと考えてます。

それを生き抜いたしぶとい平民は、輝かしい未来のスマートシティで、機械では手の廻らない部分を賄う奴隷民として、一日24時間フルに活躍できる栄光を手に入れられます。
けい さま (ザウルス)
2020-06-21 20:32:21
実に的確な見通しだと思います。

「機械では手の廻らない部分を賄う奴隷民として」 ---- ここは実に具体的でリアルな描写ですね。

マスクを常に着用し、ソーシャルディスタンス、3密回避をすでに実践している人たちは、ワクチンを率先して接種し、来たるべき中国的管理・監視社会の優等生になることでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コロナ騒動」カテゴリの最新記事