ザウルスの法則

真実は受け容れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け容れられない者には不快である。
ザウルスの法則

“ワクチン詐欺” は “オレオレ詐欺” と同じ構造?

2021-08-28 09:45:59 | コロナ騒動

“ワクチン詐欺” は “オレオレ詐欺” と同じ構造?

 

政府が推進するワクチン接種キャンペーンはウソだらけ、隠蔽だらけで、たしかに “詐欺的” である。

しかし、詐欺にもいろいろある。分析してみると、詐欺の中でも特殊詐欺、特殊詐欺の中でも “オレオレ詐欺” と同じ構造をもっていることがわかった。

 

以下の対照表をじっくりご覧いただきたい。

 

 

 

どちらの詐欺も、成立するためには、以下の3つの条件が必要である。

1) 災難に見舞われた状況であると思わせるための “前芝居”

2) 問題解決のための “合理的に聞こえる方法” 

3) 行動を促す “権威的な第三者” の存在

 

1)お膳立てとしての “前芝居”

“オレオレ詐欺” の場合は、電話口での息子役の入魂の演技が “前芝居” となる。「おふくろ、ごめんよー!今警察なんだよー!会社の金内緒で使い込んじゃってさー、オレがバカだったんだけどさー、ううううー」 と泣きじゃくる。

これによって、“カモ” は「大変なことになった、どうしたらいいんだ」とパニックになる。

 

“ワクチン詐欺” の場合は、ウイルスの検査にはなり得ないはずのPCR検査を使った感染者数を連日報道するという “前芝居” がこれに相当する。 “パンデミック” としてじっくり時間をかけて、既成事実化する。マスク着用、ソーシャルディスタンス、外出自粛、3密回避等々が展開され 「新しい生活様式」として不便を強いられる。

これによって、“カモ” は「大変なことになった、どうしたらいいんだ」とパニックになる。

2)“危機” を脱するための “まことしやかな方法” が提示される。

“オレオレ詐欺” では、「示談金による解決ならば、警察への被害届は取り下げてくれると会社側は言ってくれている」等々。  “カモ” は、ひとまずホッと胸をなでおろす。

 

“ワクチン詐欺” では、「世界的なパンデミックに対処するために優れたワクチンが供給されることになりました」等々。  “カモ” は、ひとまずホッと胸をなでおろす。

 

 

3) ためらわずに罠に飛び込ませるために、権威のある第三者に最後のプッシュをさせる。

“オレオレ詐欺” では、電話口に、警察官、会社の上司、弁護士を名乗る人間が入れ代わり立ち代わり出てきて、すべてが事実であるかのような演出をしつつ、うろたえる “カモ” に最後の決断を促す。

 

“ワクチン詐欺” では、テレビ、マスコミが連日 “コロナ”関連、“ワクチン”関連のニュースを流し、いわゆる専門家を使って、ワクチン接種が “常識” であるかのような大衆誘導をして、ワクチンにためらう “カモ” に圧力をかける。

“オレオレ詐欺” と “ワクチン詐欺” は構造は同じであるが、“加害者の目的” と “詐欺の規模” とがまったく違う。

 

“オレオレ詐欺” の目的は、“被害者の金銭をだまし取ること” であり、被害者は特定の個人、特定の家庭である。

“詐欺”であることに気づいて難を逃れるひともいる。悪質ではあるが、以下の、政府による “ワクチン詐欺” に比べれば、実にかわいいものである。日本の警察は巨悪を黙認し、小悪を血祭りにあげて給料をもらっている。

 

 

“ワクチン詐欺” の目的は、“被害者の生命を奪うこと” であり、規模は国家的で、被害者は潜在的には国民全員である(接種券は最終的にはほぼ全員に送付される)。現実には、“詐欺” に気づいたごく一部の人々は拒否することになる。

 

 

「恐ろしい感染症から国民を守るために、政府はワクチン接種を国民に推奨している」 という大義名分を保ちつつ、

    その実、

遅効性の毒 をワクチンと称して国民の体内に注入して、人口削減 を達成するという目的」 を実現しようとしているのである。

 

今後10年以上にわたって、政府に騙されてワクチンを打った多くの国民がさまざまな病気になり、早すぎる死を迎えることになるのは必至である。

しかし、彼らの死因がワクチン接種となることはない。

 

 

STOP! ワクチン詐欺

 

 

 
 

 

 

コメント (34)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「COVID-19 ロードマップ」1... | トップ | 人口削減? part 1 「5億... »
最新の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どっちがオリジナル? (匿名)
2021-08-28 18:30:45
一見、あれ、どっちがオリジナル?という感じですね。すごい出来栄えですよ。自分は広告関係の仕事してるんで、フォトショップとか使いますが、このパロディ画像の完成度はなかなかのものです。特に最後の横断幕の「STOP!ワクチン詐欺」はプロ並みの水準ですよ。楽しませてもらいました。
Unknown (ken)
2021-08-28 21:37:50
日本は敗戦国で、
ここ60年くらい耐え忍んでいる。
でも、負けてない!
天皇がなんぼ裏切っても、
同一性がある!
日本(縄文)2万年の同一性がある!
これを解体しようとしている中共とか
ユダ金とかの
かな絶対で強力でいっぷう知的で邪悪な力がある!

でも、ぜってー負けないよ!!
匿名 さま (ザウルス)
2021-08-28 21:43:58
おほめ頂き、恐縮です。
たしかに時間はかかりましたね。でも、こういった仕事は好きなので苦にはならないどころか、わたしも楽しみながらやっています。(笑)
Unknown (海)
2021-08-28 22:13:49
>日本の警察は巨悪を黙認し、小悪を血祭りにあげて給料をもらっている。

ホントそれな!!です。
私はここ最近、警察が殺人未遂事件の犯人を逮捕したり、自衛隊が災害救助をするのを不思議な気持ちで眺めています。
あれ?まだ世の中って、殺人はダメになっていて、人を助けるんだっけ?

テレビは連日ヤラセばかりだけど、確か報道でヤラセをやったら大問題で、番組打ち切りとかなかったっけ?
政治家が虚偽を言ったら証人喚問とかなかったっけ?
今はそんなことは罪にならないように、法律が改正されたんだっけ?
こんなふうに何もかもわからなくなりました。

でも一つわかったことは、人って良心で行動してないんですね。
悪いことをしないのは、取り締まりがあって裁きがあるから。
お咎めなしになって、むしろ報酬が貰えたら平気なんですね~
ken さま (ザウルス)
2021-08-28 22:27:57
「日本(縄文)2万年の同一性」 って、何かすごいですね。
海 さま (ザウルス)
2021-08-28 22:49:38
たしかに特にコロナ以降はモラルも正義も無くなってきた感じがしますね。特にマスコミの腐敗、堕落がひどい。権力の提灯持ちに成り下がって、大本営発表の垂れ流し以上に積極的に国民を踊らせています。そして警察は巨悪の用心棒に成り下がり、公的機関であることのアリバイとして駐車違反のステッカーを貼ったりしています。
いつもながら凄いです (麩)
2021-08-29 00:02:14
本当にどちらが本物か分からないから、後者を本物と張り替えてもいいんじゃないでしょうかと思えます。
私はこの画像のロゴのTシャツを作りたいんです。
http://japan1700.blog.jp/archives/28275191.html
作ってハワイでコロナの真実をぶちまけたら解雇されて会社と戦っている、日本人奥さんに売ってもらって裁判費用にしてもらいたいのですがどこから手をつけていいのやら。まずは両方に連絡を取るのにTwitterのアカウントがいるのか。
英語も堪能で画像処理もできるなんて素晴らしいです。
麩 さま (ザウルス)
2021-08-29 00:44:45
「STOP!ワクチン詐欺」のほうをチラシに印刷して、町内会の掲示板に黙って貼っておけば、見る人の頭の中にそのメッセージがスーッと流れ込んで、“染脳効果” を及ぼすかもしれませんね。(笑)
失礼致します (CAZ)
2021-08-29 09:32:33
麩様へ

おはようございます。

私はその解雇された方のことをこのブログで知りました。

https://ichisaburo.com/2934/

動画はrumbleで見ました。
ここに寄付先も掲載されています。

https://www.gofundme.com/f/help-abrien-and-his-family
ありがとうございます (麩)
2021-08-29 12:28:55
CAZさま、ありがとうございます。
YouTubeで解雇された方の奥様の動画を見て、来ている方々のコメントも読みましたが寄付しにくい感じを受けました。
そして寄付を募るだけではなかなか集まらないだろうと思いTシャツ作成を提案してみました。
このプラカードのロゴでなくても、寄付が集まり世界的詐欺が周知できれば一石二鳥です。
私はザ ウルス様のワクチン詐欺チラシを駅のトイレに置き忘れてしまうかもしれません。
ああ、たくさんの場所に置き忘れないようにしなくては。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コロナ騒動」カテゴリの最新記事