たまにはぼそっと

ふと思いついたことをボソッと書いてみます。

B層

2009-02-28 04:54:35 | Weblog
大前研一氏の「知の衰退からいかに脱出するか?」と言う本を読みました。
まだ、一回さらっと読んだばかりですけど、その中に、「B層」と言う言葉が出てきました。

なんじゃこりゃ?

どうも、郵政民営化政策のときに、行われた国民の分類のようです。

以下、引用です・

************************

A層
エコノミストを始めとして、基本的に民営化の必要性は感じているが、
これまで、特に道路公団民営化の結末からの類推上、結果について悲観的な観測を持っており、
批判的立場を形成している。IQ(EQ・ITQ(IT普及度))が比較的高く、構造改革に肯定的。

構成
財界勝ち組企業、大学教授、マスメディア(テレビ)、都市部ホワイトカラーなど



B層
現状では郵政への満足度が高いため、道路などへの公共事業批判ほどたやすく支持は得られない。
郵政民営化への支持を取り付けるために、より深いレベルでの合意形成が不可欠。
IQ(知能指数)が比較的低く、構造改革に中立的ないし肯定的。

構成
主婦層、若年層、シルバー(高齢者)層、具体的なことは分からないが小泉総理のキャラクター・内閣閣僚を支持する層など



C層
構造改革抵抗守旧派。IQ(EQ・ITQ)が比較的高く、構造改革に否定的。

構成
上記以上の分析は無い。小泉流の「構造改革」に否定的なインテリ層は少なくないが、彼らの存在は意図的に黙殺されている。



D層?(命名なし)
IQ(EQ・ITQ)が比較的低く、構造改革に否定的。

構成
既に失業などの痛みにより、構造改革に恐怖を覚えている層。

***********************

IQなんぞを持ち出してますよね。
こんなこと、そのとき、多くの国民が知ったら郵政民営化などは実現しなかったかも。

自民党の選挙戦略の基礎かもしれないと言う人もおります。
麻生総理もその線で、首相になったのでしょうか?

IQと言う言葉を入れると、すごく「上から目線」を感じますね。
今後は、表現を柔らかくして、この手法を使ってくるかも?

話が少しそれましたけど、おいらもあまりイメージに踊らされないように、よく考える癖をつけたいと思います。
コメント