座敷ネズミの吉祥寺だより

吉祥寺って、ラッキーでハッピーなお寺ってこと?
中瀬の吉祥寺のあれこれをおしゃべり。

伝教大師の1200回忌

2021-06-03 | おしゃべり

天台宗では 

毎年 宗祖伝教大師のお命日法要を営んできましたが、

今年は なんと! 1200回忌だそうです。

 

 

10年も前から 「祖師先徳鑽仰大法会」とか言って

大騒ぎをして盛り上げようとしてきた、

1200回忌のピッタシの年、

 

そういう、特別な年なのだそうです。

 

 

          

 

天台宗では、宗務総長名で「天台宗報」の号外を出しました。

 

 

 

          告  示

 天台宗が奉修しております、祖師先徳鑽仰大法会の掉尾を飾る宗祖伝教大師一千二百年大遠忌法要が厳修できますことは、多年に亘る宗徒並びに檀信徒各位のご助力の賜と深く感謝する次第であります。

 

十年におよぶ大法会期間中、平成二十三年には 国難といわれた東日本大震災が発生し、令和二年から世界に蔓延している新型コロナウイルス感染症は、グローバルな社会となった全地球的規模の対応が求められております。

 

かかる状況下、厳粛に宗祖大遠忌法要をお迎えすると同時に、この勝縁を契機として取り組んでおります延暦寺根本中堂大改修事業はじめ諸事業を推進し、伝教大師のご精神を現在に生かし、道心ある人を充満せしめて、「山川草木みなほとけ」なる浄らかなッ仏国土の建設、ひいては「世界平和と人心の安寧」に 益々寄与しなければなりません。

 

かくて千載一遇の大遠忌を一層意義あらしめ、もって祖恩報謝の誠を尽くさんとするものであります。

 

 

 

   令和三年四月二十八日

 

                 宗務総長  御 名

 

 

 

4月末の日付です。

 

お祭り騒ぎをやりたくて やりたくて

でも やれなかった 苦悩の日々よ、

という感じがして 切ないです。

 

お祭り騒ぎは あんまりできないけれども、

天台宗は 大切な部分は 地味だけど しっかりと やってきている、

という印象を持っています。

 

 

ピッタンコお命日のご法要も しっかりやって、

でも 人が大勢集まる事はできないから、

映像を配信して 大勢の人は ネットによって

ご縁をつなげていただける、

という最新の方法をとっているようです。

 

新型ウイルスの蔓延によって 規模をどんどん縮小せざるを得ない、

というのは どれほど悔しかったことでしょう。

 

でも、どれほど悔しくても、やる事はやる!

 

しか、ないですよね!?

 

 

中瀬の吉祥寺も 可能な限りの祖師先徳鑽仰大法会を執行します。

 

日曜日の午後1時からの仏遊会において。

 

住職の法話「一乗仏教について」もあります。

 

どうぞご参加下さい。

                 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 6月の仏遊会 | トップ | 7月の仏遊会 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

おしゃべり」カテゴリの最新記事