座敷ネズミの吉祥寺だより

吉祥寺って、ラッキーでハッピーなお寺ってこと?
中瀬の吉祥寺のあれこれをおしゃべり。

御札の場所

2021-01-17 | おしゃべり

中瀬の吉祥寺では、毎年 年明けに

檀家・信徒の方々に 御札を差し上げています。

 

一枚は「本山札」で、

天台宗総本山 比叡山延暦寺から取り寄せた、

各家の今年一年の無事安寧を祈念するための御札です。

 

仏壇や神棚などにお祀り下さい。

 

 

 

もう一枚は 「戸守り」です。

 

火伏(ひぶせ)、盗賊除け(とうぞくよけ)のための、

吉祥寺独特の御守護札です。

 

 

今年はもう一枚、「角大師(つのだいし)」があります。

 

比叡山の元三大師様に因んだ 疫病除けの御札です。

 

コロナ禍の今年に限り 檀信徒に授与させていただきます。

 

こちらは、玄関や神棚にお祀り下さい。

玄関や裏口などに お祀り下さい。

 

 

 

角大師、ご存知でしたか?

 

仏遊会が中止になった頃から

本堂には ずっとこの掛け軸が掛けっぱなしでした。

 

     

      本堂正面の左側

 

ずっと本堂の南東の角(かど)、涅槃図の近くに掛けてあり、

元旦には 正面に。

 

 

天台宗の寺院では この角大師を配るお寺さんも多くて、

伊勢崎市や 神川町でもお配りしていると聞きますし、

ご覧になった方も多いと思います。

 

比叡山延暦寺の横川(よかわ)にお参りした事のある方、

思い出しませんか?

 

角(つの)が生えた、異形の御守りの数々。

 

 

 

          

           角大師と豆大師

 

 

 

次回は 元三大師について

ちょこっとおしゃべりしましょう。

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 仏遊会中止のご連絡 | トップ | 元三大師 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

おしゃべり」カテゴリの最新記事