アリスのさすらい弐番館

映画とナチュラルライフの雑記帳

【映画】ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷

2018-05-03 | 映画 あ行
ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018)
Winchester
 
あらすじ
娘と夫を突然の病気で次々と亡くした未亡人サラ・ウィンチェスター(ヘレン・ミレン)はウィンチェスター銃によって命を落とした人々の亡霊から逃れる為、一族の膨大な財産をつぎ込み365日24時間、妄信的に屋敷の増改築を繰り返していた。サラの精神鑑定のために“ウィンチェスターハウス”に送り込まれた精神科医のエリック(ジェイソン・クラーク)は屋敷の中に厳重に閉じられた禍々しい部屋があることを発見する・・・。

ホーンテッドマンションとして知られるウィンチェスターハウスにまつわる 実話をベースにしたホラーです。
音でビビらす系のホラーに耐性が低くなったもので、劇場鑑賞を見送ったんですが、DVDになったので観ました。
 
ウィンチェスターと聞いてウィンチェスター銃を思い浮かべる西部劇ファンは多いでしょう。
性能の高さから製造元であるウィンチェスター家は大変な財を築くものの、銃で命を落とした人により呪われ、しかも死者の魂を鎮めるために、家を増築し続けなきゃいけなかったなんてね。これが実話だってことにまず驚き。どうしてこれが今まで映画にならなかったかな。私が知らないだけか?
 
ま、でも、確かにそれだけだと ただのお化け屋敷なわけで
つまんないかなってことで、精神科医の役を作ったんでしょうね。
ジェイソン・クラーク演じるプライス医師は、女遊びに明け暮れ、しかもアヘン中毒。
別段名医というふうでもないプライスにお呼びがかかったのは何故なのか。その辺りをミステリアスに描いたのはいい。ただ謎を後半まで引っ張りすぎるため、キャラが曖昧で、せっかく彼の目線で一緒に恐怖を体感できるのだけど、物語を引っ張り切れないのはいただけなかった。
 
あと、納得がいかないのが、スピリチュアルなものの扱いなんですよね。それで解決になるのかと、ちょっとモヤモヤ。個人的には迷える魂は浄化させてあげたかった。そしたらもっと優しいホラーになったんじゃないかな。
題材もゴシックな雰囲気もいい。映画に厚みを与えるヘレン・ミレンの存在も良かっただけに、少し残念に思ったのでした。
監督/脚本は『プリデスティネーション』のスピエリッグ兄弟サラ・スヌークもウィンチェスター夫人の姪の役で登場します。
日本公開は6月。
 
ちなみにウィンチェスターハウスは今もカリフォルニアのサンノゼに存在し、観光名所にもなっているそうですよ。
エンゼルス戦観戦ツアーのついでに訪れてみてはいかがでしょう。
私は遠慮しておきますけど。

映画データ
製作年:2018年
製作国:アメリカ/オーストラリア
監督:マイケル・スピエリッグ
脚本:マイケル・スプエリッグ/ピーター・スピエリッグ
出演:ヘレン・ミレン
   ジェイソン・クラーク
   サラ・スヌーク
   アンガス・サンプソン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲティ家の身代金(2017) | トップ | 海外から離島に引っ越すのは大変 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (maki)
2018-05-05 16:52:35
ついに有名なこの家が実写映画に!
そうですよね、なんで今まで映画化されてなかったんだろう?逆に、めちゃくちゃ有名な家すぎだから、「つまらないかも」とか
思われてたのだろうか…
本作がどういう着地になるのかはわからないですけど…実話ものらしいモヤモヤ感はありそうですねー。
へたにB級俳優を使うのじゃなくてヘレン・ミレンさんなら重々しくもなって、しっかりしたドラマになっていそうですね。
日本公開とDVD化を楽しみにしてます。
Unknown (pu-ko)
2018-05-05 23:47:03
>makiさん、こんにちは
私ははずかしながらこの家の存在すら知りませんでした。有名な家だったんですね。
映画の中で訪れたり、話題になることはあったようだけど、完全にこの家についての映画はほかにないようで意外に思うくらい。
ヘレン・ミレンの起用は正解で、やっぱり重みが出ますね。オチにやや不満があるものの、面白い作品だと思いました。
Unknown (LAGUNA)
2018-05-06 14:31:34
「プリデスティネーション」の監督さんなんですね。それで、サラスヌークが出てるのかしら。ホラーで上映されるものはついついみてしまいます。実話って驚きですね~
Unknown (marr)
2018-05-06 21:31:03
へ~実話なの?
知らなかった。
銃社会のアメリカではどう捉えられてんだろう?
Unknown (pu-ko)
2018-05-06 23:06:42
>LAGUNAさん
そう、私もあとから知って、それでサラ・スヌーク出てるんだぁと思いました。
イーサンにも出て欲しかったけど(笑)
実話の部分にびっくりですよね。
Unknown (pu-ko)
2018-05-06 23:11:51
>marrさん
あっと、ごめんなさい。
紛らわしい表現になりましたが、wikiなどにも記されてる屋敷を作ったいきさつや、ずっと建築を続けた理由などが「実話」で、精神科医が招かれオバケ退治みたいになる部分は「実話からインスパイアされた創作」の部分かと思います。
私も思ったんですが、銃社会へのメッセージを込めると深くなったんじゃないかなぁ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 あ行」カテゴリの最新記事