アリスのさすらい弐番館

映画とナチュラルライフの雑記帳

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

2018-04-04 | 映画 あ行
ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
Darkest Hour
 
ゲイリー・オールドマンがウィンストン・チャーチルを演じ主演男優賞、日本の辻和弘さんがメイクアップ&ヘアー賞部門でアカデミー賞を獲得したことで話題の一本
日本滞在中に上映が終わってしまったのでDVD鑑賞しました。
 
ダンケルクに取り残された若い兵士たちを救出せねばという話しを、戦場の爆撃シーンを見せることなく、チャーチルを中心とした政治家の会話劇で見せきったジョー・ライトは潔いな。
ひたすら現場の緊張を描いたノーランの『ダンケルク』とは真逆の作りと言えます。
 
それでも『ダンケルク』に引けを取らないエンタメ性までもたらすことに成功してるのは
予測不能がゆえに魅力的なチャーチルを演じきったゲイリー・オールドマンの熱演のたまものでしょう。
ゲイリーは入念にリサーチし、チャーチルを知り尽くしたうえで演じたんでしょうね。
辻さんによるメイクで本物そっくりな外観になってるのは勿論凄いですが
声の出し方から姿勢、表情に至るまで演じこみ、単にリーダーシップに長けた政治家としての一面でなく、信念と内からにじみ出る人間性を感じさせてくれるのはあっぱれ。
終盤のスピーチシーンなどゲイリーにこんなパワーがあったのかと驚くほどでした。
 
共演者も一市民の正直な気持ちを垣間見せた秘書役のリリー・ジェームズ
チャーチルを支える妻をりりしく演じたクリスティン・スコット・トーマスと女性陣も好演
個人的にツボだったのはいつも汚くてヨレヨレなイメージのベン・メンデルソーンが国王を演じていたこと。
『英国王のスピーチ』でコリン・ファースが演じたジョージ6世ですよね。
勿論小奇麗で(笑)、品良さげに演じているのだけど、気の弱さとユーモアを湛えてくるのがメンデルソーンらしくて嬉しい(笑)
 
印象に残ったのは地下鉄でチャーチルが市井の声に耳を傾けるシーン
そこから終盤にかけての盛り上がりも最高で、映画として見ごたえありました。
 
一方、その後数年続いた戦争により失われた命を思うと複雑な思いにもかられるんですよね。
途中、チャーチルが思わしくない戦況を国民に伏せ、善戦してるかのように伝えるのは、ベトナム戦争の苦境を隠したアメリカ政府にも通じるところがあるわけで・・。
 
原題は『ダーケスト・アワー』
当時の状況をさしてチャーチルが演説の中で使った言葉ではあるけれど、『ペンタゴン・ペーパー』を観た後だと、「暗黒の時代」に戻ってはいけないというメッセージにも感じたな。
ま、そんなこともあって、タイトルは原題のままでよかったんじゃないかと思ったのでした。
とりあえず副題はピンとこないわ。
 

映画データ
製作年:2017年
製作国:イギリス
監督:ジョー・ライト
脚本:アンソニー・マクカーテン
出演:ゲイリー・オールドマン
    クリスティン・スコット・トーマス
    リリー・ジェームズ
    ロナルド・ピックアップ 
    ベン・メンデルソーン
 
TBはこちらにお願いします
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
« スノーマン(原題) | トップ | セブン・シスターズ(2016) »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (LAGUNA)
2018-04-06 01:34:42
さすがもうDVDになてるんですね。こちらは今上映中(^^;
ほんと会話劇なのに思っていた以上のエンタメ性があったように「思いました。ゲイリー本当になりきっていて素晴らしい。メイクというのも全くわからないし、声とか喋り方、ゲイリーとはおもえませんでした。凄いですね。
うける(≧▽≦)ヨレヨレなイメージのベン・メンデルソーンって・・・(笑)確かに。
Unknown (chaco)
2018-04-06 16:24:46
大好きなゲイリー・古男さん。

でね、この映画の宣伝を初めてTVで観た時さ、
目がゲイリーじゃね!って疑ったんだけど「まさか」
って思いながら観てたら「やっぱ!!」だった。
しかし、辻さんすっげーーー!!

「鉄の女サッチャー」のあの方のメイクみたいにだけは
したくなかった、って言ってたね。
確かにあの方の皮膚は突っ張ってたもんね。
違和感しかなかったよね。

コレ観たい!物凄く観たい!スリムでダンディな古男さんが
どんな風になっちゃってるのか、この目で確かめたい!!!
Unknown (yymoon)
2018-04-06 22:48:39
pukoさんの評価のトーンが何となく低くく感じられるので、メイクアップ&ヘアー賞受賞で出来上がってしまったこの映画への予想通りのイメージができてしましました(笑)。
個人的にはクリスティン・スコット・トーマスが懐かしい名前で、どんな演技か気になります。
Unknown (pu-ko)
2018-04-06 23:40:08
>LAGUNAさん
もうDVDになっちゃってます。
ね、ゲイリーの「誰?」ていう変身っぷりと熱演観てるだけでも飽きないものがありました。
葉巻スパスパも大変だったようだし、結構身体張ったんだなぁと思うと、オスカーとれてよかったとしみじみ。
あんな小奇麗なメンデルソーン見たの初めてで、個人的にはゲイリーに並ぶ「あんた誰?」でした(笑)
Unknown (pu-ko)
2018-04-06 23:46:59
>chacoさん
わはは、古男・・オールドマンね。一瞬考えたわ(笑)
知らずに見て、目だけで彼と判断したのは流石!
毛穴からしわ、頭皮まで自然でね。辻さんのメイクの凄さに驚嘆します。
サッチャーさんとか、デカプの老けメイクとか、思い出しても笑えるもんね。
勿論見た目だけじゃなくゲイリーさんの演技も凄いから。
ぜひ観てね。
Unknown (pu-ko)
2018-04-07 00:00:09
>yymoonさん
あちゃ、トーンに現れちゃってますか(笑)
いやいや、特殊メイクに負けず劣らず、主演のゲイリーの演技も素晴らしいんですけどね。
ただ、会話を主体にした政治トークが主なので、チャーチルの意外な人間性とか楽しみどころはある反面、前半はフラットに経過するのは確か。
実は帰りの機内でこれを観かけたんですが、途中何度も寝てしまって巻き戻しを繰り返し、結局最後まで行きつかなかったんですよね(笑)
疲れてるのもあったんですが。
心を大きく動かされたのは終盤部分からでした。
クリスティンも老けメイクで、一瞬誰かわからないほどですが、普段の彼女とは違った雰囲気で凄く巧いと思いました。
Unknown (おみゃあ)
2018-04-07 08:27:29
まぁ、クリソツ。 本人かと ま、会ったことありませんが
これだと どんなブスでも美人になれる  メ-クのおそろしさ 化粧するはずだね
Unknown (pu-ko)
2018-04-07 12:30:38
>おみゃあさん似てますよねぇ。
しかもアップで見ても肌の質感などまるで違和感ないんだから、メイクの技術凄いです。
わはは、今どきは素人でも別人のメイクするものね。
だまされるよね(笑)
もー、とにかくゲイリーおめでとう🎵 (みーすけ)
2018-04-07 15:54:26
とにかくゲイリーありきだね。彼の演じるチャーチルがチャーミングなので、あそこまでアンチにヤられるのがとても気の毒www
妻や家族にちゃんと愛されている家庭人の姿を映しているのが「チャーチルいい人」感をより煽るし。
ダンケルクとは全く逆なアプローチの戦場のシーンをほぼ排除しながらの画面ながら、戦局の緊迫した情況に胸が痛んだな。
しかし英米とも、ダンケルクでのダイナも作戦を扱った作品が何本か続いたの不思議だよね。
何年祭(祭じゃないか💧)とかそんなこと?
ゲイリーファンとしては、見た目だけでなく付随する彼の演技がハイパーなのでオスカー受賞遅いだろ的な。個人的にはTTSSで受賞してておかしくなかったと。

あ、ベン・メンデルソーンの王様っぷりがカッコ良すぎて、ヨレヨレのベンは何処!?で惚れ直したりwww
Unknown (pu-ko)
2018-04-08 12:17:04
>みーすけさん
うんうん。これ観たら主演ゲイリーで良かったぁと思ったわ。
物凄いパワーで演じきったよね。
でも可愛いという。
もっと早くに受賞してもおかしくない人だっただろうけど、なにせとれて良かった。
映画は『ダンケルク』との違いも面白かったね。
現場の緊迫感は有れど、情勢が何もわからなかった『ダンケルク』に対し、こちらは兵士たちは映さないのに、彼らの命が風前の灯だとわかって辛かったしねぇ。
で、今年はなんでダンケルクだったんだろうね?
100年祭にはちと早いが(笑)
ベンメルいいよね~w
え?綺麗だけど、これベンよね?ってテンションあがってしまった(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 あ行」カテゴリの最新記事