アリスのさすらい弐番館

映画とナチュラルライフの雑記帳

【映画】圧巻!!『グレイテスト・ショーマン』(2017)

2018-02-01 | 映画 か行
グレイテスト・ショーマン
The Gratest Showman
 
職を失った夢想家のバーナムは、あるアイデアをきっかけにショービジネスの道へと足を踏み入れる。
様々な仲間を集め、彼らのショーは一躍有名になるが、そのショーは社会には認められず・・・
 
ヒュー・ジャックマンが伝説のエンターテナーP・T・バーナムを演じた伝記ミュージカルです。
昨年観た予告にぎゅっと心を掴まれたので、楽しみに劇場に足を運びました。
いやー、これは凄かった。
 
監督のマイケル・グレイシーは映像畑の出だそうだけど
きっと彼の頭の中ではすべてが完全に映像化されてたんでしょうね。天才なんだと思う。
 
完璧なリズムを刻む序盤から心地よく
躍動感あふれる豪華絢爛な舞台に、ただただ圧倒されました。
この映画のテーマの一つは、人は人と違っていていいんだということ。
普通って何?標準ってなんだ。ユニークなのって素晴らしい!
そんなメッセ―ジを込めた力強い歌唱に熱いものがこみ上げます。
もうね、パフォーマンスの素晴らしさに何度も泣けてしまうんですよ。
 
実在したエンターテナーP・T・バーナムのことは何も知らなかったけど
彼も頭の中で目くるめくショーの世界が見えていた人なんでしょうね。
 
人として決してパーフェクトではないけれど、家族を愛する天才バーナムをヒューが完璧に演じてます。
バーナムの妻を演じるミシェル・ウィリアムズも素晴らしい歌と踊りを披露しててビックリ!
ザック・エフロンとゼンデイヤも大きな見せ場があるし、どのシーンも見どころ満載。
これはぜひ劇場で!

 
映画データ
製作年:2017年
製作国:アメリカ
監督:マイケル・グレイシー
脚本:ジェニー・ビッグス/ビル・コンドン
出演:ヒュー・ジャックマン
    ザック・エフロン
    ミシェル・ウイリアムズ
    ゼンデイヤ 
    キアラ・セトル
 
TBはこちらにお願いします
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Thank you for the lift お... | トップ | 『聖なる鹿殺し キリング・オ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (LAGUNA)
2018-02-02 20:34:36
ミシェルが歌と踊りをっていうのがびっくりですね。
うう~ミュージカル苦手なので予告編みても全くそそられなかったのですが、pu-koさんがいうならみたくなってきたぞ~そういえば、ララランドもみてない(笑) ドリームガールズみたいにステージを見ている感じでセリフを歌ってなければいいんだけど・・・
Re:Unknown (pu−ko)
2018-02-03 15:06:30
>LAGUNAさん
でしょ。私もミシェルが歌って踊れる人だと知らなかったのでビックリでしたよ。
歌って会話するシーンも皆無ではないんだけど舞台のショーとして見せてるのと、どのシーンも見応えがあるのでミュージカルきらいでも楽しめると思うなぁ。
おっと、ララランドも未見とな。私は一昨年のベスト1にしたくらいお気に入りです。最近のミュージカルは大丈夫になっちゃった。
Greatest Showman (guch)
2018-02-04 17:03:18
ネバー、ネバー、ネバー、、、ネバー♪♪、、昨年の27日、二日目に見たのですが今でもアタマにこだましてます。いや~、、実に素晴らしいレベッカ、、歌っていたのはローレンらしいのですが、、。でもあのジェニー・リンドって実在の歌手だったんですって。映画を見てからいろいろ調べましたよ。
Unknown (pu-ko)
2018-02-05 00:02:10
>guchさん
そうそう、ファーガソンが口パクだったのは私も後で知りましたが、本人が歌っているようにしか見えないパフォーマンスは圧巻でしたね。
本作に登場する面々はトム・サムやザック演じるパートナーはじめほぼ実在した人物らしいですね。見ごたえのある映画でした。
Unknown (einhorn2233)
2018-02-11 08:57:38
予告編を何度も見せられているのですが、今イチ、食指が動かないでいたのですが、評判のいい映画なんですね。と、言いつつ「ラ・ラ・ランド」にそこまで乗り切れなかった自分としては、どうしようかなあって思案中です。
Re:Unknown (pu−ko)
2018-02-14 01:43:30
›einhornさん
ピンときませんでしたか。
そうだ、記事で言及しなかったんですが音楽をララランドのコンビが担当してるんですよね。
ビートの効いた曲の数々が圧倒的なステージパフォーマンスとともに歌われて鳥肌もの。ミュージカルとしては大変見応えがありました。
ミュージカルシーンは良し (ボー)
2018-03-03 10:59:44
マリリン・ファンな私としては、ミシェルがマリリンを演じてくれた「マリリン 7日間の恋」(わが家に山ほど記事があります)は宝物で、そこでも歌っていましたからね。
Unknown (einhorn2233)
2018-03-04 17:29:32
やっと劇場で観てきました。歌1曲で何年分とか何シーン分とか語ってしまうという作りのうまさが見事でした。一応、全部丸く収まるハッピーエンドではあるんですが、スウェーデンから海を渡ってきたジェニーだけが悲劇のヒロインになっちゃうのはかわいそうでした。レベッカ・ファーガソンってそういう役が似合うというか、達者にこなす人ですよね。
Re:ミュージカルシーンは良し (pu-ko)
2018-03-19 01:27:20
>ボーさん
ご無沙汰しています。返信遅くなってごめんなさい。
マリリンではマリリンっぽく歌ってたんだったかな。ブルーバレンタインとか、ミシェルの歌声はたまに耳にしてましたけど、こんなに歌えるとは知りませんでした。
全般に音楽が素晴らしかったですね。
Re:Unknown (pu-ko)
2018-03-19 01:36:27
>einhornさん
返信大変遅くなりすみません。
歌が力強く盛り上げ方もうまかったですね。
そうそう、ファーガソンが切ない役どころでしたが、ステージの歌唱は堂々としていて、吹き替えだと思わせないものがありました。劇場で見れてよかったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 か行」カテゴリの最新記事