「見慣れぬ遊戯」亭

ゲーム全般が趣味のテキトー人間が綴る備忘録
28日更新が今年最後になります。
新年4日と8日はお休みになります。

雑記/2019/01/05 小山市ゲームサークル「ブロックアウト」参加(オープン)

2019年01月07日 02時01分16秒 | アナログゲーム雑記
 上で4日と8日は休むと書いてますが、5日に出さないとは書いてない!(無茶な言い訳)
 新年最初のゲーム会でーす。

 というわけでブロックアウトさんのボドゲ定例会があるので行ってきました。いつものように買い物話済ませてから駅に向かって電車のバスで…
 …やっぱり10時台のバスはズレが生じている…前回と同じ反対周りの循環バスに乗って会場へ。今回は途中で降りずぼーつと乗って最寄りのバス停まで乗ってみました。新市民病院だっけ…そこまで行って戻ってくる感じのコース取り。原付ではこっちの方まで来たことないのでちょっと新鮮な気分。あの辺り、誰も降りなかったけど(笑)
 で、11時半頃に最寄りバス停到着…朝に食べてないので傍の牛丼屋で軽く食べておく。

 

 入室時に他に1人しか空いてなかったときに誘われて「ナンバー9」のタイマン勝負。
 終了時に写真撮り忘れた…せめて1層目の写真だけでも(笑)
 なんかねー、ここの常連さんに上手い方が多くて3桁得点とか出してくる方がいるってのに凡人枠のウチで大丈夫かなーと思ったけど60点とまぁそこそこの点数。相手も似たような点数だったし…負けたけど(笑)

 

 「スカラビア」
 そんな「ナンバー9」の大好きな方(対戦した方とは別の方)が「通じるモノがある!」と力説し、米Amazonのアカウントを作って取り寄せたというパズルゲーム。来月に日本語版が出ると解っていたけど「待ちきれなかったし言語依存ないし、日本語のルール翻訳落ちてたし」とのこと。

 全員がカードによってランダムに選ばれたタイルを使い自分のフィールドに配置、タイルや障害物や壁で囲んだ中のマス
にスカラベのアイコンがあれば得点できるという。ただし空いているのが4マス以下でないと得点にならないという制限付き。
 ……ホントに難しかったですよ、これ(笑)
 配置しているタイルは全て5マスを潰すような形になってて、裏表、どの向きに置いても構わないわけですが…
 「スカラベ模様を残しつつ」
 「他のタイルに辺で接触しなきゃいけなくて」
 「4マス以下の空き地を作りだす」
 ……頭がこんがらがる(笑)
 あーうーあーうーヴぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛!と悩みつつ1個ずつ配置していく。
 そしてこの時に重要なのが「配置出来ないタイルは仕方ないとして、配置出来るならやらんとアカン」というルール。
 何がまずいって最終局面に入って1つのタイルが先に来れば得点に繋げられるという時に別のタイルを配置させることになってしまうと狙いのタイル予定地に干渉してしまうこと。得点取れない~っ!
 …とまぁやるだけやったけど2枚ほど配置出来なかった上に結構空きマスが広く取りすぎて得点にならなかったりしてます…順位低かったけど面白かった。

 で、次のゲームは何やろっかなーと思ってたら…

 

 おぉう、「スマートフォン株式会社」ではありませぬか!
 へ、これから?やりまーす♪

 

 というわけで4人プレイでごー(笑)プレイヤーはスマホ会社の経営者として全世界に支社を建てたり技術開発を行って、自社のスマホを世界中で販売していくというゲーム。

 

 6マスの「パッド」と呼ばれるボードを2枚使い、1マス以上重ね、さらにモジュラーボードみたいな2枚のをパッドからは出さないように配置していくらしい。ルール上で好きに組み合わせて重ならずに表面に出ているアイコンが行動できるアクションとその仕事量ってことになりますな。使わなかった2マスボードはコンテナ1個分として扱われる模様。
 大体ラウンドで悩むところはココが80%です(笑)
 自分のスマホをどの価格帯で販売するとか、流通どうするとか、技術開発にどれだけ力を注力するかとか、あと支社をどう建てていくかとか…いろんな要素が絡み合ってお金を儲けていく。
 あ、最新技術が4Gで止まってました(笑)
 感想として…メッチャオモロイ(笑)
 点数は要するにスマホの販売益なので、いくつかの獲得方法かあります。
 ・高級路線でいくか、低価格路線でいくか
 ・技術革新を導入するかどうか(最新技術を最初に開発すれば特許料としてお金が入る)
 ・販路を何処まで伸ばすか(世界中に販路を築くのは時間的に無理なので何処に支社を作るのか)さらに販路拡大のツテをどこまで調達するか。
 ……このあたりを全てラウンド開始時のパッド2枚と追加ボードで計画しないといけないわけで…みんな悩む悩む(笑)
 ウチは最初のラウンドでかなり出遅れ感があってかなり厳しい展開に泣きつつ198点でフィニッシュ。トップは230点あたりだったからちょっと差がついてしまったようですな。
 …これ、メッチャ欲しいけど売りは今の所ないっぽい。ロシアのゲームだったっけかな…流通少なそう…

 

 次に参加したのは名作「モダンアート」。そこそこ得意…ウチのやり方は「あまり目立たない」(笑)
 とはいえ今回は幸運に恵まれました。一番枚数が多いけど同数になると一番立場が弱い絵画を低価格で、とかもダブルで落札出来たし、その後で自分で絵画を出して人気を上げて荒稼ぎ成功。
 さらにヨーコの絵画の指値オークションなんて使い難いのが2枚になったけど使い切れた上に3位以上確定でかなり美味しい状態になったりもしました。
 …最後のラウンドは満足したので売れそうな絵画を在庫処分。

 

 521金でトップになれました。他のプレイヤーさんが300~400辺りだったんで、やっぱり荒稼ぎが効いたかと。あと、ヨーコ3枚持ってて180金とかボーナス稼げたし、そのヨーコをキッチリ使い切れたのは助かった…残り1枚なんて持ってても誰も買ってくれませんからね(しかも指値カード)

 ところで、別卓でも「モダンアート」が始まったんですが…

  

 すっげぇ豪華版(笑)木槌とかイーゼルとか。使用カードも本物を使っているようですし、何よりメタルコイン(笑)
 オーナーさんはさっきの「スマートフォン株式会社」の所持者と同じ姐さん。なんでもこれを狙って1カ月ほどはりついてたそうな…
 あ、因みに韓国版らしくマニュアルはハングルなので読めません。韓国版の絵だけを使ったカードセットもあるので見せてもらいましたが…「これ中国の絵じゃね?」というのが結構ありました…

 

 「オーナーズチョイス」
 モノポリーみたいにボードの外周をコマ(共通)が回って、株を売ったり買ったりしつつ株価を上げていき儲けましょうっていう感じの株ゲーム。
 …なんだけど。
 なんかボードの「ファンド」に置かれた札束が減らない。
 ことあるごとに「ファンド」へ冊を置くようにインストを受けたけど銀行の方が枯渇しそうな感じになって来て…
 さらにイベントマスに飛び込んだプレイヤーが「ファンドの金を全て得る」ってなって…
 さすがにおかしくね?とルールを確認するといろいろと小さなミスが発覚(笑)とりあえずイベントダイスを振ったプレイヤーは600くらいに資金を均した上で株の買いで支払う金を銀行に戻すということで決着。
 と、いろいろありましたが…うん、ボロ負け(笑)

 ここで19時過ぎたのであと1ゲームくらいかな~と思ったけどみんな何かやってたので少し早いけど撤収することに決める。早めに帰ってご飯食べよう。そうしよう。

 バス出ちゃってた(笑)

 まぁ仕方ないので昼間に食べた牛丼屋へ…行くのもなんなのでスマホでなろう小説読みつつ待ってましたよ。そんなに長い事待つ感じでもない間隔でしたからね。

 しかし、最後の「オーナーズチョイス」…「シャドウハンターズ」と似たような装丁してるなぁって思って家で調べてみたら同じトコだった(笑)
 …もしかしたらCosaicで出すかもしれん…いや、その前に「レイダース」の拡張出して~っ!



『おもちゃ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 謹賀新年 | トップ | 雑記/ボドゲに使ってるスリ... »

コメントを投稿