「見慣れぬ遊戯」亭

ゲーム全般が趣味のテキトー人間が綴る備忘録
月木の26時に通常更新の他、日曜にゲーム会レポ。

紹介/ボードゲーム/「ドリームホーム」

2018年04月27日 02時01分16秒 | アナログゲーム紹介
 簡単ルールで内装を組み立てていきましょう。
 多少のパズル要素はご愛嬌…地下ぇ…
 「ドリームホーム」のご紹介です。


 原題: Dream home
 日本語タイトル: ドリームホーム(日本語版:アークライト)
 デザイナー: Klemens Kalicki
 発売: 2016(日)
 可能人数: 2~4人
 プレイ時間: 30分程度
 ボックスサイズ: 275×275×67(mm)
 カードサイズ: 44×68(mm)

 「配置パズル」「セットコレクション」「スタプレ奪い合い」


 ---

 というわけで秘密道具を使ったり人をこき使ったりして家の部屋を整えていくゲーム(←人聞き悪い)の「ドリームホーム」です。今回はゲームの流れをさらっとご紹介…ウチの理解力だと詳しいことは言えないからですが。

 

 プレイヤーに配られるのは家ボード1枚。以上(笑)

 

 場の中央にはメインボードを置きまして、二段になっているカード枠、一番左の上段に資材その他のカードデック、下段は部屋カードデックをよーーくシャッフルしてどーん、これだけです。簡単ですね。


 適当な方法でスタートプレイヤーを決めてゲームを開始しましょう。
 このゲームはラウンド制で全12ラウンドを終えるとそのままゲーム終了、得点計算は全部まとめて最後に清算しますが途中で点数を小計しておかないと逆転されることがあるのでご注意を(←計算ズレて負けそうな人)

 

 ラウンド開始時に、まずはこのラウンドで取り合うカードをメインボードに並べていきます。上段に資材カード、下段に部屋カードを並べていきます。資材カードの方は一番左の所はカードを置きません。この上下に並んでいるカード2枚を1セットとしましょう。あ、もちろん一番左は1枚のみです。

 

 スタートプレイヤーから時計回りに1セットずつ、好きなものを取っていきましょう。一番左の部屋カード1枚しかない所を選ぶと次のラウンドのスタートプレイヤーになります。

 

 獲得した部屋カードは即座に個人ボードに配置していきます。ボードには縦3段分のマス目があり、下から「地下」「1階」「2階」となっています。この配置にはいくつかのルールがあります。

 ・基本として部屋カードの名前が上側にあるものは「地下」に、名前が下にある物は地上階に配置するものです。
 ・1階、もしくは地下階に部屋を配置していないのにその上に部屋カードを配置することは出来ない。
 ・「完成した部屋」の隣に同じ種類の部屋を配置することは出来ない。

 等々。
 
 

 また、資材カードの中のアイテムカードやお助け人物カードは見える所に公開しておきます。これらのカードの使用タイミングなどは個別設定なのでマニュアルを見た方が早いです。

 

 屋根カードを取った場合はこの窓枠の所に…

 

 伏せておきます。4枚まで取れますが、触らないようにしましょう。内容の確認は自分だろうと他の人だろうと出来ません。どんな色だったかは覚えておいた方がいです。

  → → 

 全員がセットを選んだら、誰にも選ばれなかったカードは捨てられてラウンド終了です。
 これを12ラウンド行うだけです。

 

 資材カードではインテリアトークンをゲットできる場合がありますがこのトークンを置いた部屋は「完成した」とみなされます。普通は部屋が完成してからインテリアを置きますから。さっきの部屋配置のルールによって隣に同じ種類の部屋を置くことが出来なくなります。
 自分のボードに置くことが出来る部屋がなかった場合はトークンをもらえません。
 あと「完成した部屋」となるのは…部屋の名前の上にカードのマークと数字がありますね。このカードのマークの数が連結できる部屋カードの数、数字がその数だけ部屋を連結した時にゲーム終了時に貰える部得点です。なお、3枚セットで9点です。27点はもらえません(笑)

 

 12ラウンドが終わると全ての部屋マスが埋まるはずです。こうなったら得点計算をして、自分の家の内装を自慢しましょう(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 たまに得点は二の次になって趣味に走った部屋を作りたくなりそうで怖い(笑)
 ゲームのシステム自体はとてもシンプルです。ラウンド毎に1セットを貰った部屋カードわ配置するだけですからね…ただ、先に1階や地下を作らないと拡張が不便なのでギリギリまで粘りたいところ。1ラウンド目に地下室があったら真っ先に取られることでしょう(笑)
 
 ところで同点の場合のプレーオフの決め方がユニークだと言われていますが…うん、マニュアル読んだからやる方は知ってるんですよ。

 何処に子供がいるか解んない(笑)光量足らないと見難くてねぇ…
『おもちゃ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 紹介/ボードゲーム/「漁火」 | トップ | 雑記/ 2018/05/03 小山市ゲ... »

コメントを投稿