「見慣れぬ遊戯」亭

ゲーム全般が趣味のテキトー人間が綴る備忘録
月木の26時に通常更新の他、日曜にゲーム会レポ。

紹介/カードゲーム/「病み鍋~こんなもの食えるか!~」

2018年11月20日 02時01分16秒 | アナログゲーム紹介
 衝動買いの中でも結構珍しい絵師買い(笑)
 「病み鍋~こんなもの食えるか!~」のご紹介です。


 原題: 病み鍋~こんなもの食えるか!~
 日本語タイトル: 同上
 デザイナー: 鈴木朋弥+カウベルゲームズ
 発売: 2016(日)
 可能人数: 3~4人
 プレイ時間: 5分程度
 ボックスサイズ: 136×97×22(mm)
 カードサイズ: 88×63(mm)

 「失点回避」「捲り」「セットコレクション」


 

 ある日、黄色い潜水艦にふらっと寄った時に売ってた中古品です。
 イラストレータが双葉ますみさんだと箱絵だけで気づいたので(SW2.0リプレイU.S.A.おもろいです)確保したんですよね…うん、ゲーム内容どころかプレイ人数までも確認してなかったわ(笑)
 ゲームの背景は…まぁ解るか(笑)
 闇鍋やるんだけど自分だけはまともにいたいということで他のプレイヤー達がヤバクなればいいなーって感じの話。勝利条件は最も得点を稼いだ人…なんだけど多分3割のプレイヤーは得点がマイナスになると思う(笑)

 

 コンポーネントはカードのみ。プレイヤーが使う「暗躍カード」(左端)闇鍋から箸で取ってしまったものを示す「食材カード」(右から2番目)、鍋のベースになる「スープカード」(右端)あとは…見難いな。

 

 プレイヤーの好みを表す「好みカード」の4種類がメインのゲームカード。上にあるのはスタプレマーカーですね。

 

 セットアップとしては好みカードを1枚、暗躍カードを2枚配って、中央に残りの暗躍カード(好みカードは人数分しか使わず残ったのはゲームから除外)、食材カード、スープカードをシャッフルして中央どーん。

 

 あとはスープカードを1枚捲って公開しましょう。これは上の課題を達成したら中央の得点が貰えます。スープはこのゲームの中ではかなり美味しいです…美味しいはずなんです。食材が無ければ(なら鍋すんな)
 言っておくと、これが唯一のプラス得点です(笑)

 ゲームは手番制でぐるぐる回ります。全3ラウンドを行い一番得点の高い人が勝者ですね。
 …あ、一応得点記録の何かを用意しておいた方が良いでしょう。

 手番は一定の流れで動きます。
 
 

 手番開始したらまず「暗躍カード」の使用タイミングがあります。
 カードの効果説明に使用タイミングが書かれているのでそれに沿っていれば使えます。
 このタイミングだと「全てで使用できる」とか「食材を引く前に使用できる」とかになります。
 使うことが出来るカードは1タイミングにつき1枚です。

 

 次に食材カードを引いてもらいます。食材カードのバックにはその食材のヒントが書かれてます(笑)
 …穀物…

 

 とりあえず引いてみるとピザ…入れるなそんなもん!(笑)
 なお、食材の種類は肉、魚、野菜、穀物、毒(笑)の5種類…いや、最後のは前4種に紛れているのでバックに堂々と「毒」とか書かれている訳ではないですよ。

 

 引いたカードは種類ごとに並べておきます。得点集計に便利ですからね。

 

 また、食材カードは1手番に3枚まで引くことが出来ます。
 最初の1枚は強制で引くことになりますが2~3枚目は任意です…とりあえずバックのヒントで引くかどうかは決めましょう。
 で、食材を引いた後にもう1度暗躍カードを使うタイミングがあります。
 食材を引いた後にしか使えないカードなどもあります…あ、1タイミング1枚というのも最初の使用タイミングと同様です。

 

 で、最後に暗躍カードの補充があります。1手番1枚を引いて手札に加えることが出来まして、てぁだ上限枚数は4枚…5枚になったら何か捨て札にします。

 基本的な手番の流れはこんな感じですので、簡単な暗躍カードの攻防を1つご紹介。

 

 前手番プレイヤーが食材カードを引く前に暗視スコープを使用、強制的に引かされる1枚だけを引いて食材引きを終了しました。
 暗躍カードの効果を打ち消すモノはないのでこのままだと前プレイヤーが引かなかったカードを引かされるハメになるわけですが…

 

 「取っておいたよ~」
 と言いつつ自分が引く前に暗躍カードを使用。そのカードを前プレイヤーに押し付けてあげましょう。

 

 ジャガイモの芽はソラニンというアルカロイド系の毒物が含まれていますので本当に食べてはいけない代物です…誰だこんなん入れたんは…
 取りあえず、自分が食べないことを徹底しましょう。さっきの写真にもちらっと見えてましたけど河豚毒(テトロドトキシン)なんかはホントに死にますからね…
 とまぁ、こんな攻防が行われます。他にも自分の皿(引いたカード置き場)にあるカードを誰かに移動させたりもあります…持てる手は全て使って要らんものを取らないようにしましょう。

 

 ラウンドの終了トリガーは食材カードがなくなった時。

 

 まずはスープの課題を達成している場合、プラス得点をゲットです。

 

 そして自分の皿にある食材カードのマイナス点が入ります…が、好みカードによって特定の種類のマイナス点は無視できるはずです。写真では肉が好きなので肉のマイナスは全て無視し、野菜の1点だけがマイナスですね。
 …2種類しかないのでスープのプラス点はナシなんですけどね。結果として-1点(笑)

 これを3ラウンド行って最も得点の高いプレイヤーが勝者となります。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 イラスト優先で衝動買いしたものなんですが…笑いながらやれそう(笑)
 やってることは「取りあえずカードを引く」→「暗躍カードで人の邪魔をする」→「もっと邪魔をする」(笑)
 で、「スープでプラス点を稼ぎ、食材でマイナス点を受ける」→「好みカードでマイナス点を無視」
 って感じに動ければ万々歳。

 あ、毒は毒で独立したカテゴリになります。そして好みカードに毒はない(笑)

 頃合を見て出してみたいところですねぇ…というかゲーム会に持ってってたんですが読みこんでみたら理解が足りてなかった感じ…危なかった…
『おもちゃ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 紹介/カードゲーム/「ReCUR... | トップ | 紹介/カードゲーム/「ハリ... »

コメントを投稿