「見慣れぬ遊戯」亭

ゲーム全般が趣味のテキトー人間が綴る備忘録
28日更新が今年最後になります。
新年4日と8日はお休みになります。

紹介/カードゲーム/「御朱印あつめ」(第2版)

2018年03月23日 02時01分16秒 | アナログゲーム紹介
 ついに ねんがんの ごしゅいんあつめ を てにいれたぞ!
 なに を する おまえらー!
 …にはならんと思います(笑)
 「御朱印あつめ」のご紹介です。

 原題: 御朱印あつめ(第2版)
 日本語タイトル: 同上
 デザイナー: 向井 真人
 発売: 2015(日)
 可能人数: 3~4人
 プレイ時間: 30分程度
 ボックスサイズ: 266×191×33(mm)
 カードサイズ: 120×80(mm)

 「競り」「セットコレクション」「和風」


 

 常々申しておりますが、和モノをモチーフとしたゲームが好きです。ゾンビゲームより好きです(笑)
 というわけで、こちらのゲームはずっと欲しかったんですよ…
 …今まで気づかなかったんですが、amazonで売ってたんですね(笑)
 気づいて速攻ポチりましたよ。今度「檀家」も買いたいです。

 こちらは臨済宗のお寺、陽岳寺の副住職の方がデザインされたということで当時非常に、ひじょ~~~に話題となっておりました。欲しかったけどゲムマ行けなかったしなぁ…
 
 さてさて…インストが楽です。多分10分あれば終わります。ルール部分以外のバックストーリーを語る方が楽しくなりますが(笑)
 今でもたまに「御朱印」を集めるのを趣味としている人の話題をワイドショーとかまともなトークをしないニュース番組で特集組んだりしているのを見たことがあります。
 御朱印をコレクションアイテムとして扱うのをなんか変な感じだったんですが…ご住職達も同様だったようで「これからは写経を一番長く納めた方にのみ御朱印をお渡しする」ということになりました…というお話です。

 様々なお寺を巡って写経を納め、御朱印帖に記載していただきましょう。

 

 本物ではないですがいろんなお名前が記載された御朱印カードが入っています。

 

 箔押しまで5枚入ってます。左側に「はずれ」とかまで箔押しされてますけどキニシナイ(笑)

 

 「はずれ」にはこんなカードも。どう考えても仏教関係ないですなぁ…

 

 プレイヤーがセットアップで受け取るのは1~4の長さの写経チップと御朱印帖ボード。
 …この御朱印帖ボードに張られている布、メッチャ手触りが良いです。和綴じの凄い良い本がこんな感じの表紙ついてますよね…

 

 で、中央には全ての御朱印カードをシャッフルして1枚公開しましょう。次の表紙が黒だろうと山札となっているトコから赤いモノが見えていようとキニシナイ(笑)

 さて、このゲームは山札からめくられた御朱印を手元の写経チップを使って競り落としていくのがメイン行動になります。

 

 例えばこんな感じ、必ず1回の競りには1~3枚の写経を納める必要があります。パス不可です。
 
 

 で、「最もチップの合計が長くなった」プレイヤーが今公開されている御朱印カードを獲得します。

 

 獲得した御朱印カードは自分の御朱印帖ボードの横に置き公開していきます。この後獲得したカードも連なるように並べていきます…順番の変更は出来ません。なんでかというと、御朱印を戴いた順番も重要になるからですね。
 あと、今回使って写経タイルは全員が次の競りでは使用できません。写経中ということで必死に書いているのでしょう。
 写経中のチップは次の競りが終わった後に表に戻すことが出来ます。なので「最初の1回」以外は各競りで最大3枚まで出すことが出来るようです。

 

 公開されたカードが黒だろうとはずれだろうと、手順は変わりません。

 

 ちなみに同じ長さの場合は先に提示した方が優先になるそうです。
 競るべき御朱印カードがなくなったらば得点の計算に入りましょう。

 基本点として御朱印が1点、特殊カードの御朱印が5点、はずれが-1点で計算。
 そこに御朱印を獲得した順番によって「役」が発生し、ボーナス点が入ることがあります。基本点と役の得点を合計して最も得点の高いプレイヤーが勝者となります。

 ゲームはシンプルな競りゲームで、インスト自体は楽です。が、やってみると他のプレイヤーが何の役を狙っているのかを推察したり自分が狙っている役を迷彩かけたり(笑)、手あたり次第獲得していったりといろいろな事が出来そう。まだプレイ出来ていませんがその辺りまで考えると難しくなりそうです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 役一覧は切り離し用のサマリが用意されていますが、勿体ないのでカラーコピーでちょっと大きめにして4枚作っておきました。

 

 また、おみくじが用意されています。追加ルールとして最初におみくじを引き、そこに書かれている条件をクリアすることでそのプレイヤーだけの役が完成するというものです。おみくじはコンポーネントに入っているものとダウンロードで入手できるものがあります…混ぜるのが楽しそう。

 あと、ウチが購入した第2版では御朱印カードとして七福神が追加されているようです。…うわ、2016年春ゲムマのブログでこちらの紹介があったんですが…御朱印帖ボード手作りですか…手触り良いなぁ…(すりすり)

 …確か御朱印カードの「その他」に入ってる[南無大師遍照金剛]って、地獄先生ぬ~べ~でどっかのばーさまが叫んでたなぁ…「生麦大豆二升五合」って(笑)

 

 ゲーム買ってこういうものを戴いたのは初めてです。
『おもちゃ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 紹介/カードゲーム/「いか... | トップ | 雑記/ 03/25 身内ゲーム会... »

コメントを投稿