ZANMAI BLOG(新アドレス)

遊べや遊べ。
素晴らしいトラウトとの出逢いを綴ります。
タックルのお知らせもこちらからどうぞ。

25日に最終決定とさせてください。

2019年10月23日 | ゴミ拾い・清掃活動のお知らせ
今朝は快晴、こんな清々しい朝は久し振りな気がします。

*10月27日のキャッチ&クリーン丹沢・中津川「ダム下限定」開催につきまして、皆さまにお知らせです。

20号からの温帯低気圧も大雨となりました。堂平辺りで100mmほどの降雨があり、今朝の中津川への放水量は約32トン。

このまま放水量が落ち着いてくればいいのですが、心配なのは台風21号の接近ですね。上陸は無い進路予報ですが、25日(金)に降雨量、放水量から最終的な開催可否を決定したいと考えています。

開催前々日の判断となってしまいます。11月への延期も含め様々を検討していますが、11月10日には芦ノ湖開催、12月1日(予定)には「森と川と海を繋ぐ相模川サクラマス復活PJ」による放流会も控えています。

ギリギリの判断をお許しください。

幹事 小平
 
コメント

キャッチ&クリーンはダム下限定で開催します。

2019年10月21日 | ゴミ拾い・清掃活動のお知らせ
ラグビー日本代表お疲れ様でした!たくさんの感動を有り難うございました。

先日のFMおだわら`BIG FISH`は勝呂専門研究員とともにゲスト出演してきました。多くの方に聴いていただいたようで、こちらも有り難うございました。

「丹沢のヤマメに関しても、相模川のサクラマスに関しても、仲間とともに粘り強く長く取り組む覚悟が必要だ。」勝呂さんが日頃から口にしていることですが、あらためて電波に乗せて話してくれましたね。

今回は時間が足りませんでしたが小田原のメダカや天然記念物ミヤコタナゴのことなど面白い話が目白押し、次回が楽しみです。

 
さてもう来週に迫ってきました。

10月27日の第19回キャッチ&クリーン丹沢・中津川は、「ダム下限定」で予定通り開催となりました。

先日、中津川漁協に出向き開催に向けての問題点を相談してきました。中津川ダム下に関しては大きな被害が確認されていないこと、27日にはほぼ平水近くまで水位が下がる予想であること。またヤマメ放流も問題ないとのことから開催を決定しました。

7:15~中津川漁協前広場にて受付開始
8:15~開会式

打ち合わせの際にざっとダム下を見てきましたが、ゴミは多くある場所、無い場所が分かれている印象でした。もしかすると田代から下流の方が多いのかもしれません。

台風20号など心配事もありますが、もし開催に影響を与える事態が発生した場合にはできるだけ早く関連ページにてお知らせいたします。

例年とはいくらか異なる開催となりますが、あらためて川のことを考えるよい機会となれば。
無理せず出来ることをやりましょう、皆さまどうぞよろしくお願いいたします。



中津川漁協で開催に向けて打ち合わせを。



漁協上流付近のまとまったペットゴミ。


コメント

今日はラジオです。

2019年10月18日 | 日記
今日18日はお馴染み、FMおだわらの釣り番組`BIG FISH`にゲストとして生出演します。

19:00~20:00まで生放送、今回は神奈川県内水面試験場の勝呂尚之専門研究員と一緒に出演します。日々、魚や河川に向き合う専門家からどんな話が聴けるでしょうか、楽しみですね。

FMおだわらホームページ
https://fm-odawara.com/

トップページにあるボタンをクリックするだけで、全国どこからでもスマホ、PC問わず聴取できます。よろしければお付き合いください。

 
*今月27日の第19回キャッチ&クリーン丹沢・中津川はダム下限定で開催決定です。

詳しいことは明日にでも。
コメント

一日も早い復興を。

2019年10月14日 | 日記
台風19号で亡くなられた方々に、被害に遭われた方々にお悔やみを申し上げます。被災地の一日も早い復興を祈っています。

我が家もほぼ進路の真上、直撃でした。先日の15号も直撃でしたが、その時に近所の被害を見ていたので片付けはもちろん、車を避難させたりと出来る限りの備えをしました。

ご心配いただいた皆さん、お気遣いに感謝しています。

 
昨夜のラグビー日本vsスコットランドが開催された横浜競技場は、我が家から歩いて行ける距離にあります。あの競技場は鶴見川の氾濫に備え多目的遊水池の上に作られていて、今回も実際に導水されて氾濫防止に一役買ったようですね。

チケットは持っていませんでしたが何せ近いので、歩いて歓声だけでも聞きに行こうかとも思いましたが、昨夜は大事な塗装工程だったため断念。

大変なときであるからこそ、率直に嬉しいですね。にわかファンですが、次戦も応援しています。

 
さて、暴れる相模川の様子は皆さんニュースでご覧になったことと思います。東丹沢は宮ヶ瀬付近で車両通行止めです。ダム上県道70号の詳細は今朝の時点では不明、判明次第ここでもお知らせします。

今日で神奈川の渓流も終了となります。残念な終わり方だった分、来シーズンに期待しているところですが、東も西も豪雨による影響がどの程度残るかは未知数です。


芦ノ湖も氾濫し、一部ボート屋さんの桟橋や小屋が流されるなど被害があるようです。落ち着いたらマスでもワカサギでもいいから釣りに行きませんか、皆さん。
 
先日実施した中津川の発眼卵放流は仮に孵化していたとしても稚魚を救える手立てもありません。整備したヤマメ産卵床も厳しいでしょうが、またイチからやるだけです。

小平
コメント

ヤマメ産卵床整備

2019年10月11日 | 渓流・本流レポート2019
皆さん19号に対する備えを怠りなく。

一昨日は貴重な丹沢在来ヤマメが命を継いでいる可能性が残る小渓流へ、ヤマメ産卵床整備へと出掛けて来ました。

また産卵床整備のあとはヤマメシンポジウムが開催され、興味深い話に耳を傾けてきました。





研究員、NPO法人、学生、釣り人が一緒になって産卵床整備に汗を流しました。私は今回で4年だか5年だか、連続の参加になります。立場は様々ですが、渓流魚を愛する気持は同じです。

先日の発眼卵放流は卵が待ったナシ。今回の産卵床整備も人出が必要なためスケジュール調整などの都合上、簡単に日程変更は出来なかったはず。

どちらも直後の大型台風直撃予報になんでこのタイミングで、と恨めしい気持も山々ですが、こればかりは致し方なし。自然の防御力に期待するほかありませんが、あらためて様々の難しさを実感しているところです。





同日に開催されたヤマメ(アマゴ)シンポジウム。神奈川と静岡の研究員がそれぞれ最新の研究結果を発表、こういう話ならいくらでも聴けます。

まだまだわからないことだらけの渓流魚。人類の英知を越えたところで19号の猛威も何とかやり過ごして欲しい、そんなことを願いつつ有意義な時間を過ごしました。

Photo&Report by 小平
コメント

様々なイベントお知らせ

2019年10月10日 | イベントのお知らせ
釣り、調査、来年以降に向けての種まきと様々ですが、連日のように川を歩いています。

その分ルアー制作も早朝から工房にこもる必要がありますが、なんといっても収穫の秋ならぬ、種まきの秋ですから。

今年も残り三ヶ月となったスケジュールをまとめてみました。どなたにもご参加、もしくはお付き合いいただけるものばかりです。

*10月18日(金) 19:00~
FMおだわら`BIG FISH`ゲスト生出演
今回は神奈川県内水面試験場の勝呂尚之専門研究員とともにゲストでお邪魔します。神奈川の河川環境のこと、魚のこと、面白い話が聴けそうですね。

今は全国どこからでも簡単に聴取できる時代、よかったらお付き合いください。
FMおだわらホームページhttps://fm-odawara.com/

*10月27日(日)
第19回キャッチ&クリーン丹沢・中津川
中津川漁業協同組合前広場に集合

7:15~受付開始
8:15~開会式

ヤマメの放流もあります。ぜひ奮ってご参加ください。当日は併設されている管理釣り場FF中津川で、釣り大会が開催されるそうです。駐車場が隣の空き地へと変更になるかもしれません、ご承知おきください。

*11月10日(日)
第20回キャッチ&クリーン芦ノ湖
詳細は追ってお知らせします。

*11月16日(土)
Explorers相模川サクラマスダービー納会
横浜元町の釣り道具屋、エクスプローラーズさんにて16:00~20:00。
今年の結果、現在の取り組み、今後への課題と希望を話し合う交流会です。

*12月1日(日)
第2回「森と川と海を繋ぐ相模川サクラマス復活PJ」放流会予定日
関係各所との詰めがあるので正式決定はしていませんが、仮決定です。
昨年は記念すべき第一回だったので盛大に?開催しましたが、さて今年は。これから詰めますので、まずはスケジュールを確保していただければ。

*12月22日
第10回ハンドクラフトエキシビションin昭島アウトドアヴィレッジ
うちもブース出展予定です。

よろしくお願いいたします。

小平
コメント

発眼卵放流

2019年10月06日 | 森と川と海を繋ぐサクラマス復活プロジェクト
いつもお世話になっている養魚場さんと電話で打ち合わせをしていたら、サクラマス発眼卵を寄贈いただけることになりました。

そこで急ぎ漁協に連絡を取り放流の承諾をもらい、放流場所リサーチののち、有志にて産卵床整備および発眼卵放流を実施してきました。

写真を中心に「森と川と海を繋ぐサクラマス復活プロジェクト」ブログに掲載しました。

https://blog.goo.ne.jp/moritokawatoumiwotunagu



リサーチの様子。





発眼卵埋設放流の様子。

助力、アドバイスいただいた皆さん有り難うございました。皆さんお疲れ様でした。

Report by 小平

コメント

最後もストレートにこだわって、山田さんです。

2019年10月02日 | 渓流・本流レポート2019
渓流はほとんどが禁漁に入り、寂しいですね。

埼玉の山田さん、シーズンラスト釣行もストレートにこだわったそうです。最後もいいヤマメでしたね。
ケガなくシーズンを終えられて何よりでした!また来シーズンもよろしくお願いします。

「水温ちと高めだったので頑張ってくれよと50ストレート婚姻色ヤマメ?で「ガツン」と。
トゥイッチが素直に決まる5.6MT、最後は相棒で楽しみました。」





*ZANMAIフォトダービー2019 エントリー№106
「ストレート勝負」
ロッド レヴェルトラウト5.6MT
リール DAIWA1500番
ルアー ZANMAI 50ストレート 他50MD
アングラー 山田征宏さん

Photo&Report by 山田さん
コメント

日川、釣り大会

2019年10月01日 | 渓流・本流レポート2019
29日に山梨の日川にて、峡東漁協で頑張っている仲間たちが主催する釣り大会が開催されました。

漁期内最後の日曜日、支流はNG、本流上流域の限定されたエリアのみ。もちろん放流などないからボーズ上等でスレ切ったイワナ、アマゴに弄ばれておいで。そんな趣旨のもと、ルアー、フライ、テンカラを問わず30名ほどが有終の美を飾るべく日川に集いました。







コンビを組んだ田中さん、フラットサイドのクリアーチャートヤマメでキャッチしたこのイワナがサイズ的には準優勝だったのですが、なぜか当日のルールでブービー賞に(笑)





綺麗なアマゴがポツポツと。ここのところ日川ではよいサイズのアマゴが出ているとの情報でしたが、当日はビッグアマゴが顔を見せてくれることはなかったようです。



8寸を少し超えるこの細長いイワナがのちほどバナナに化けることに。結果的にはなんと優勝サイズでしたが、当日のルールにより最大魚がビリとのこと(大笑)

タフコンを想定して40mmかなと思っていましたが、釜を中心に探った500DDがよかったです。

お昼前。ゆうに尺を越える魚が倒木の陰から流心に逃げ込むのを見つけ、ダメ元で結んであった50ストレートでその流心を探るとガツンとヒット。その足下の倒木をどうやってかわそうか、ええい、抜いてしまえ。

・・結果は皆さんの想像通りです。ビッグアマゴだったのかなあ。









地元の`とみや青果店`さんからはキノコなどを。





ビリ賞はなんとバナナ3箱!食べきれないので皆さんで山分けです。



楽しい一日を有り難うございました。来年はどうか腐らないバナナでお願いします。


Photo by 皆さん
Report by 小平




コメント

第19回キャッチ&クリーン丹沢・中津川開催のお知らせ

2019年09月27日 | ゴミ拾い・清掃活動のお知らせ

第19回キャッチ&クリーン丹沢・中津川開催のお知らせ

今年は詰めなくてならない事案がいくつかあり、ご案内が遅くなりました。

丹沢が禁漁に入ったのちの開催に変更されて二度目となります。今年も皆で綺麗にしましょう!

*開催日時 2019年 10月27日(日) 
少雨決行、荒天延期

*集合場所 中津川漁業協同組合内空き地

・7:15~ 集合場所タープにて受付開始
参加費¥500をお願いしています。(当日の保険、清掃備品代です。余剰が出ればヤマメ稚魚放流資金へ充てます)

・8:15~ 開会式
・9:00~ 清掃開始
・11:30~ ヤマメ幼魚放流 場所は当日アナウンスします。

・12:30~ 閉会式

当日は清掃しやすい服装でお越しください。軍手などはこちらから支給します。

清掃はおもにダム上班、ダム下班に分かれて実施します。特にこちらで皆さんを班分けはしません、お好きな場所でゴミ拾いをお願いいたします。現地の情報に詳しくない方は当日、スタッフもしくは班リーダーにお尋ねください。

当日飛び込み参加も大歓迎ですが、出来ましたらキャッチ&クリーンページより、もしくは小平まで事前申し込みをお願いします。

お申し込みの際に保険加入の都合上、フルネーム(ふりがな)と年齢をお願いします。

写真のように昨年は快晴でした。今年も晴れますように!どうぞよろしくお願いいたします。

Catch&Cleanページ https://catchandclean.naturum.ne.jp/
Catch&Clean事務局メールアドレス catch.and.clean@gmail.com

小平メールアドレス kodaira@basil.ocn.ne.jp







コメント