松江リハビリテーション座談会 Weblog

「多職種で患者さんのために連携する」ことを目的として、顔の見える連携の実現を願い、活動しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第12回座談会「食べることを意識する」

2012年11月10日 | 座談会報告
11月9日、座談会「食べることを意識する」。
みんなでスリランカカレーを囲んで車座になり、思い思いに言葉を交わしました。

手で食べる、という普段の僕たちの文化や生活様式とは異なった食べ方に少し戸惑いつつ、手を伸ばしてみました。鼻に漂うスパイスの香り。鮮やかに彩られた盛り付け。指先に馴染む柔らかくて温かな米やカレー。やさしく身体の奥に染みこんでいく白湯。

──「食べる」ってなんだろう。

食べる。
なにを、どんなふうに、どこで、だれと、いつ・・・?

ふと気がつくと、めまぐるしい日々やあれこれに息を詰まらせて、ただただ「食べる」という本能行動を塗り潰しただけような、食べるものや食べるという行為が粗末に蔑ろになっていたような、そんな気がします。自分自身を蔑ろにしていたような、そんな食事になっていること。

ただ、そうなってしまうことを嫌悪したり、否定したりするわけではなく、そんな自分がいること、そうなってしまう自分がいるということ。それを知ることが大切なんじゃないかな、と思いました。食事が今の自分のパロメーター。ふと立ち止まり、振り返るだけでもいいような気がします。

目の前にある温かな料理に頬を綻ばせて、近くにいる人と言葉や笑顔を交わす。
誰がどんな思いで作ったのだろう。この食事は、この食材は。
今の時期は何が美味しいのだろう、こんなふうに食べるとおいしいんだね。
「食べること」、少し考えただけでもここには書ききれないくらい、多くの要素が詰まっているのですね。

ここに集まった人たちはお互いのことを深くは知らなくても、少なくとも“顔見知り”にはなったと思います。少し知っていれば、またどこか違う場所で会った時にも少し気軽に声をかけることができるのではないかな、と思っています。そんな繋がりを大切にしていきたいです。

とりとめのない文章となりましたが、良いひとときを過ごしたように思います。
みなさん、本当にありがとうございました。

スリランカカレー、とても美味しかったです(*^_^*)


 

 


松江リハビリテーション座談会 | Facebookページも宣伝


文責:後藤保貴
コメント

第12回座談会のご案内

2012年10月26日 | 座談会案内
10月も末ということで朝晩がめっきり寒くなってきました。
体調を崩したりしておられないでしょうか。
朝、早く起きてもなかなか布団から出られず日々苦戦しております。

さて、突然ではありますが、
このたび「第12回座談会」を企画しましたのでご案内させていただきます。

━━今回のテーマは「食べることを意識する」。

食べることについて、皆で語り合い、
今一度見つめなおす機会になればと思うのですが、
参加者全員でテーブルを囲み、スパイスの本場・スリランカのカレーを食しましょう。

***

第12回 松江リハビリテーション座談会

【日時】平成24年11月9日(金)19:00~21:00

【場所】松江市立病院 2F リハビリテーション室
 http://www.matsue-cityhospital.jp/

【テーマ】「食べることを意識する」
 スパイスの本場・スリランカのカレーを手で食べながらワヤワヤしましょう!

【定員】20名(準備の都合上、定員に達し次第締め切らせていただきます)

【参加費】1,500円

◎参加申し込み
以下のメールアドレスに
1). 氏名 2). 所属 3). 職種 を明記の上、お申し込みください。

zadankai_m☆mail.goo.ne.jp
※送信の際は☆を@に変更してください。

不明な点等ありましたら、気軽にお問い合わせください。



***

神出鬼没、突然、唐突な企画ではありますが、
ふるってのご参加を心よりお待ちしています。

世話人一同



文責:後藤保貴
コメント

coming soon

2012年10月26日 | Weblog
大変ご無沙汰しております。


忘れたころに現れる、
神出鬼没の松江リハビリテーション座談会です。


完全に放置状態のこのブログを読んでいる物好きな方はおられるのでしょうか・・・
随分と久しぶりに更新します。


というのも、
来る11月9日(金)に「第12回 座談会」を企画しました。
案内は追って一両日中にでもアップしようと思いますのでもうしばらくお待ちください。


乞うご期待を。



文責:後藤保貴
コメント

新年のごあいさつ

2012年01月03日 | Weblog


新年となりました。

本年がみなさまにとって、良き年になることを心より願っております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

松江リハビリテーション座談会 世話人一同


松江リハビリテーション座談会 | Facebookページも宣伝
コメント

研究会展示

2011年12月03日 | Weblog
11月26~27日に「第11回島根県理学療法士学会」が開催されました。
(筆者は参加できませんでしたが・・・)


研究会展示のブースで
県内の他の研究会と共に展示させていただきました。


なかなか良い出来のポスターだったと思います!(笑)





また、facebook内にファンページも作成しておりますので、
ぜひそちらもご覧いただければと思います。


松江リハビリテーション座談会 | Facebookページも宣伝
コメント

島根県理学療法士学会

2011年11月12日 | Weblog
11/23(土)、11/24(日)に
■第11回島根県理学療法士学会
が出雲市民会館にて開催されます。


詳細は島根県理学療法士会HPでご確認いただければと思います。

第11回島根県理学療法士学会 | 島根県理学療法士会ホームページ


一般公開型セミナーとして
「人にやさしいリフトのススメ」という素敵な企画が予定されています。


理学療法士に限らず、
是非とも他職種・一般の方にも参加して頂きたい内容となっているそうですので、
気軽に足をお運びいただき、この機会に見て・触っていただければと思います。


※クリックすると画像が拡大されます。


また、各研究会の展示コーナーが設置されます。
松江リハビリテーション座談会も出展いたします。


展示ポスターに僕の顔も思いっきり掲載しました(してしまいました)ので、
僕の顔を見てみたい!という方はぜひご覧ください。


そんな人はいないか・・・。


もちろん、他の研究会や勉強会も出展されます。
ぜひこの機会にそちらにも足をお運びいただければと思います。


松江リハビリテーション座談会 | Facebookページも宣伝



文責:後藤保貴
コメント

トリエステの坂道

2011年11月10日 | Weblog
「そのうち記事にアップします☆」
と言いながら、気付けば1ヶ月強・・・(苦笑)


申し訳ありません。


さて、件の

「本じゃなくても、発見した美味しいお店や料理、映画、生活雑貨…何でもいい。
 但し、人にオススメできるぐらいそれが好きな理由やどんなところが好きなのか
 自分の言葉で説明できること!」

・・・ということでしたが、
僕が用意したのはコレです。



■須賀敦子「トリエステの坂道」(新潮文庫)



著者の須賀敦子さんは
大学卒業後、パリやローマ、ミラノに留学し、そのミラノの現地の男性と結婚、
書店で働く夫の傍ら、日本文学の翻訳・紹介する仕事をイタリアで続けておられました。


その後、早くして夫が急逝。
しばらく夫の家族とイタリアに暮らしていましたが、やがて日本に帰国。


その後は大学の非常勤講師を続けながら、
エッセイの執筆やイタリア文学の翻訳・紹介と日本国内での文壇に立つようになりました。


 ***


そんな須賀さんの本(文章)に僕が初めて触れたのが、
この「トリエステの坂道」です。


イタリアは東部、辺境の街トリエステ。
元々ミラノに住んでいた彼女はここに訪れたこともなく、
夫の死後、初めて訪れたんだそうです。


この本に限らず、彼女の文章からは、
ヨーロッパに対する憧れやそこの生活に馴染みながらも
日本人であるコンプレックス(嫌という感情ではなく)、夫を亡くした自分の立ち位置、
晩年は母国・日本で骨を埋めることに決めた彼女の思い・・・
そういったものを垣間見る気がします。


オーストリアとイタリアの間で支配が入れ替わり、
歴史的にも複雑な経緯を辿っている街、トリエステ。


イタリア領の今もふたつの文化や価値観が混ざり合い、独特な街並みで華やいでいるものの、
その反面、それらが反発するように鬩ぎ合い、葛藤を抱える街。
そんな街で生まれ育ったある詩人への共感。


そういったことに想いを馳せ、街を歩く・・・


 ***


要点を得ない紹介で申し訳ないのですが、
須賀さんの綴る美しい文章に思わず惹かれてしまい、
ここ最近、彼女の著書・訳書をいくつか読んでいます。


自らの思想や論理を強く主張するわけでも、
また、記憶の回想や出来事、感情を淡々と綴っていく、
・・・というわけでもないような気がします。


今まで出逢ってきた人物や風景、作品、作家、心象・・・


そういったものをもう一度記憶の彼方から呼び戻して、
原稿を前にして、それらと再び出逢っているような、そんな感じがするのです。


「ユルスナールの靴」という著書の中でこう綴られていたのが印象的でした。


-----

記憶というにはあたらしすぎて、まだうまく話せないかもしれない。

-----


晩年、50代後半で文壇に立った、
翻訳などではなく、自分の文章を書くまで長い時間を待った、
異色な経歴と独特な文体を持つ彼女らしい、そんな言葉なんじゃないかと思います。


この記事を読んでいて、既にお気付きのはずです。
医療やリハビリテーションにまったく関係ない、ということを。


お察しの通りです(笑)


ただ、こういった美しい文章、綺麗な文章を読むと
心が洗われるような、そんな気分で嬉しくなってしまいます。


本に限らず、ネットでも実在でも合コン(?)でも、
こういったひとつひとつの出逢いを大切していきたいな、と改めてそう思うのです。


何かを語ること、聞くこと(読むこと)、語り合うこと。
そんな経験を丁寧に積み重ねていきたいな、そう思うのです。


ということで、
また語り合いましょう★





冗長な文章にお付き合い頂き、ありがとうございました(笑)



文責:後藤保貴
コメント

鳥鍋

2011年10月01日 | Weblog
先日、世話人で集まって、
第11回座談会の慰労会(打ち上げ)を行ないました。
一ヶ月も間が空きました(笑)


「暑さ寒さも彼岸まで」の通り、
少しずつ肌寒くなって来ました。
ということで、松江市内某所で鳥鍋をいただきました☆











美味すぎて幸せでした!(*´∀`*)
(実は、ラーメンの後に雑炊まで・・・)


ちなみに今回の慰労会では、
「それぞれが一冊おすすめ本を持ち寄ろう!」
という提案から、以下の修正されました。



「本じゃなくても、発見した美味しいお店や料理,映画,生活雑貨...何でもいい。
 但し、人にオススメできるぐらいそれが好きな理由やどんなところが好きなのか
 自分の言葉で説明できること!」


しかしながら、
鳥鍋に満足しきって、オススメの紹介をし合うことなく終了してしまいました(笑)


ちなみに、
僕が用意したのは・・・


そのうち記事にアップします☆



文責:後藤保貴
コメント

【報告】第11回松江リハビリテーション座談会

2011年09月05日 | 座談会報告
凄まじい台風でした。
山陰地方にも大きな爪痕を残しました・・・


さて、8/24に開催された
■第11回松江リハビリテーション座談会
の報告です。


今回のテーマは「東日本大震災」。






最初にオリエンテーションとして、
実際に震災発生1ヶ月後に石巻に医療支援に向かわれた方にお話をして頂きました。


被災地から遠く離れた山陰でもテレビや新聞、ネットなどを通して、
現地の様子や状況などは見聞きする機会は多かったですが、
実際に現地を目の当たりにした方の目線、言葉には改めて息が詰まる思いでした。






オリエンテーションの後はラフな形で座談を行ないました。
他にも実際に災害支援に向かわれたふたりの医師にもお話を伺うことができ、
その上でみんながそれぞれに感じたことを語り合いました。


被災地の外にいる自分、被災地の中にいる自分・・・
医療職としての自分、一般市民としての自分・・・
そういった視点からも考えることが出来ます。


被災地を取り巻く現状、問題点。
被災地で、あるいは遠く離れた山陰でできること。
過去の災害から学んだこと、今後課題として残っていること。


そして、「もしも、次なる大災害が起こったら・・・」、
「もしも、それが松江だったら・・・」という思いも湧き上がってきます。


提起される問題は尽きることはありません。


地震、津波、原発と複合的な要素が絡み合った、
近代では経験しないほどの大規模な災害。


みんながそれぞれに今回の震災を目の前にしてさまざまなことを感じたことと思います。






みなさん、ありがとうございました!
また、語り合いましょう。



文責:後藤保貴
コメント

【事前連絡】第11回座談会について

2011年08月16日 | 座談会案内
あっという間にお盆が過ぎました。
早いものです。


昨日は我が家の庭にお客さんがお越しになっていたので玄関までお招きし、
祖母謹製(自家製)のスイカを召し上がって頂きました。


さすがにレモンは食べない気がしますが・・・





こうしてクワガタをかまうなんて、
小学生か中学生以来の気がします。


さて、8/24(水)に開催される座談会について、2点お知らせがあります。


まず、会場ついてです。
会場は松江赤十字病院・厚生棟会議室です。
病院本館正面玄関より道路を挟んで向かい側の建物です。
(日本調剤松江薬局の北側)
本館ではありませんので予めご了承下さい。


次に懇親会についてです。
詳細が決定しましたので、下記の程、ご参照下さい。
【時間】 座談会終了後(21時頃)
【場所】 彩食酒家 まるた屋(松江市東本町2-64-1)
      TEL: 0852-26-5079


座談会、懇親会ともに申込みを受け付けております。
お誘い合わせの上、奮ってのご参加をお待ちしています。


◇参加申し込み・問い合わせ: zadankai_m☆mail.goo.ne.jp
(送信の際は☆を@に変更してやってください)


松江リハビリテーション座談会 | Facebookページも宣伝


文責:後藤保貴
コメント