紙幣の不思議2

NWO=1% 日銀を潰し、造幣局で紙幣の管理が必要。金融奴隷からの脱却!反1%で繋がろう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボクシング界」期待の星を潰した! 17歳新人王を「創価学会」ノイローゼにした「協栄ジム」洗脳日誌

2015年04月14日 08時01分34秒 | 政治
名門ジムが「ボクシング界」期待の星を潰した! 17歳新人王を「創価学会」ノイローゼにした「協栄ジム」洗脳日誌〈週刊新潮〉
輝かしい実績を上げながら突如、引退に追い込まれたボクシング界のホープ。激しい攻防が呼び物のスポーツゆえ、常に選手生命の危機と隣り合わせなのは事実だ。しかし、“期待の星”を打ちのめしたのは対戦相手の拳ではなく、名門ジムの“創価学会”洗脳だった。

 ***

 世界チャンピオンを夢見て上京した息子のアパートに足を踏み入れた時、父親は言葉を失ったという。まだ10代の少年だけに、室内が散らかり放題なのは予想通りだった。しかし、そこで父親は、思いもよらないモノを目にした。小型の冷蔵庫ほどの大きさの“仏壇”である。息子は口ごもったが、父親の追及に耐え切れず、ついにこう漏らした。

「しょうがなかったんだ。宗教に入らないと、ボクシングが出来なくなるかもしれないから……」

 具志堅用高や渡嘉敷勝男、亀田興毅、勇利アルバチャコフ――。国内最多となる12人もの世界チャンピオンが輩出した協栄ボクシングジムは、業界屈指の名門として知られる。そんな協栄ジムの“秘蔵っ子”として将来を嘱望されていたのが前川龍斗選手(19)だ。

 兄と2人の弟もボクサーで、“亀田三兄弟”に倣(なら)って“前川四兄弟”と呼ばれたこともあった。なかでも、次男である彼の実力は折り紙つきだ。持ち前のスピードと鋭いカウンターを武器にこれまで10戦10勝6KO。プロデビューした2013年には、弱冠17歳で東日本新人王に輝いている。

「協栄ジムは憧れの存在だったので、兄がジムに入門するのに合わせて僕も上京したんです」

 重い口を開いたのは、前川選手本人である。北海道札幌市の実家を離れ、協栄ジムの門を叩いた時、彼はまだ15歳だった。まもなく弟たちも合流し、練習に没頭する日々が始まった。

 そんな矢先、前川選手は“社長”から食事に誘われる。社長とは協栄ジムの金平桂一郎会長の妻のことで、グループ企業の代表取締役も務めている。

「弟と2人で社長の親戚の家に招かれました。僕が海外で試合に勝ったばかりだったので、最初のうちは社長も“よく頑張ったね!”と試合内容を褒めてくれていたんですが……」

 前川選手は、プロデビューに年齢制限がないタイで15歳からリングに上がり、結果を残していた。会長夫人が労いたくなるのも理解できる。ところが、

「そろそろ家に帰ろうと思っていたら、社長が“ちょっと見ててね”と言って、仏壇の前に正座したんです。そして、いきなりお経を唱え始めた。僕と弟はポカンとしながら眺めていました。しばらくしてお経が終わると、社長が“創価学会をやってみる気はないかな?”。当時は宗教に関する知識なんて全くなかったけど、“とりあえず僕だけ入ります”と答えました。入会といっても一時的なものだろうと考えていたんです」

 会長夫人はその場で入会届をテーブルの上に取り出し、前川選手にサインを求めたという。祝勝会は口実で、“折伏”が目的だったかのような手際の良さだ。

 当然ながら、10代半ばの前川少年が、会長夫人の頼みを無下に断れる筈もない。

 だが、軽い気持ちで入会届に署名した前川選手を待ち受けていたのは、怒濤の“洗脳”生活だった。

「食事会から1週間後に、社長が見知らぬおじさん達とアパートを訪ねてきました。そして、挨拶もそこそこに仏壇を運び込んだんです。社長は“これから毎日、南無妙法蓮華経を唱えてね。会長なんて1日に6時間も唱えるんだから”とか、“学会に入ってチャンピオンになったボクサーは沢山いる。ちゃんと拝んでいれば減量中でもお腹が減らないよ”と話していた。社長が連れて来たのは地区幹部の人たちで、月に2、3回は地域の集会所に顔を出すように言われました」

 加えて、試合が近づくと池田大作名誉会長に宛てた手紙も書かされたという。

「試合前には決意表明を、試合が終わると“池田先生や応援してくれた皆さんのおかげで勝利できました”というお礼状を学会の施設に持って行くんです」

 育ち盛りの前川選手は減量に人一倍、苦しんだ。試合前の大事な時期に、疲労と空腹で朦朧(もうろう)としながら手紙の文面を考え、持参することを強いられたのだ。

 日々の勤行(ごんぎょう)に集会への参加、試合前後の手紙。とてもボクシングに集中できる環境ではない。すでに他の兄弟はジムを離れていた。


■親権者の承諾が必要

 心身ともに限界に達した前川選手も昨夏、ついに札幌に戻ってしまう。

「龍斗はボクシングを続けたい一心で、親にも打ち明けずに我慢してきた。協栄ジムだから安心して大事な子供を預けたのに……」

 前川選手の父親が、苦しい胸の内を明かす。

「ジムから入信についての相談はありませんでした。龍斗の部屋で仏壇を見つけて初めて知りましたよ。会長夫人にも直談判したんですが、“無理に活動は勧めませんから”と言うのでそれ以上、追及できなかった」

 創価学会は〈入会希望者が未成年の場合は、親権者の承諾が必要〉(公式サイト)としている。会長夫人の行為は、学会の“ルール”に照らしても“反則”なのだ。

 夢を断ち切れない前川選手は、札幌から金平会長に連絡を取り、“宗教をやるために上京したんじゃありません”と初めて伝えた。

「会長が“わかった”と言ってくれたので東京に戻りましたが、状況は変わりませんでした。それ以降も地区幹部の人たちから学会の集会に誘われたし、“任用試験を受けなさい”とも言われました。それで、試合前なのに『大百蓮華(だいびゃくれんげ)』を読んで勉強したんです」

 任用試験とは、学会の教義をより深く学ばせるための試験制度だ。学会の歴史はもちろん、対立する日蓮正宗の僧を“法師の皮を著(き)たる畜生”と罵る内容も出題範囲に含まれる。

「最後は精神的に参ってジムの練習にも行けなくなり、部屋に閉じこもるようになりました。そんな時にも、地区幹部の人が呼び鈴を押しに来るので、布団を頭から被って耐えていた」

 ノイローゼ状態に陥った前川選手は、今年2月に引退届を提出した。この件について金平会長に尋ねると、

「私どもは15歳の時に親元を離れて上京した前川龍斗さんを日常生活を含め、我が子同然に面倒をみてきました。この度、協栄ジムと前川さんとの契約は円満に終了しましたが、今後も困った事があれば、連絡をもらう事になっています」

 と書面で回答。しかし、創価学会に関する質問にはノーコメントとしている。

 名門ジムは信心と引き換えに、ボクシング界から“期待の星”を奪ったのである。

※「週刊新潮」2015年4月9日号
.
SHINCHOSHA All Rights Reserved.


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150410-00010002-shincho-spo&p=2


Unknown (百軒)2015-04-12 01:27:08スレチです。

S学会は、こんなこともしているんですね。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150410-00010002-shincho-spo

Kジムは昔は亀田がいたジムですね、ちなみに、彼もSです。



創価学会は百害あって一利なしですねw困った洗脳団体ですw

情報有難う御座います。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 不正選挙 北海道議選の投票... | トップ | ペットショップは要らない »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (百軒)
2015-04-14 08:21:44
大学生や高校生向けにこんな、ルポ体験がありますので、ご紹介します。

創価学会に入団した後、退団することは可能か?

http://tadaken.web.fc2.com/report/Rresent/p242_top.htm

あと、この動画ってご覧になったことありますかね?

フランス国営放送 『創価学会ー21世紀のカルト』1/5

https://www.youtube.com/watch?v=H5u44gZeDrE

上記2つとも、紙幣の不思議の読者には、最早常識レベルですが、この程度の知識もない人がほとんどかと思い、新しい読者開拓のため添付しておきます。
Unknown (酔楽人)
2015-04-14 08:32:59
聞けば聞くほど酷い話ししか耳にしませんね、さて、スレ違いになります、お許し下さい。

“文民統制”が効かなくなりつつある中国人民解放軍

【石平のChina Watch】習近平政権を乗っ取る強硬派軍人 (1/2ページ)
2014.06.27

中国国防省は、中国軍と米軍が直接連絡を取り合うためのテレビ電話を開設したと12日までに明らかにした。房峰輝総参謀長と米軍制服組トップのデンプシー統合参謀本部議長が同電話を通じて初めて協議したという。
http://www.asahi.com/articles/ASH4D5FH6H4DUHBI00S.html
房峰輝 - Wikipedia
中国共産党中央委員会委員、党中央軍事委員会委員、中国人民解放軍総参謀長、 国家中央軍事委員会委員。階級は上将。

房峰輝 - さて、この方金融ユダヤの傀儡なのでしょうか…。

もう一件

ドイツのAIIB参加に、首相官邸に衝撃が走った…アジア投資銀ショックを検証!
2015.04.13
正午過ぎ、慌ただしく官邸に駆けつけた財務、外務両省の幹部は、首相の安倍晋三に「これはアプローチだけの違いです」と説明した。官邸には、両省から当初、「主要7カ国(G7)から参加はない」との情報が伝えられていた。
欧州連合(EU)のリーダーであるドイツの参加で、日本政府はようやく事態の深刻さに気づいた。
http://www.asahi.com/articles/ASH4B3SV5H4BULFA00V.html

そうは言っても参加加入はしないでしょ。
Unknown (百軒)
2015-04-14 08:35:13
池田駄作の話と創価学会に関して投稿します。

http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=190

>創価学会の資産は10兆円を超えると言われている。
トヨタの時価総額も2010年11月現在、ちょうど10兆円ぐらいなので、創価学会の資産額は日本一のトップ企業 トヨタの時価総額と同等かそれ以上。

>池田大作は個人資産として1兆円以上の金を持っているが、この資産の大半は信者からの財務であり、国税局は池田が宗教法人の名誉会長であること等を理由に、資産を一度も課税対象にしていない。ただし池田が亡くなった際の相続として課税対象とすることは週刊誌が時折報じている。


国税にも創価の信者が当然いるでしょうね、そして池田が死んだことを公表できない理由の一つは上記の理由もあると思います。

税金は、振り込め詐欺やヤミ金などの犯罪収益金にも課税します。

それだけ、国税は金にシビアだし、税金関係の法律もシビアです。

ヤミ金被害者などに返還しないで、普通に課税対象です。

あと、個人筆頭株主が池田大作氏の企業リストです。

http://tinymsg.appspot.com/aR4

これも課税されますね、国税さん、弱者から金を強奪しないで、悪党からも課税してくださいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事