ザブさんの趣味は人生です。(*"o"*)v

趣味に生きるちょっと変わった人。ザブさんの独り言のブログです。
ざぶっとstart:2006/09/16

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クエン酸でカルキ取り実験10/浄水器のほとんどは水道水のミネラル分は残すらしい。

2013-11-14 10:44:08 | ブログ連載コラム
クエン酸でカルキ取り実験10/浄水器のほとんどは水道水のミネラル分は残すらしい。

ちょっと、気になって、色々調べたら、家庭用浄水器のほとんどの種類である、活性炭フィルター式や活性炭+中空糸膜式タイプの物はカルキ臭などの除去はするけど、ミネラル分は除去しない。という事らしいです。

ミネラルはイオン化してるから、フィルターの網の目を通り抜ける。と言う事なのかな?

逆浸透膜(RO膜)タイプの浄水器は基本的に初期費用とランニングコストともに高くて、サイズも大き鋳物が多いらしく、家庭用で使っている人はあまりいないのかな。と思います。

スーパーマーケットで「純粋な純水」などのように専用ボトルを買うと無料で純水を充填できるサービスが、ありますがこの浄水器が逆浸透膜(RO膜)タイプの浄水器だと思います。

このタイプの浄水器で作った純水は有害物質もミネラル分もほぼ全て除去するとの事です。

ミネラル分のないお水で入れたコーヒーやお茶が美味しいかどうかは分かりませんが。。。

と言う訳で、ミネラル分が浄水器でも残っているなら、鉄瓶でお湯を沸かすのは浄水器を通過したお水で、お湯を沸かしたいと思います。

僕が住んでいる地域の水道水(浄水器を通過していない水道水)でわかしたお湯は不味いのです。
コーヒーでもカルキ臭は消えないし、スパゲティーを茹でても、スパゲッティの麺にもカルキの味がついてしまうのです。

名古屋の水道水は美味しかった。
名古屋は浄水器が無くても、そのまま飲んでもイヤ味は無かったです。

続く。

⇦戻る/クエン酸でカルキ取り実験1/鉄瓶の内側は真っ白。http://blog.goo.ne.jp/zabu1120/e/0eae8b7ad636877d9594f33cf77954a5

コメント   この記事についてブログを書く
« おはよう日本。11月14日木曜... | トップ | 11月14日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ連載コラム」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事