【半休中】Beyond talk to oneself

子どもや日常、スポーツ回顧、時事の疑問に世の声の1人として触れていきます。競馬予想はあくまで履歴と仲間向けです。

【映画】毎日かあさん(実写版)とサッカーチャリティマッチ

2011年03月30日 20時18分22秒 | テレビ芸能
ということで、パンフレット画像を。
見てきたといっても、娘が行きたいといってかみさんと行ったのだ。
レディスデイなので安かったが、そういうわけで私は除外。

それにしてもリアルに離婚した夫婦が夫婦役やるって異例だよな。
そこまで冷めているのか?
多少でも熱さが残っていたら会えないと思う。



中身はこんな感じ。
ネタバレはしないけど。まだ公開中だし。
…ってか、見てないから出来ないのか。でも想定は出来る。

だけどキョン2の漫画家って想像つかないし、
まして母親経験も無いのでそれもどうなのかと思ったが、
母性本能なのか役どころの子どもたちには高評価。



このページなんか壮大で爽快な感じ。
どこだったっけなロケ地。
確か茨城の大洗とか日立とかその辺じゃなかったかな?
今となっては津波が押し寄せて、砂浜から沖に向かっては
もしかしたら同じような風景が見えるのかもしれないが、
でも波打ち際にはきっと沢山の壊れてしまい瓦礫となったものの山が
あることなのだろうと思う。
ちなみにこれ見に行ったのは3月2日だったのだ。
まさかその翌週末に、あんな大地震が襲ってくるとは思っても見なかった。

そういや今日震度の修正があちこち行われた。
でも2とか3の発表があって、5強に修正とかってアリ?
そこまで壊れちゃったの?震度計が。
それともそれほどまでにいい加減なの?
2を3にとかで無いんだから、揺れが全然違うのに…。
ちなみに前回唯一東京で5強をマークしたうちの近所の震度計。
(今回の大地震だと唯一7の栗原と同じ位置関係となる)
実はまだ不明なのだよ。それ以外の区内は5強と5弱。
前回のときは、そこが4や5弱だったのに唯一5強だったことから、
もしかして23区で唯一の6弱だったのではないかとも感じる。
もしそうなら6弱はうちのマンションは耐えたんだと
認識の上方修正をしたいと思うのだよね。
早く正式なリリースが待たれるのだが…。
あ、結局地震の話に…。



これ裏表紙。
娘はこの話はアニメなどでどういうものかはよく知ってる。
なのでこの映画の流れも知ってる。
だけど見たいとして見てきたわけだけど、
行くまでは「おとしゃん」と呼んでいた、父親の存在を
帰って来てからは「鴨志田」と呼ぶように変わってた。
おそらくキョン2が劇中に「鴨志田」と何度も言っていたのだろう。
アニメではその世界観から苗字の重要性は無いので
「おとしゃん」で十分だったので言うことは極めて少なかったかと。
でも実写版だと、リアリティも求められるために、
逆に苗字などは当たり前のようについて回るのだと思うね。


そしてサッカーの話だが、
Aマッチ中止になってしまったのは、代表サポとしては無念だけど、
こういう事態だけにやむなしとなったチャリティマッチだが、
予想では1-1のドローだったんだよね。
下手すりゃ2-0でJ選抜が勝つのでは?とまでも。
代表が点を取るなら、柏木か家長だと予想。
J選抜は後出しだけどキングカズ。2点だったら闘莉王も。
そんな予想してたんだよね。
でも前半でヤットに岡崎と立て続けに入れちゃって、
(岡崎は常にループが付きまとってきてるな)
あ~あ~と言う感じだったが、それでも意地で食い下がって、
最後は闘莉王が絶妙なヘッドでカズに落とし、
カズは持ち込んで3人目のGK東口のほぼ正面から脇を抜けるように
技ありのシュートでネットを揺らした。
カズは代表としてW杯のピッチ踏んでない不遇の男なんだよな。
さすがに四十越えてスタミナはあってもスピードは落ちてる。
だけどこういうときにこのように決められる。
やっぱキングだよ。元気なら60歳でも現役で居てほしいね。
JFLのクラブでもいいので。

あぁ、思えばもう春なのに雪景色の話もまだ紹介してない…。
明日気合入れてささっとするかも。

コメント   この記事についてブログを書く
« 夜の計画停電初日 | トップ | 雪の中、温泉地へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビ芸能」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事