【半休中】Beyond talk to oneself

子どもや日常、スポーツ回顧、時事の疑問に世の声の1人として触れていきます。競馬予想はあくまで履歴と仲間向けです。

朝日杯FSなど予想と昨日の結果

2010年12月19日 13時15分49秒 | expected Horse Racing
昨日、関東の人はTV見てて私に気がついただろうかしらん?
その話は後日たっぷりと…。

小倉11R 豊明特別
予想          結果
◎ 8メダリアビート   1着 8メダリアビート
○ 2ティアモブリーオ  2着 6アドベンティスト
▲12ナリタスプリング  3着 5ヒカリコーズウェー
△ 3ホウショウアマネ  4着 2ティアモブリーオ
△ 5ヒカリコーズウェー 5着 4ゴッドエンブレム
× 7アドマイヤロザ   6着 3ホウショウアマネ


参ったね。無印が2着に飛び込みやがった…仕掛け早そうだったのに。
うーん、そのアドベンさえ居なければ3連複までは取ったのにね。
2-5-8は2690円しかつかないけど。

中山11R ディセンバーS
予想          結果
◎ 1ゴールデンダリア  1着12ケイアイドウソジン
○10レッドシューター  2着10レッドシューター
▲11ミステリアスライト 3着 1ゴールデンダリア
△ 5サニーサンデー   4着 9ヒットジャポット
△ 8マイネルキーロフ  5着 4ホッカイカンティ
× 9ヒットジャポット  6着11ミステリアスライト


うーーーん。。。ドウソジンが…。
今度は粘り捲った。逃げた馬はブービーで2番手追走だったのに。
これもドウソジンが居なければ3連複まで取れたのに。
ま、これも1-9-10は2030円しか付かないけど。
あ、10-1-9は3連単も持ってたな。…でも9190円までか。
取っても万券じゃ無かったんだな。

阪神11R 阪神C 的中
予想          結果
◎10ゴールスキー    1着14キンシャサノキセキ
○13レッドスパーダ   2着13レッドスパーダ
▲ 2リビアーモ     3着 4マイネルフォーグ
△ 7ガルボ       4着 7ガルボ
△14キンシャサノキセキ 5着10ゴールスキー
× 8リーチザクラウン


当たったけどすっきりとはしないね。
前走がマイルだったとはいえ、負けすぎたキンシャサの評価を下げたし。
それが守備範囲の距離で昨年の覇者だぞ!?と言わんばかりの快勝。
昨年はスプリンターで惨敗したけど、スワン勝利でここも勝利の2連勝。
今年はスプリンターで2着惜敗しセントウルで一頓挫してマイルで惨敗。
これは順調さを完全に欠いてて昨年と同じ期待したら痛い目に遭う。
こう思うのが妥当だと思ったんだよね。なので御見それしました。
・・・というか、この秋のキンシャサは掴みづらかったぞ~~!!
そんな感じだからか、大ムラ馬のフォーグも爆走だし。
10-13-14の3連複を持ってたけど、本命のゴール5着じゃ話にならん。

本日の予想

小倉11R 愛知杯
◎ 3セラフィックロンプ
○16ブライティアパルス
▲17テイエムオーロラ
△13ヒカルアマランサス
△15レディアルバローザ
× 6スイートマトルーフ
次点1トゥニーポート、5ブロードストリート、8イタリアンレッド

牝馬だしムラ馬揃いで難解。
そこで小倉初も向きそうで内枠のロンプに連軸として白羽の矢。
パルスは2走前惨敗も前走GI出走場中3番手で小倉2戦2連対と得意。
オーロラは前走混合GIで惨敗も2・3走前は連勝で侮れない。
アマランサスは前走GIメンバー最先着で叩き2戦目走るが距離4戦共着外。
アルバローザは最後に次点から入れ替えたが恵量活かせれば。
マトルーフは格上挑戦で最軽量51kgの大抜擢も持ち時計よく一発あり。
次点はそのマトルーフ3走前下したイタリアンは小倉4戦4勝の鬼で怖い。
ローズSでアルバローザ下したトゥニーや実績あるブロードも当然差無い。
調教良いシングライクなどがいる次次点も気になる。

中山11R 朝日杯FS GI
◎10サダムパテック
○ 2リベルタス
▲15アドマイヤサガス
△ 5リアルインパクト
△11グランプリボス
×16タツミリュウ
次点1オースミイージー、4ブラウンワイルド、8リフトザウイングス

PO馬不在もこのレースは重くないので構わん。
本命をここまでのレースからパテックにしたが、
ここもその通りならぶっちぎるのではないか?
でもこの馬POでは眼中無かった。
そこそこ止まりのフジキセキ産駒ということもある。
でもその産駒が強い競馬してんだから本命で当然なのだ。
でも、この手の馬って強い競馬してきて本番でこける。
スターではないものの宿命ってそんなもの。いわゆる当て馬と同じ。
それになる可能性はそれなりに感じているが、
このメンバーでそうなることの確率のほうが低いと思う。
もしパテックがこけたらディープ産駒の初重賞制覇がGIということか?
その筆頭候補はリベルタスだろうかと。
やはり黄菊賞は2歳GIに向かってのステップとしては良く、その2着。
ただ新馬で負かしたダノンシャークがクビ差。
新馬取りこぼしたパテックが勝った未勝利戦で2着がダノンシャーク。
その差が0.5秒。そのままリベルタスとの差になる。
そうなるとその間に何頭かいてもおかしくない。
居ない場合はパテックのぶっちぎりという図式。さて、どっちか?
サガスはパッとしないもののこのレースでは注目のフジキセキ産駒。
そのワンツーなんてこともあるにはありそうだ。
それも牝馬だが牡馬一蹴しデイリー杯を勝利したディソールだが
先週見事に2歳女王になった。それのデイリー杯0.2秒差の2着。
牡馬として情けないがディソールがウオッカレベルならサガスも強い。
リアルは1400m経験しかないので割引。ここがマイルだからでもなく、
このレースを勝った馬は近年クラシックでもそれなりに活躍する。
ゆえに2000m以上を勝てそうな馬で無いと勝利は無いと見た。
そう来るとボスもバクシンオー産駒だし同じ解釈だが、
デイリー杯でサガスにすら1.2秒も差をつけられたのに
前走の京王杯を向く1400mだったとはいえ好時計で快勝。
思えば新馬は札幌での1500mだし、敗戦の理由が距離で無いかもしれない。
そう思うとリアルより距離経験ある分、同じ印でも前走結果の通り上位。
タツミは人気無いが、勝率100%が3頭居るが、ダートでか1200mで。
この馬はマイルと1700mでしかも唯一中山の芝を経験している。
このおこちゃま世代には経験が何よりのご馳走。
ゆえに中山の急坂を経験し勝っている強みが十二分にある。
前走負かしたビクトリースターがエリカ賞で5着と振るわなかったが、
上位の4頭は結構な名前の馬たちで、評価下げる必要が無いのかも?
穴を探すなら一番面白い存在だと思う。
次点に前走パテックの2着だったPOGでも人気のリフトがいるが、
2着とはいえ0.6秒も千切られた。これはその間に数頭居て当然。
だが、これもパテックがここでもぶっちぎるならリフトも馬券になれる。
そのときが困ってしまうが、次点筆頭として手が伸ばせれば押さえたい。
イージーは1400m組では可能性あるききょうS勝者。
ワイルドは1200m専門馬と思われるが血統的にはダート馬。
それがこれだけ芝で走ってるんだから、前走の大敗で見限るのも疑問。
1ハロン長いからか?坂があったから?左回りだったから?
もし左回りはからっ下手だけで負けてたら、今日は右回りだぜ?
そう思うと小倉での強さはローカルだが目を見張るものがあったし、
簡単には切り捨てられないはず。

阪神11R ギャラクシーS
◎ 8ケイアイガーベラ
○ 9アイアムルビー
▲ 4ダノンカモン
△ 5タカオセンチュリー
△15セレスハント
× 2ワンダーポデリオ
次点1トシギャングスター、6アンダーカウンター、10セイカアレグロ

前走大敗過ぎたのが大いに気になるが本来抜けてるガーベラから。
ルビーは短距離で一変してここ2戦条件戦も好時計でぶっちぎり好調。
カモンはここ充実の結果も時計的に物足りなく3番手に下げた。
センチュリーは人気無いが鉄砲未勝利も得意で阪神まずまずで妙味。
ハントは前走交流GIで惨敗も重賞でもなくOPならいつも勝ち負け。
ポデリオはここ一息も阪神未勝利もまずまずで叩き3戦目放牧前程度期待。

【2010年度メインレース予想】※6頭による馬連BOX15点での指針】
☆★☆★☆★☆★☆★ 281戦141勝 的中率.501 ☆★☆★☆★☆★

コメント   この記事についてブログを書く
« 本日の競馬予想 | トップ | 朝日杯FSなど競馬結果 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

expected Horse Racing」カテゴリの最新記事