★一喜一遊★

声優と特撮等々をほどほどに語ります。
サッカーとか相撲も大好き(^-^)b
コメント・トラバ大歓迎です☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【視聴記録】『相棒』season6第18話「白い声」

2013-09-02 02:34:59 | 相棒

課長が拾ってきたチラシから始まる事件。

事件にならなかったけれど、ブログの投稿を見た被害者の父親が、

殺人事件だったと疑ってまいていたチラシ

 

生前の被害者に香水を送りつけていた男、、、

 

家具の後ろに謎の丸いシミ、、、

 

ここから事件を掘り返しますw

 

視聴者代表のたまきさんが

「でも意外ですね、そういう死体ってほとんど解剖されてると思ってました。」

日本では表面観察のみで、ほとんどが解剖されない。

東京都には監察医制度があるから、違うかもね~っていう豆知識。

 

結局青酸ソーダ入りジュースのペットボトルキャップがあのシミの原因ということが発覚!

 

ここでまた珍しい証拠「耳紋」登場w

誰かが耳を押し当てたあと、、、

(こんなことでバレちゃうのか~、、、

 

ここでトリオ登場。

芹沢「手柄があったらまた回してくださいね!」

はいでた問題発言wwww

イタミンにビシッと叩かれました(ノ∀`)

まあ、手柄まわしてもらってない事件の方が少ないと思いますけどねーw

 

それでも警察は動かない。

悲しむ被害者の父親に、「動くのは俺たちふたりですが、絶対に犯人を見つけます」と熱く宣言する亀。

カッコイイ、、、

 

そして検証スタート。

自販機でジュースを買い、バスに乗る。

途中にある大学の学生が恋心を抱いて犯行に、、、と予測する亀に、

「男女の機微に関しては相変わらず詳しいですね~」

 

大学で( ・∀・)ノθ劇薬を確認。

一応元化学部なので、( ・∀・)ノθ劇薬が入ってる引き出し?が懐かしいwwww

ボロかったなァ、、、うちの学校のは(ノ∀`)

 

病気持ちだった被害者の父親が絶対安静を無視してビラ配りに行き、

変死体で見つかる、、、

被害者と同じ「病死」と判断される、、、

 

画像診断で、この遺体をCT撮影。

青酸化合物による腐食を発見。

おそらく、警察に対して、以前の判断は間違っていたということを、

自らの命を賭して証明したのだろう。つまり自殺><。

 

もしも、被害者が職場で殺されていたら、監察医制度で死因も解明されていたかもしれない。

もしかしたら、今回の犯行は連続殺人の一端に過ぎないのではないかと、

調べてみたら例の城南大学の教授がほぼ同じ死因で死んでいたことがわかり、

この被害者に論文を酷評された(先ほど( ・∀・)ノθ劇薬を紹介してくれた)教授を犯人と断定!

 

そしてここで登場!

耳紋!!!!!

 

「そのオレンジジュースに僕が毒を入れた証拠がない!」

 

はい!決定的な一言w

 

結局ストーカーも犯行も全て認め、

香水も送ってたけど、使ってくれない。(当たり前だろwwww)

ことに対して腹を立てたらしいw

 

第一の事件で犯行に気付かなかった警察に味をしめたことで、

第二の犯行を決意してしまった。

 

国が金を出すのは1年で5000体分のみ、、、

年間で変死体は15万体出るのに。

そんな国のシステムにも問題はあるけれど、

警察官も遺体の声に全力で耳を傾ける努力が必要である。

 

その通りですねぇ

 

焼かれて真っ白い灰になった被害者の「悔しい」という声が聞こえませんか?

 

「白い声」

 

題名の意味。最後に明かされました。

コメント   この記事についてブログを書く
« 8月31日(土)のつぶやき | トップ | 9月1日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

相棒」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事