楽しまな損やで 股関節専門サロン

固い筋肉をほぐして楽しく過ごしましょう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

楽なソファーの選び方

2014-07-07 09:40:46 | 日記
最近いろんなものがちょくちょく壊れる山中です。

先日はプリンターが壊れました。

5年前に買った物ですが、ほとんど使っていなかったのに壊れてビックリ。

プリンターが壊れるのは仕方がない事だと思いますが、買いだめしておいたインクが無駄になってしましました。

これからインクの買いだめはしないでおきます。


新しいプリンターは無線で印刷が出来てとても便利です




ちょっと前のブログで、ベッドの選び方をご紹介しました。

本日は楽なソファーの選び方をご紹介したいと思います。

ポイントは高さと固さです。


高さは高い方が楽です。

座っている時も、立ち上がる時も低いより高い方が楽です。




低すぎるソファーだと、座っている時に股関節が90度以上曲がらないといけません。



股関節を沢山曲げると、背骨も曲がって猫背になりやすいですから、肩こりの原因にもなります。

立ち上がる時にも大きな力が必要です。





固さはベッドの時にも書きましたが固い方が良いですね。

ソファーが柔らかいと体が沈み込んで、股関節と背骨が極端に曲がってしまいますし、
立ち上がる時にも、大きな力が必要になってしまいます。


股関節が90度以上曲がる人は、高くて固い目のソファーが楽だと思います。



股関節が曲がりにくい人は座面の奥行が長いソファーが楽な人もいると思います。

奥行が長いソファーだと、股関節をそれほど曲げなくても背もたれにもたれることが出来ます。



股関節が曲がりにくい人は、座面に奥行があるタイプか、リクライニング機能があるソファーが良いと思います。

人によれば、長く座ることもあると思いますので、体に合ったソファーを選んで楽に過ごしましょう。


プリンターのインクは買いだめせずに楽しく過ごしましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロコモティブシンドローム② | トップ | レントゲンを撮ったら痛くな... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふうりん)
2014-07-17 05:06:05
リクライニングチェアーは股関節症の人には良いと考えてよろしいのでしょうか?
Unknown (山中)
2014-07-24 09:50:02
ふうりんさん。
コメントありがとうございます。

股関節症の人の中には、股関節が曲がりにくくなる方がいらっしゃいます。
股関節が90度以上曲がらないと、普通の椅子に座る事が難しくなってきます。
椅子にリクライニング機能があれば、後ろに倒すことで股関節が90度以上曲がらない人でも、背もたれに無理なくもたれることが出来るようになります。

「股関節症の方=リクライニングチェアー」ではなく「股関節が前方に曲がりにくい人=リクライニングチェアーだと楽に座れる可能性が高い」です。

股関節症の方でも、股関節が前方に曲がるのでしたらリクライニング機能は必要ないと思います。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事