『黒幕と言われた男』の著者の戯言

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
政治や社会的関心事ならびに身辺雑記

自民党総裁選(補遺)

2021-09-15 16:50:03 | 日記
 自民党員や国民の世論調査では河野太郎が1番だ。ハンコやワクチンという
目立つ仕事に就いたのでよく仕事したような印象が強いのだろう。
事実、旧弊にとらわれている官僚からハンコを取り上げるのはかなり強引に突破したと
いえよう。性格的に頑固で変人で野蛮だと評されている。しかし彼の出自は
政治家の3代目だ。祖父一郎は建設大臣や副総理を務め 総理大臣に手の届く位置にいた。
京都にとっては国際会議場を京都に決めてくれた恩人でもある。父洋平は衆議院議長
副総理 党総裁に就きながらも総理大臣になれなかった。太郎は彼らの怨念もあって
総理大臣になることは河野家の悲願である。しかし官僚とは摩擦も多くパラハラとの
批判も多い。総理ともなれば閣僚はもちろん管僚からも敬愛され協力を得ることが必要。
また、混迷の今、強いリーダーが求められるのは当然だが「国家の顔」としては不安がある。
  石破さんは周囲に気を持たせながら不出馬と河野支持を表明した。負け戦に出るよりも
勝ち馬に乗って新しい政権でポスト・権力を持つ算段だろう。自分がというより派閥の
仲間に陽のあたる機会を作ってやりたい親分の思いやりでもあろう。
 決選投票になれば議員に信頼のある人柄の岸田に分があるだろう。「国家の顔」としても
温厚な紳士でマクロンさんと並んでもひけをとらない。その意味で高市ではメルケルには及ばない。
 まだもう1日時間があるが野田聖子は20名の支持がむつかしそうだ。政治家としては
経歴も長いし岐阜の野田卯一の娘として政治家の姿勢を学びながら成長している 前の結婚で
生まれた子供が重度の障害を持っているので人間的にも苦労して政策的にも視野が広い。
文春によれば今の夫が元暴力団員だったというが真偽のほどはわからない。本人が堅実な上に
謙虚で地味なのが惜しい。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿