『黒幕と言われた男』の著者の戯言

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
政治や社会的関心事ならびに身辺雑記

#Mee Tooよ 出てこよ 下司のエリート?男

2018-04-20 13:25:16 | 日記
 エリートという言葉の意味を書き換えねばなるまい。エリートなら恥を知るべし。

 新潟県知事は医師のほかに弁護士資格も持っているというから開いた口が塞がらない。

人間だから性的欲求があるのは当然ではあろうけれど、こんな方法しかとれないとは  

情けない気の毒な人だ。50歳まで独身だったのはやはり性格的にもどこか女性に

受け入れられない歪があったのか。相手をした女子大生に「いい客だった」なんて

嘗められたもんだ。


 財務省のおっさん。下町の飲み屋か屋台でくだまいてるてるおっさんでも

あんな言葉のオンパレードはなかろう。これが最高の学歴をもって最高の官僚なんだから

恐れ入る。本人は否定して訴訟すると息巻いているが、テレビ朝日の女子社員が日時も

場所も特定して被害にあったと申し出て、社として財務省に抗議している。

こんな状況で裁判に勝ち目があると思っているのか。常識を超えた人たちだ。

麻生氏は「嫌なら担当を男に代えればいい」とぬけぬけと言っているが本質からズレている。

あの人らしい認識のズレである。
 
 福田次官(こんな立派な職名で呼ぶのもばかばかしい)はテレ朝の彼女だけでなく普段から

誰に対してもあんな調子でしゃべっていたのだろう。それを聞き咎めて問題にする記者が

いなかったのも淋しい。正論を吐けば遠ざけられて情報がもらえないという職業的恐怖から

古い慣習にとらわれていたのは気の毒だ。同席した男性記者にもジャーナリストらしい

正義派はいなかったのか。ジャーナリストなら率先して言挙げすべきテーマであるのに。

 他社の女性記者たちも「Mee Too」と声を上げて、1社の問題にせずに週刊誌の

業界として財務省に抗議してほしい。今後、理不尽なことがあれば新聞という最強の

武器を持っているのだから、その武器を眠らせることなく宝刀を社会のために抜いてほしい

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« どうした!大阪地検 | トップ | 南北首脳会談 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事