金魚が4匹

2010年7月にボストンから日本へ帰国。でも、相変わらずな日々です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

The Norman Rockwell Museum

2010年03月28日 | ボストン(お出かけMA~車で1時間以上)
寒い日もあるけれど、ぼちぼちレジャー解禁の気候となったマサチューセッツです。
屋外施設の中には、冬季閉鎖の物も多いので、
春まではハコモノ(美術館や博物館)めぐりが中心となります。
今日はうちから車で西に2時間半弱の町、Stockbridge(ストックブリッジ)にある、
美術館に行きました。
ここはあの有名な、Norman Rockwell(ノーマン・ロックウェル)の美術館があるのです。
ボストンに引っ越してきて、絶対行きたかったところのひとつ!!
彼の絵は、みなさんも、一度は必ずどこかで目にした事があると思います。




館内は(たぶん)写真禁止だったので、今回館内の写真はありません。
私でも知っている有名な絵が何点も展示してありました。
わたしは一つ一つの大きさは、そう大きくないと思ってたのですが、
実物はとても大きいんです!
私が一番好きな「マリッジ・ライセンス」を見たときは、感動…。
(縦の長さが私の身長ぐらいあります)

絵がね、キラキラしてるんですよ。
もちろん塗料が室内灯に反射しててキラキラしてるんですが、
そういう物理的でない輝きとパワーがあって、
ボストン美術館で本物のルノアールやゴーギャンとかを見たときよりも衝撃的でした。


また彼は、絵を描くためにあらかじめモデルにポーズをつけてもらった写真を撮って、
それを元に絵を描いてました。
その写真と絵が見比べられるようになってたり、
皮肉が利いててクスッと笑えるものもあったり。
子供用のミッションも準備してあるので、
そのミッションをクリアしつつ絵を眺めることも出来ます。
社会的な訴え要素の強いもの、子供達のほんわかな様子、家族愛、皮肉が利いたもの、
有名人を描いた絵…
静かな絵、躍動感のある絵、祈りのある絵、訴えのある絵。
とてもたくさんのパターンの絵があるので、見ていて全く飽きません。


ショップにはノーマン・ロックウェルの絵をモチーフとしたグッズが売ってありましたが、
やっぱり一番多かったのは、絵の複製の販売でした(ポストカードもたくさんありました)。
今回、小さくても気に入ったのがあったら、複製の絵を購入しようかと思ってたのですが、
無理でした…。
というのも、本物を見た後にとてもじゃないけれど複製なんか買えない!
印刷の複製には、あの輝きはまったくないんですもの…。
まったく迷うことなく購入はやめました。

かわりに、お約束のオーナメントを購入。


このオーナメントの元の絵はこれです。

<brfore the shot(注射の前)>というタイトルです。
絵でははっきりしなかった先生のお顔が、オーナメントでははっきり分かります^^


もっと近かったら、何度も足を運びたい美術館です。


The Norman Rockwell Museum
入場料金は大人15ドル、子供無料。
5月~10月は美術館のとなりにあるアトリエがオープンされます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お月様の味

2010年03月26日 | 手作りお菓子
ほーちゃんは学校の図書室からシリーズ本を借りてきています。
随分難しい本を読むようになったんだなあと感心。
その本の中に、クッキーのレシピがあって、それを作って欲しいとおねだりされました。

Moon Dust Cookie

宇宙のお話だったようで、こういうネーミングです。
直訳したら、「月の土ぼこりクッキー」
胡桃とチョコチップを混ぜた生地を丸めて、ココアシナモンシュガーをまぶして焼きました。
土の塊っぽい外観になりました。
アメリカのお菓子のレシピの鉄則、

レシピの砂糖は半量にすべし!

を守ったのですが、チョコチップが入ったのでやっぱり甘かった…。
でも子供たちはうれしそう。
ママ、おしいよ!の一言が嬉しかったです。
でも2人とも、アメリカの甘さには慣れたなあ…。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

CORONIAL INN

2010年03月25日 | ボストン(食)
ボストンのレストランウィークも今週で終了です。
先週のElephant Walkもよかったのですが、
有名どころに行って見たいよね♪ってことで、ナツコさんと行ってきました。

歴史深いConcordという町にあるCONCORD INNというホテル&レストランです。

創業1716年ですので、実に300年近い歴史のあるお店です。
レストランに入らなくても、このお店の外観の写真だけを撮っている人が何人もいました。


前菜:Spinach and Artichoke Dip

Spinach(ほうれん草)と松ぼっくりそっくりのアーティチョークという野菜のクリーム煮です。
アーティチョークは初体験でした。
ショートパスタのように見えているのが、アーティチョークです。
長ネギの一番外側のような食感で、とても繊維があります。
たまにジャガイモのようなホクホクしたところがあるので、
多分それが、アーティチョークの芯の部分だと思います。
これひと皿でメインのようなボリュームです。


メイン:Junior Coronial Inn Lobster Roll

その通り、ロブスターロールです。
んが、ロブスターの量がとてもサンドできる量じゃありません。
フォークとナイフで頂きました。
ロブスターの甘味がぎゅうっと詰まった一品です。
もちろんボリュームもあります。


デザート:Molten Chocolate Bundt Cake Bananas foster sause

暖かいチョコレートケーキと、バナナソースです。
この、チョコケーキが…悶絶する甘さと重量感!!
暖かいケーキなので、甘さもガツンと来ます。
ケーキを切ったら上にかかってるチョコソースがとろーっとなって、そりゃ美味しいのですが、
それまでの食事でお腹いっぱいだったので、かなりつらかった…。
こちらで食べたチョコケーキの中では最強の甘さでした。


Coronial Inn
裏手に広い無料駐車場がありますが、
宿泊客も利用するので、あっという間に満車です。
レストラン前の路上パーキングは2時間OKでした。
(他の路上パーキングは1時間とか30分とか)
ランチではラフな格好の人が多かったです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

10年に1度の当たり年

2010年03月19日 | ボストン(日常生活)
ボストンに来て、1度目の冬はとっても雪が多く、
2度目の冬はとっても雪が少なく、豪雨。
夏は記録に残る冷夏で、いったいどういう気候が平均的なボストンかわかりません…。


さて、10年に1度行われるCensus(センサス)が届きました。
これは国勢調査です。
提出は法律によって定めされています。
さっそく記入。


日本の国勢調査は結構細かい項目が多々あったのですが、
このセンサスはいたってシンプル。
結局、何が知りたいかというと…


人種!


なのです。
世帯ごとの人数を書いたら、個々の人種について尋ねられます。
その内訳が結構びっくり。
白人、黒人、黄色人…と思いきや、
白人、黒人、インド人、日本人、韓国人、中国人、フィリピン人…と、
アジアだけが細かく分けてありました。
それを知って、アメリカはどう動くつもりなんでしょうか?
一般市民の私にはさっぱりわかりませんが、
10年に1度の調査に偶然でも加われて、興味深かったです。
もしこれで、正確な日本人の人数が公表されたら、
そのうちの4人はゆずり葉家ですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みどりの日

2010年03月17日 | ボストン(日常生活)
今日はセントパトリックス・デーです。
アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリキウスの命日のことです。
今日は緑の物を身につけます。
きくちゃんは緑の髪飾りに、緑のワンピースを、
ほーちゃんは緑のストライプのTシャツを着て学校に行きました。


私は、緑のパーカーを羽織って…

ナツコさんに頂いた、ボディシールをつけました。


ELLの先生に教えていただいたのが、牛乳を緑色に!

左の緑の食用着色料を牛乳に1滴たらして、
これが本当のみどり牛乳(九州の牛乳の銘柄です)。
味は変わりませんよ。


セントパトリックス・デーが終わったら、
街はイースター一色です。


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

The Elephant Walk

2010年03月15日 | ボストン(食)
ボストンは今日からレストラン・ウィークがはじまります。
このレストランウィークの間は、ランチとディナーが定額でいただけるのです。

どのレストランが参加しているかは、こちらから↓
Rentaurant Week

今日は、International Festivalの打ち上げもかねて、ナツコさんとランチに行きました。
選んだお店は「The Elephant Walk」カンボジア料理のお店です。


お店にはでっかい象さん。

Nom Pang B'Kong Chean

きざんだ海老が入ったさつま揚げみたいな料理でした。
ソースがピリ辛。

Leah Chah

すでにメインディッシュのような量…。
ムール貝は、プリンスエドワード島のものとのこと。
優しい味のスープ煮でした。

Salumon A La Creme de Poireaux et Champignons

鮭のムニエルクリームソースです。
大量のきのこが入ったソースで、日本人受けする味です。
鮭も脂がのって、とろとろでした。

Passion Fruit Mousse

ソフトクリームみたいなものが、パッションフルーツのムースですが、かなり濃厚で酸味がきいてます。
左のはパイナップル。

見ての通りですが、全体的に、予想を裏切らないボリュームです。

もっと香辛料がきいた料理をイメージしてましたが、全体的に優しい味でした。
ここのレストランは、カンボジア料理とフランス料理がまじったもので、
調べてみたら、カンボジアってフランスから独立したんですね。
味も接客も店の雰囲気もよかったです。


The Elephant Walk
Cambridge店に行きました。
お店の裏に駐車場が5台分ぐらいあります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

International Festival~Fashion Walk と Museum

2010年03月13日 | ボストン(学校)
子供たちが自国の衣装に身を包み、ファッションショーがありました。
ひとりひとり、子供たちが、花道を歩きます。

名前と、出身国を呼ばれるので、子供達は緊張。
それもまた可愛い♪

最後に全員が舞台にそろいました。

うちの子たちは小さくて見えない^^;
(真ん中の浴衣の2人は、ナツコさんのお子さん達です)

Museumの日本ブースです。
でっかい日本国旗!

日本の古典的な民芸品の展示というより、現代文化がメインのブースになりました。
子供雑誌、奥様雑誌、アイドル雑誌、日本の教科書…。


紙相撲は実際にやってもらって、使った紙相撲は持って帰ってもらいました。
ルールがシンプルで、結構好評。
あと人気だったのは、ポケモンと、プラレールでした。

日本ブースはMuseumの一番端っこで、隣は韓国と中国。
極東だから?とナツコさん^^
アジア人同士ですが、学校の送り迎えでは改めて話すことはないので、
今回いろいろお話できて楽しかったです。


準備を始めたのは1ヶ月前、でも結局ここ数日でバタバタしたのは、いつものこと^^
日ごろは忙しくしてある他の日本人ママさんともお話できて、
大変だった気持ち以上に楽しかったなあ!!!と思いました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

International Festival~Cafe

2010年03月13日 | ボストン(学校)
International Festival当日です!
手際が悪い私は、4時半に起きて台所仕事。
8時にナツコさんがやってきて、ナツコさんが作ってきたものと、
私が作ったものをあわせてお弁当にしました。


これは「Sushi弁当」です。
容器はハンバーガーのテイクアウトボックスです。
彩が綺麗でしょ♪

手描きの日本の国旗と「Obento」と書いた紙を貼ったら…。

壮観!達成感もあって、妙な快感も^^


Internaitonal FestivalのCafeは大盛況だったようです。
というのも、一番のランチの時間はMuseumの日本ブースにいたので、
私が行ったのは、Cafe終了間際の時間でした。

たくさんの料理の中から、欲しい料理をスタッフに盛ってもらいます。
各料理の名前が書いてあるラベルはあったのですが、国名がなかったので、
どこの国の料理か分からなかったのですが、
異国の味に舌鼓♪


デザートもありました。

左はカナダのお菓子です。
3層になっていて、下から、生チョコ、コンデンスミルクを固めたもの?、ナッツ系をチョコで固めたもの、でした。
真ん中は多分、アメリカのクッキー。
右はチリのお菓子で、揚げドーナツに黒砂糖シロップをかけたものでした。
どれも美味しかった♪

私達のお弁当はひとつ3ドルで別販売されていました。

完売したのかは分かりませんが、私たちがCafeを出るときには、
数個残ってるだけでした。


Museumの準備以上に気を使った、このお弁当。
味の好みはさておき、綺麗な彩り、バランスの良い日本のお弁当が紹介できて嬉しかったです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サクラサク

2010年03月12日 | ボストン(学校)
最近ブログが滞りがちですが、
それは子供の学校で2年に1度開催されるInternational Festivalの準備があったからなのです。
うちの小学校には40カ国の子供たちが通ってます。
それを生かしたイベントで、かなり盛大に行われます。
Fashon Walk、Cafe、Museumがあり、
私達日本人はこれらすべてに駆り出されます。
1ヶ月ほど前から、他の日本人ママさんたちと連絡を取り合って、
準備を進めてきました。
今日は放課後にMuseumの準備があります。


私の担当は、「日本の四季」です。
それも準備したのですが、ついでにこんなものも。

いろんな濃淡のピンクの折り紙で折ったサクラです。
これをデコレイトしたら、華やかになるかなと思って。
日本の国旗に似合うだろうなあ。


今日の夜からCafeに出す日本食の準備に取り掛かります。
私はナツコさんと一緒にお弁当50食を作ります。
明日は早起き!
きっと眠りが浅い…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PARKER'S MAPLE BARN

2010年03月06日 | ニューハンプシャー州
3月になりました。
暖かい日もちょっとずつ増えてきて、三寒四温?
(ナツコさんとはツンが3回でデレが4回の、ツンデレ気候と言ってます)
今日はデレの日です(笑)
最高気温は10℃ぐらいまで上がり、スプリングコートでOKでした。


今日はニューハンプシャー州のMasonという町にある、メイプルシロップファームに行きました。
メイプルシロップファーム見学は3月限定なので、行くなら早めに!と行きました。

アーリントンから車で1時間20分程度の「Parker's Maple Barn」というファームです。

メイプルシロップを作る過程は見学できます。
もちろん無料♪

集めたsap(樹液)です。

何故、樹液の採集がこの時期だけかというと、春になり芽を膨らませるために、
木がいっぱい水を吸い上げるからだそうです。

色はまだこんな薄い黄色。


説明のしてくれたおじさん。
このおじさんの英語が、とっても分かりやすくて簡単。
わたしでもフムフムと思って聞けました。

おじさんが手にしてるのは糖度計です。
これで測ってみると、樹液の状態では2~4%でした。

この樹液を糖度66%ぐらいになるまで煮詰めます。


ろ過する器具です。

ろ紙を1枚ずつ挟んでいって、中に煮詰めたメイプルシロップを通します。
ろ紙の隙間から、ろ過されたシロップが流れ出て、下でキャッチします。

煮詰めたシロップは色で等級分けします。

おじさんが持ってるのはそのサンプルです。
ちなみに、クッキングに使うのなら、Grade Bが良いとのこと。

ちょっと味気ない写真ですが。

樹液の採集というと、あの典型的なバケツが木にぶら下がってるのを思い出しますが、
最近は何又にもなってるゴムチューブを直接木につけて、まとめて採集するんですって。


このファームにはレストランがあります。
このレストランのブレックファストは、何度も賞をとってるようです。
でもお寝坊大好きな私達は、ブレックファストには間に合わず、ランチです。

Awesome Onion Ring。
某ハンバーガーチェーン店のオニオンリングしか食べたことがなかったのですが、
目からウロコのおいしさです。
本当にびっくりした。衣がサックサクです。


メイプルシロップでベイクした豆、ハム、Brown Breadのセット。
豆はかなり濃厚でした。


メイプルシロップでキャラメリゼしたオニオンをのせたハンバーガー。
相変わらずの量です。


キッズ用ハンバーガー。大人用と同じ大きさのバンズです。
ランチメニューには、パンケーキやワッフルはなかったのですが、注文してる人がいたので、
もしかしたらブレックファストのメニューがランチタイムにもオーダーできるのかもしれません。

ファームの近くには、屋根つきの橋。


小川は雪解け水でかなりの水量でした。

春はすぐそこかな?

PARKER'S MAPLE BARN
メイプルシロップを作る過程の見学は、要電話です。
今日は午後2時まででした。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ食材クッキング39

2010年03月04日 | ボストン(アメリカ食材)
すっごく久しぶりのアメリカ食材シリーズです。

以前、ビーツという赤かぶを食べた記事を書きました。
フレッシュな赤かぶはものすごーーーーーく泥臭くて、
いろんな食材にチャレンジしてきた我が家族も、さすがにギブアップしたという、
我が家最強の食材でした。
でも、おいしく食べてみたいな~と思って、
チャレンジャーとは思いますが、缶詰を購入しました。


きっと加工されてるので、泥臭くないと信じて!!


今回はボルシチに挑戦。
レシピの調味料で、ないものがいくつかありましたが、
大さじ1とかぐらい、別にいいじゃん!と、スルー。
サワークリームをのせるのですが、なかったので、
水切りしたプレーンヨーグルトで代用。

あら、ボルシチ!

お気に入りのPillsburyのクロワッサンも焼きました。
ビーツを恐る恐る食べると…ちょっと独特の風味はありますが、
フレッシュなビーツのあの泥臭さはありませんでした。
1時間半煮込んだので、(写真では分かりにくいのですが)ジャガイモまで真っ赤。

リベンジのビーツが美味しくって満足満足な、
今日も美味しい晩御飯。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加