金魚が4匹

2010年7月にボストンから日本へ帰国。でも、相変わらずな日々です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

treck or treat

2007年10月31日 | お外へGo
今日は、子供達の英会話スクールのイベントで、ハローウィーンがありました。
なんと場所は、佐世保の米軍基地の住宅街!
普通にはなかなか入れないところです。


住宅街の入り口は、米軍兵士が守っていて、
同伴の大人は身分証明証を提示しなければいけませんでした。
思わず英会話の先生に「この中で写真撮ってもいいの?」と尋ねてしまいました。
だって取り上げられたらやだもん・・・
中では、ハローウィーンで盛り上がってました。
私達の仮装なんか地味な方。
家族全員で「オズの魔法使い」「Mr.インクレディブル」だったり、
怖い魔女や殺人鬼もいれば、赤ちゃんのスーパーマンがいたり。
無礼講の様な感じなので、あっちこっちの家のインターホンを押して、
お菓子をもらいます。
その時、「trick or treat(お菓子をくれないとイタズラするよ)」と言うのです。
それぞれの家の飾りも凝っていて、写真はそのひとつ。
骸骨が埋まってるようなオブジェで、しかも点滅します。
これの隣には、同じような形でゾンビが埋まってた・・・。


米軍の住宅敷地内には全てが揃ってるとの事。
学校や病院もあるそうです。
全てが英語の敷地で笑っちゃったのが、アパートの名前。
「UME TOWER」「KIKU TOWER」「BARA TOWER」「SAKURA TOWER」と日本名が付いてました。
また、カフェテリアがあって、最後にそこでピザを注文して食べました
なんと支払いはドル!でも従業員は日本人。
それから「teen center」という施設があり、賑やかな音楽が。ディスコかゲームセンター?
若い人が集まる場所なんでしょうね。


ちなみに、きくちゃんの仮装は魔女。
ほーちゃんは携帯電話の着ぐるみを購入しましたが、
この携帯着ぐるみがアメリカ人に大うけ!
「Oh! DOCOMO!」「Hi.Soft bank.」と通りすがりの人にも声をかけられてました。
いろんな仮装を見たけれど、生き物でない物にに仮装してたのは、
多分ほーちゃんだけだったと思う・・・。


なんにせよ楽しい夜でした
貴重な体験だったなあって思います。
コメント (4)

運動会

2007年10月27日 | 子供
小さい子供がいる家では、多分最大のイベントの運動会。
お弁当も朝5時おきして作りましたともさ!!
今年は冷凍食品なしの、オール手作り!!


うちの保育園の運動会は基本的に運動発表会って感じです。
なので、お遊戯や鼓笛隊なんかありません。
かけっこ、玉いれ、リズム体操発表。
リズム発表は、年長さんだけの発表が別枠で取ってあり、
縄跳びを走りながら跳んだりするのを、一人ひとり発表します。
そして障害物。
障害物も毎年決まってて、跳び箱と戸板登り
一人ひとりやるので、跳ぶ前にはマイクで何段を跳ぶか自分で言わなければなりません。
運動が得意じゃないきくちゃんも直前に3段が跳べるようになったので、
生き生きとしてました
ほーちゃんはまだ跳べないので、駆け上がりジャンプで跳び箱を越えてました。


そして紅白リレー
今年はきくちゃんとほーちゃんは同じ白組だったので、
親も盛り上がりまくり。
タダでさえ足の遅い2人なので、こけないか、バトンを落とさないかもう、ヒヤヒヤ


最後は名物「がらがらどん」
これは絵本の「三匹やぎのがらがらどん」をモチーフにしたイベント。
子供達がやぎ役で、お父さんががらがらどん役。
園庭中央に立ったがらがらどんに捕まらないよう、
子やぎさんたちは駆け抜けなければなりません
がらがらどんは初めはひとりですが、どんどん数が増えていきます。
大きい子達は大喜びで駆け抜けますが、小さい子達は阿鼻叫喚
でも全園児がいっせいに駆け抜ける様は壮観です。


今年は最後に、年長さんの担任の先生が、年長さんたちに金メダルを授与してくれました。
最後の運動会頑張ったね、ってご褒美です。
担任の先生がひとつひとつ手作りしていたのを知ってたのですが、
ここで登場するとは思いませんでした。
金メダルを首にかけた年長さんたち、なんだかとっても誇らしげでした
写真はその金メダルです。
コメント

運動会前夜

2007年10月26日 | 子供
いよいよ明日は運動会。
きくちゃんにとっては保育園最後の運動会です。


うちの保育園は子供のゼッケンは親の手作りです。
シンプルでもいいし、凝ってもいい。自由です。
うちももう、3回目になるので、簡単で凝ってるように見える作り方をマスターしました
キャラクターは大きく単純なものを。
名前と年齢は紐を切って縫い付けました。


保育園の園庭には万国旗が飾られるんですが、
うちの保育園は、万国旗は子供個々の手形と足形です。
この万国旗は最後に持って帰れるので、
万国旗とゼッケンが、毎年の運動会の思い出として残るんです。
なかなかいい趣向だと思います。
(作るほうは毎年フーフー言ってますが
コメント

もやしもん1

2007年10月25日 | マニアな・・・
佐賀でも「もやしもん」のテレビ放送がはじまりましたね!
深夜なので、録画して子供達と観ました。
かわいい菌ちゃんたちが出てくるので、子供達は大喜び。
「オリゼー可愛い!」
「ぼくは青カビがいい」
と、出てきた菌にぞっこん。
うちにある「もやしもん」の漫画を読みふける子供達。
(といっても漢字はわからないので眺めてるだけですが)
コメント

涙の気持ち

2007年10月24日 | 子供
なんだか急に朝晩が涼しくなってきたので、
リビングのゴザをカーペットに変えました。
うちは、子供たちが汚すから、カーペットは毎年買い換えてます。
だから、質より値段が安いのを優先してきたのですが、
今年は、子供たちが「どーしてもこれがいい!!」というフワフワの真っ白のカーペットを購入。
お値段も、いつものよりはちょっと高め。
早速、リビングに敷くと子供たちは大喜び!!

以上は昨日の話。


で、今日の夕食後、私は疲れちゃって、リビングとなりの和室でごろ寝
子供と夫はまだ食事中。
すると・・・トントントンとリズミカルにカーペットを叩く音が。
誰かカーペットにこぼしたな…と思ってたら、きくちゃんが和室にやってきて、
「ママ…ママッ
「ん~?」
「昨日買ったばかりの絨毯にお味噌汁こぼしてごめんなさい」
で、わああああんと号泣。
見れば、上着やズボンもお味噌汁まみれ。
だけど、それよりも絨毯のお味噌汁をふき取るほうを優先させたようです。
私に叱られると思って、泣いちゃったんだけれど、
「ママに叱られる・・・買ったばかりの、真っ白い絨毯なのに・・・」と半べそで
必死に絨毯にお味噌汁をふき取る様子を想像すると、なんとも可愛らしい。
叱られることを覚悟で、ちゃんと謝りにもきたし。
もちろん、叱りませんでしたよ。叱れませんよ。
「いいよ、お味噌汁熱くなかった?火傷しなかった?」
「絶対に誰かが汚すって分かってるから、別に怒ってないよ」
「でも、こぼさないように気をつけようね」
そんな言葉をかけながら、お着替え。


すると、慰めるつもりで、夫が
「大丈夫だよ、きくちゃん。こぼしたの、きくちゃんが最初じゃないよ。
パパが昨日、赤ワインをこぼしたから」


ほう・・・  そうですか・・・
コメント (2)

秋空とみかん

2007年10月21日 | 日々
保育園のイベントで、みかん狩りに行ってきました。
うちの保育園に無農薬米を納入してくださっている農家の方のみかん畑です。


今日は雲ひとつない晴天
無農薬のみかんは、見た目はざらついてるし、傷もついてるけれど、食べて見たら…
「昔のみかんってこんな味だったよね!!」と思わず叫んでしまいました。
気持ちい秋空の下、青々とした葉と金色のみかん。
子供たちも食べながら採ってたので、口も手も忙しく動いてました。
子供たちの笑い声も響いて、なんとも気持ちのいい一日でした。


で、我が家のお持ち帰り重量は13.5キロ!
だけど、今日の参加者の最高記録は26キロでした。
お昼ご飯はもちろん青空弁当。
農家の方の手作りの豚汁もいただいて、デザートはもちろんみかん。


ところで、「みかん狩り」って英語なんていうか知ってます?
mikan picking なんですって。
みかんは mikan なんですね。
コメント

冬の味

2007年10月20日 | 日々
今日はずいぶんと寒かったですね~~。
今の時期は1週間もすれば、ぐっと気温が下がりますよね。
春はそんなに感じないけれど、秋ってどうしてこんなに気温の変化を感じるんでしょうか??



あまりの寒さに、今日はおでんにしました。
おでんの具って、地域や各家庭でちょっとずつ違って面白いですよね。
定番の人気は大根、厚揚げ、こんにゃく、たまご。
うちでは更に、鶏肉(手羽先か手羽元)、ジャガイモを入れます。
きくちゃんがスイミングで2時間がんばっている間に、ほーちゃんと作りました。
ほーちゃんは、ピーラーでメークインの皮をむく担当。
8個ぐらい剥いたところで、ピーラーで爪を削っちゃって終了。



寒い中帰ってきた夫は、久しぶりのおでんをパクついてくれて、
ホカホカ湯気効果もあって、あったか家族って感じでした。
でも、しばらくはタネ追加で、おでんの日々だな、きっと。
コメント (4)

2007年クリスマス

2007年10月17日 | 「私」
私達夫婦は数年前から「プランジャパン」のスポンサーをしています。
「プランジャパン」は新聞の広告欄などで見かけることがあると思いますが、
発展途上国の子供たちをサポートする団体です。
サポートの金額は様々で、サポートの形態も何種類かあります。
私達はチャイルドと呼ばれるひとりの子供を継続的にサポートしています。
私達の寄付したお金は、直接チャイルドに手渡されるのではなく、
チャイルドの住む地域の発展に使われます。
年に1度以上はチャイルドの写真と手紙が届きます。
それと詳しいチャイルドに関する報告書。
スポンサーは、お金の寄付とは別に、プレゼントや手紙で交流することが出来ます。
いつもは、プレゼントは50gまでときまってるのですが、
クリスマスプレゼントのキャンペーン中は、150gまでOKなのです。



このプレゼントを購入するときが、かなり悩みます。
私達のチャイルドはセネガルに住む8歳の女の子
実際、分化や風習も良く知らないのです。
日本の8歳の女の子が喜ぶ雑貨がいいのか、もっと日常生活で使えるものがいいのか。
軽くて量のあるほうがいいだろうけれど、せっかく150gまでいいので、
いつもは送れない重さがあるものが贈りたい!


悩んだ挙句、メモ帳、マジック、シールにしました。
これでギリギリ150g。
郵便局で正確に測って送りますが、多分OKかな?


うちの子供たちは、これを見つけちゃいましたが、チャイルドの物だと言うと、
特に欲しがりませんでした。
去年は自分にも買って!!と騒いだんですがね。
ちゃんと理解したのか、我慢したのか、興味がないのかは不明ですが。


彼女からは手紙を貰いますが、いつも代筆で、簡単な近況を伝えてくれています。
学校には通っているようですが、文字はまだ書けないとの事。
彼女直筆の文字が入った手紙が来る日を待ち望んでます。
きっと嬉しくて泣いちゃうかも。
コメント

オンの日

2007年10月16日 | 日々
今日は仕事がお休みの日。
休みの日にはぐーたらでゴロゴロ、そして鬱々としてることが多いんですが、
数ヶ月に一度ぐらい、自分スイッチがオンになることがあって、
今日は久々のオンの日でした。


朝も寝坊せずに、子供を起こして保育園へ。
その後、眼科にコンタクトを作りに行って、写真の現像を取りに行って、
家に帰って、風呂の内釜掃除と、電気の傘を掃除。
そして、思い立って下駄箱の大掃除。
天気もよかったので靴を全部虫干しして、革靴は磨いてみたりなんかして。
夏の間はサンダルで過ごすうちの子達の、本当に半年振りのお靴達。
お日様消毒で、少しはましかな?
こども達の靴のサイズを確認しつつ、小さいだろうと思われるものは処分。
長靴が小さいんだけれど、そもそも長靴なんて年に1~2回ぐらいしか履かないんで、
小さいままでもいいや、とそのまんま。
子供も大きくなるとTPOや服に合わせた靴が必要になってくるので、
否が応でもこの量ですよ。


天気がよくて気持ちい一日でした
来週も同じ量働くかというと、多分またぐうたらだな。
コメント

スポーツの秋

2007年10月14日 | 子供
ほとんどの人が通る道…ほとんどの親も通る道…。
それは、補助なし自転車の特訓!!

小学校に上がる前には、と思って今日はきくちゃん特訓です。
よたよたフラフラ、なかなか体がまっすぐに座れないので、
走り始めたらすぐ倒れちゃいます。
親がいくら口で説明しても、こればっかりは本人が感覚をつかまなければいけないので、
お互いに歯がゆいばかり。
きくちゃんは、途中で逆ギレ
10回に1回は、10mぐらい走れるようになった時点で、終了。
また日を改めて、再特訓しなくては。
だけど本人はもうすっかり、走れるつもり


ついでにやったほーちゃんは、親が手を離して1mぐらいすすんだんで、
すっかり走れるつもり


やれやれ、明日は筋肉痛だなあ…
コメント (4)

光村ライブラリー1

2007年10月12日 | 絵本
「光村ライブラリー1 花いっぱいになあれほか」


光村図書から出ているこの本。
光村図書といえば、そう、国語の教科書です。
このシリーズは、国語の教科書に掲載された名作を集めたものです。
この第1集は小学校1~2年生向け。
あの名作「チックとタック」が当時の挿絵のまま収録されています。


国語の教科書って、先生から読み方を習うものではあっても、
やっぱり魅力的な作品が多いですよね。
私は低学年のときのが印象に残ってるかなあ。
「くじらぐも」「スイミー」「くまのこウーフ」「そらいろのたね」「はなのみち」などなど。
ひとつの話を読解するなんて、幼稚園のときにはやったことがないこと。
しかも、ひとつの話を毎日のように眺めてたら、
そりゃまあ、記憶にも残るわけで。
残るからきっと名作だったのかなあ。
当時は「名作」だなんて思って読まないし、作者だってわかって読んでないし。


光村図書のHPをのぞいてみてください。
昔の教科書の内容が紹介されてますよ。
「ああ、そんな話、あったあった!」と懐かしく思います。
今見れば、作者もすばらしい面々です…。
私が学んだのはもう25年も前ですが、今の教科書にも掲載されてるものがあるそうです。
ちなみに私のハンドルネームは、小学6年生下巻の「ゆずり葉」という詩からとりました。





コメント (2)

ピッカピッカの1年生予備軍団

2007年10月07日 | 子供
今日は、あちらこちらで運動会が催されてるんじゃないでしょうか。
私たちが住んでいる地域の小学校でも、運動会があり、
来年新一年生になるきくちゃんに、徒競走のお誘いの葉書がきました。


小学校までの道を家族でテクテク歩きながら、
「来年は一人で歩くんだよ。ママはついて行かれんけんね」
という私の言葉に、真剣顔。


徒競走では、保育園の同級生も来てて、ちょっとしたお祭り騒ぎ。
そして、集合のアナウンス。
「来年の新一年生は164人です。」


164人!?
マンモス校と知ってはいましたが、
40人編成で5クラスですよね。
少子化のこのご時世に5クラスなんて・・・。
さすが、田舎の都会。


きくちゃんは私に似てかなりチビちゃんなので、
徒競走には負けちゃいましたが。
「小学校、楽しそうだね」という私の言葉に、
「うん!」と嬉しそう。
だけど、校舎の窓に1-2とかクラス名が張ってあったんですけれど、
「きくちゃんは、1年1組になるんでしょ?」
「わかんないよ。2組とか3組かもよ」
「なんで?1年生は1組でしょ?」
保育園のクラスが一学年一クラスしかないので、多クラスの意味が分からないようです。


何はともあれ、来年が楽しみだね、きくちゃん。
コメント

RKB様へ

2007年10月06日 | マニアな・・・
RKB様へ


お願いがあります。
今秋から放送の「ウルトラマンセブン X」を放送してください!
うちのほーちゃんは、右に出るものがないくらいの、ウルトラマンマニアです。
東京では今日から放送が始まるそうです。
九州では、熊本で唯一放送があるそうです。
ほーちゃんは「熊本の人いいなあ」と言います。
「熊本に引っ越したい」とも言ってます。
深夜でも早朝でもかまわないので、放送してください。


今日購入した「ウルトラパノラマファイト ラウンド2」のフィギュアが、
なんとシークレットでした。
セブンVSイカルスでした。
シークレットが当たってのは初めてだったので、
ほーちゃんは大喜びでした。


うちでは毎日ウルトラセブンXの話ばかりです。
遅れてでもいいので、放送してくださ~~~い!!
コメント   トラックバック (1)

ちいさなご褒美

2007年10月01日 | 子供
今日から10月です。
1日は月曜日です。
そう、今日から、きくちゃんのスイミング育成コースがスタートです。


保育園に送迎バスが行くし、昨年も同じようにしていた園児がいるので、
保育園側もわかっているのですが、それでも無事にたどり着いたか心配。
2時間も泳ぐので、ヘタってないか心配。
そして、帰りのバスに乗れるか心配・・・と心配だらけ。
家の前で降ろしてもらえるのですが、予定時間は7時40分。
気になって気になって15分も前から門のところで待ってました。
そしてバスが到着。
元気に降りてくるきくちゃんを見たとき、本当にほっとしました。


彼女の手には2粒の飴が。
「お友達になったお姉さんに貰ったの」
きくちゃんは保育園から直接行くので、お菓子などは持たせられませんが、
そうじゃない子は、やっぱりおなかも減るし、ちょこっと持ってきてるみたいですね。
そして、持ってない子に分けてあげる優しさがある子供たち。
それを食べずに大切に持って帰ってきたきくちゃん。
きっと、思い出の飴になることでしょう。
(ほーちゃんは、僕にくれない!と怒ってましたが、そう言うなよ・・・)



スイミングが上達するのも大事だし、体力が付くのも大切。
だけど、ひとつのことを一生懸命すること、長く続けること、
知らない人にも優しくできること、そういうことを学んでいってもらいたいです。
コメント (2)