金魚が4匹

2010年7月にボストンから日本へ帰国。でも、相変わらずな日々です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

絵本~おおきなかぶ

2007年01月31日 | 絵本
「おおきなかぶ」トルストイ/話 ニーアム・シャーキー/絵 中井貴惠/訳 、ブロンズ新社

有名な話ですが、中でも一番有名なのは、
A.トルストイ/再話 内田莉莎子/訳 佐藤忠良/画 、福音館書店
のやつだと思います。
小学校の教科書にも載ってたしね~。
でも、ここで紹介するのは、
「おおきなかぶ」のパロディ絵本です。


内容はほぼ一緒。
おじいさんが蒔いたかぶの種から、おおきなおおきなかぶができて、
一人では抜けなくて、おばあさんに加勢してもらって・・・。
で、この後、加勢に加わるのが、
おじいさんちの家畜たち。
しかも、1匹づつ増えていくんです。
1頭のちゃいろの牛、2匹のころりんぶた、3匹のクロネコ…
で、加勢を頼んで増えるたびに、
おじいさんと、おばあさんと、1頭のちゃいろの牛と、2匹のころりんぶたと・・・
と、一からすべて読みます。
読みまくりです。
勢いがないと、息も続きません。


でも、リズムもあり、子供たちは大喜び。
イラストもいいんですよ、これが!
1999年英国マザーグース賞を受賞してます。
銅版画をカラーにしたような、
乾いた感じのラインですが、
愛嬌たっぷりです。
画面いっぱいにおじいさんと家畜たちが、
表情豊かに描かれています。


そういや、この本のカブは黄色いんですけれど、
外国には黄色のカブがあるんですかね??

コメント

姫の疑問

2007年01月30日 | 子供
最近のきくちゃんのお言葉。

その①
テレビである人の人生を特集してたのがあって、
「バブル景気が・・・」のフレーズに、
「バブルケーキって?どんなケーキ?」
と、興味津々。

その②
「ママ~、あの車に書いてある字、なあに?」
みると、ひらがなの会社名の前に、(有)の文字が。
「あれは、有限会社ってことなんだよ~。」
「ユウゲンガイシャって?」


その③
やわらか戦車8の「株やりた~い」のフレーズに、
「株って?」
わかるように説明したかったけれど、
すればするだけ、ドツボにはまる感じ…。
途中からは、野菜の蕪と思ってたみたいです。
(売ったり買ったりなので)


私達が小さい頃は、難しい経済や社会のことは、
新聞が主な伝達法だった気がしますが、
今は、テレビがメイン。
言葉がなってし仕方がないきくちゃんですが、
①~③にまともに答えられない社会人の私って…
と、ちょっと反省
①と③はともかく、②はなんとなくしかわかりません。
いつかきくちゃんに、追い越されちゃうかもね。
コメント (2)

ユーカリパワー

2007年01月29日 | 日々
入浴剤ネタが続きますが。

今日は、バスソルトで咳、鼻水対応の「ユーカリ」を使ってみました。
パックをあけた瞬間、きくちゃんが、
「ビックスベポラップの匂いがする
本当に、そのものでした。
あれって、ユーカリの匂いだったんですね~。
毎年、冬場はきくちゃんは、ずーっと鼻づまりで苦しんでるんで、
今日のお風呂はご機嫌でした。


私が先にお風呂から出て、
ほーちゃんの体を拭いた後、
いつもだったらすぐに、きくちゃんが来るのに、来ない。
「きく~、なにやってんの?」
とお風呂場を覗くと、
お風呂の蓋を少し開けて、
顔を突っ込んでるきくちゃんが
「何やってんの
「いっぱい、スーハーしとくの。鼻がつまらないように」
名残惜しかったんでしょうね~。
早く、春が来るといいね。
コメント (4)

今日の素晴らしい出来事

2007年01月27日 | 「私」
今日は、夜に友人と会いました。
彼女は、仕事の同期。
今は第一線は離れてるけれど、
とっても尊敬している友人の一人です。
今は、遠く四国に住んでるんですけれど、
今日は佐賀に別件で来てて、声をかけてくれました

彼女と一緒の職場だったのは、最初の1年間だけ。
あとは、職場が移ったり、わたしが出産したりで、
どうしても疎遠になりがちだったんですけれど、
話をすると、話すこともいろいろありますね。
やっぱり同期の人って、大事だなあと思います。
これが、ひとつ上でもひとつ下でも駄目なんですよ。
同期だからこそ言える事も沢山あります。
また、彼女はとても美人で賢くて
話してても学ぶことが多いのです。
彼女のようになりたいなあ、と
本当にそう思える素敵な人です。
そういう人が自分の周りにいるということは、
幸せなことなんだと思います。
だって、その人達から学べば、
自分だって向上するって事でしょう?
いや、それが難しいんですけれどね

あんまり素敵な人と接すると、
自分の未熟さに、すんごく落ち込むことも多いけれど、
今日はそれを越えて、
彼女みたいな人を友人に持てる幸せを感じてしまいました。


また会う日を約束して別れました。
その日までに、もうちょっと自分を磨くか~
コメント (2)

宙の家

2007年01月25日 | 
「宙の家(ソラノイエ)」  大島真寿美


ミステリーや、恋愛小説ってわけじゃなくて、
主人公の人生のうちの、ワンシーンが切り取られた、
青春小説?ジャンルはよく分かりません。


単身赴任の父、働いてる母と姉と弟と祖母という、うちの似た家族構成だったので、
気になって購入。
違うのは、うちは祖母じゃなくて祖父というところ。
「宙の家」と続編の「空気」の2作が入っています。


「宙の家」は処女作とのことですが、
ちょっと肩肘を張ってしまって、小細工しすぎた感じがあります。
読みづらかった・・・。
折角設定も面白いから、
登場人物の、やわらかい感情がもっと書けてたらいいのに、と残念。
一方「空気」はまずまず面白かったです。
多分著者も肩の力が抜けたんだろうなあと思います。
守るものはそう多くなく、自分の周りの大きな変化さえ他人事のような、
そんな部分が、日常の言葉で書かれてます。


私はこのテの小説は苦手です。
何かしら出来事があるにせよ、
日常を書いたものを読むと、
考えまいと自分の中で蓋をしていたのもが
ザワザワ騒ぎ出すから。
日頃は忘れ去っているモノを思い出してしまって、
悶絶します。
ちゃんと、考えて処理すりゃいいのに、
蠢くそれに無理やり蓋をしてしまって。
ミステリー小説のような大きな出来事はなくても、
どんな普通の日常の中でも、始めと感情と結末があることに、改めて気づきます。


今週は読書ウィークですね~。
きっとそろそろ、疲れて打ち止めかな。ははは。
コメント (2)

絵本~スイミー

2007年01月24日 | 絵本
「スイミー ちいさなかしこいさかなのはなし」
         レオ・レオニ/作 谷川俊太郎/訳

これはもう、絵本というより児童文学かなあ。
新しいイラストで再発行されてるようですけれど、
私が購入したのは、1979年刊のもの。
たぶん、一番有名なやつです。


「スイミー」は私の小学校1年生の国語の教科書に載っていました。
教育熱心だった母に、
丸暗記しろと言われて、暗唱していた思い出が…。
今改めて見ると、絵はとても古く、ちょっと小汚くさえあるんだけれど、
逆に想像力がかきたてられます。
最後の結末しか覚えていなかったけれど、
読んで見ると、そういやこんな話だった!と思い出しました。
「ゼリーのようなくらげ」に、7歳の私はドキドキしてたなあ。
どんなクラゲなんだろうって。
そんな綺麗なクラゲがいる海の中って、
どんなに素敵だろうって。


最近の絵本は、色彩も綺麗で、細部にわたって描いてあるものがおおいけれど、
「スイミー」のように、あまり描かない方が、
のめり込んで読めるのかもしれませんね。


きくちゃんは最後のシーン(スイミーが魚の目の役割をする)で、
「へえ~」と感嘆の声を上げてました。
短くわかりやすい文章なので、訴えたいことも
ダイレクトにつたわるんでしょうね。


名作は何年たっても名作です。
コメント (2)

となり町戦争

2007年01月23日 | 
「となり町戦争」 三崎亜紀

福岡県生まれ熊本大学出身の男性です。
程よい厚さと、非日常と日常が交叉するタイトルに魅かれて購入しました。
小説すばる新人賞受賞作品です。

主人公の住む町がとなり町と戦争を行うことなったけれど、
戦死者が増え続けるんですけれど、
主人公はまったく戦争の気配を感じることができず・・・。
という内容。
一見ミステリーにも思えるのですが、
ミステリーではありません。


設定はとても不安定な感じがするんだけれど、
それが著者が訴えたいところを強調する効果となっています。
また、タイトルも素晴らしいなと思いました。
曖昧かつ身近な「となり町」と「戦争」。
これが、「となりの国」と「森林伐採」だっていいんです。
平和な私達の日常に本当はひそんでいるものを、
みごとに書き上げています。


文庫版には最後に書き下ろしの「別章」が入ってますが、
この別章が更に作品の完成度を上げています。
読みやすく、分かりやすい、ストレートな1冊でした。


この作品も映画化されるようですが、
無理があるような・・・。
映像としては動と静があり、申し分ないんですけれど、
セリフは少なく、主人公の内面的な部分が多く、
それも、モノローグや情景で表してることが多いので・・・。
それを表現できるかにかかってると思います。


読み終えた後に考えさせられる、いい本でした。
コメント (2)

神様からひと言

2007年01月22日 | 
「神様からひと言」  萩原 浩

最近、ついつい映像化原作を手にとってしまってますが、
情景が分かりやすいからですかね。

この小説はジャンルは何だろう。
痛快サラリーマンコメディとでもいうのかな?
漫画の原作にしてもいいような、コメディタッチのお話でした。
昨年末、WOWWOWでドラマ化されたようです。


仕事もプライベートもうまく行ってない主人公が、
再就職先でトラブルを起こし、
お客様相談室という、客からの苦情を受け付ける部署に配置されて・・・という
サラリーマンもの。
私は、会社勤めをしたことがないので、
組織図というものがいまいち分かってなかったのですが、
それでも楽しめます。
自分とは、社員とは、会社とは・・・と
社会でのありかたを考えさせられる1冊です。
多分、会社のやり方や、上司との関係でイライラしてる人には、
溜飲が下がる思いができます。
会社って、大きくても結構もろかったり、
お偉いさんもただの人だったり、
本当はごった煮ようなところなんでしょうね。

文章も簡潔で分かりやすく、
人物の書き込みは荒いけれど、
ノリからすると、このくらいでいいんだろうなあと思います。
厚さの割には短時間で読めます。


この本を読んだ後、お客様相談室(コールセンター)に、
電話をかけてみたくなっちゃいますよ、きっとね。
コメント (2)

ポカポカお風呂

2007年01月21日 | 日々
入浴剤って、ごねる子供をお風呂に誘う手段でもあります。
最近購入したのが、
カサカサお肌用の入浴剤。
普通のボトルのものもあったけれど、
その横に、お菓子のケースのような箱が。
中には三種類の香りの入浴剤がはいってました。
パッケージも可愛かったけれど、
香りが、「りんご」「もも」「いちご」でミルキー。
大きなボトルは毎日同じ匂いなので、
違うほうが、楽しいなあと思って購入しました。
一番よかったのは、りんご
すんごく、いい香り~
きくちゃんが、「飲んじゃいたい~」と言うのも分かる。
「飲むなよ」と念を押しましたが。
(きくちゃんなら飲みかねない・・・前科ありなので


今日は子供たちはパパとお風呂
入浴剤は入れ忘れてたみたいなので、
私専用にこっそり買った
バスソルトを使用してみました。
どんなメーカーがいいのか分からなかったので、
とりあえず、近くのドラッグストアにおいてあった
外国製のものを購入したのですが、
これも、いろんな種類が1回分づつはいってるのです。
今日は、「ヘイフラワー」というものを使用。
溶けるのに時間がちょっとかかりましたが、
香りもほのかで、お風呂上りはなんだかいつもよりポカポカ
結構いいかも~と満足満足


だけど、なんでわざわざ着色をつけるんでしょうかね?
借家のユニットバスなんで、
色移りしないか毎回ドキドキだし、
直接肌に触れるので、
無色でもいいのになあとと思ってます。


実は有名な六一〇ハップを購入しようと考えたんですが、
残り湯が洗濯に使えないようなので、
断念
昔からあるものは、やっぱりいいから今も残ってるので、
ほーちゃんのアトピーにいいかなあと思ったのですが。


しばらく、入浴剤ライフは続きそうです。
コメント (2)

ハッピースイーツ☆

2007年01月20日 | 日々
私は宝くじも買わないし、積極的に懸賞に応募したりもしません。
ただ、通販はよくしてるので、
私がとてもよく利用している通販会社のキャンペーンに、何気に応募してみたら・・・。


当たりました
3か月連続で厳選スイーツが送られてくるコースに

そして今日、その第1弾が送られてきました


モンブラン6個。
ここの通販会社の人気商品で、
毎月全国の名店のモンブランが送られてくるという商品の、
ひとつき分でした。
なんと石川県のケーキ屋さんのモンブラン。
冷凍だったので、冷蔵庫で解凍して
早速いただきました~


もちろんおいしかったんですけれど、
それは、きっと当たったからなんだと思います・・・
一番下のベースが結構ほろ苦いコーヒーのムースだったのは、
とても新鮮でした

それにしても、昔はケーキなんか何個でもぺろりといけてたのに、
半分で満足だなんて、
年だからですかね?
もちろん、残りは明日また食べますけど。


あと、ホールのチーズケーキとチョコレートケーキがくる予定
嬉しいなったら嬉しいな
体重のことは知らないなっ
コメント (2)

おおむねよし!

2007年01月19日 | 日々
皆さんの家庭のガス代ってどのくらいですか?
電気代や水道代と比べて、ガス代って結構高いですよね。
特にプロパンは!


冬場はガス代が高くなるのは仕方ないのですが、
この冬は母入院中のため、父がいて、
週末に母が外泊で来るので、結構、ガス代が・・・きてます。
特に年寄りは~熱いお風呂がお好みなようで~。


で、先月のガス代の通知がきたんですけれど。


11,111円


初めての1万円越えでしたが、
縁起がよさそうなので、おおむねよし!です。
コメント (2)

久しぶりの風邪

2007年01月18日 | 日々
ブログが滞ってますが~、
久しぶりに風邪をひきました
といっても、鼻づまりだけなんですけれど。


ありがたいことに、私は健康体で、
鼻づまりさえ、一年に1、2回しかないんですよね。
だから、鼻づまりでさえ、とても辛いのです~
薬は、私の睡魔のツボにドンピシャにはまるし、
口呼吸は辛いし~。
花粉症じゃなくってよかった~と思いましたね。


で、子供がよく使ってる、
鼻づまりのとき、胸に塗る、例の市販薬を使ってみたのですが、
鼻づまりで口呼吸だから、
あのメンソールが、喉に直撃
ヒリヒリします
自分が使ってみないと分からないものですね。


風邪のほうはぼちぼち治ってきてます。
きくちゃんとほーちゃんにうつしちゃって、
うつした分だけ、治りました。
ええ、鬼母です・・・
コメント (4)

絵本~ジャイアントジャムサンド

2007年01月17日 | 絵本
「ジャイアントジャムサンド」ジョン・ヴァーノン・ロード/ぶん・え 安西徹雄/やく


2年ほど前に購入した本ですが、
今でもうちの子供たちがだいすきな1冊です。
1978年刊とは思えないところがまた、すばらしい!

とある村に400万匹のハチの大群がやってきて、
村人達は、ハチ追い出そうと四苦八苦。
で、みんなで話し合って決めた方法が、ジャイアントジャムサンドを作ること!
とにかく、スケールが大きいのです。
イラストは、いかにも外国の方が描いたって感じですが、
日本人らしい絵本が多い我が家の本棚では、
いつ見ても新鮮に映ります。
そうそう。ハチに追われている3人組が、
各ページどこかにいるので、それも見つけるのも一興です。

また、訳が素晴らしい
5・7・5に通じるリズムのよさは、
読んでるほうも楽しくなってきちゃいます
このリズムのよさは、「しずくのぼうけん」に近いかな。


なんとなく面白そうで、生協で購入したんですけれど、
これは、アタリです。


昨日、なにげに、絵本の冊数を数えてみたら、
ウルトラマンや、プリキュアも含めてだけれど、
170冊超えてました
われながらびっくり
毎週1冊は紹介できたらいいなあと思います。
それともいっそ、絵本ブログにしてしまうか?
コメント (2)

2007年01月12日 | 
「大人の嘘のたしなみ」 白川道

私はビジネスブックというか、ハウトゥー本というか、
小説以外の本はめったに読みません。
でも、「大人」と「嘘」の関係が気になって読んでみました。
著者はかなり波乱万丈な人生を歩んだ方で、
今は小説家ということですが。
え~と、本はたいした内容じゃありませんでした。
自分が生きてきた中で、「嘘」が絡むところを
ピックアップしたような、ちょっと自慢にも思えるような内容。
(あまりに波乱万丈で、私の現実とかけ離れてるからそう感じるのかも)
文章も稚拙だし。


でも、「嘘」についてはちょっと考えさせられました。
人間はたった一人だと、嘘をつく必要はないけれど、
自分以外の他人との関係がある以上、
必ず嘘はつきます。
自分はそうは思ってなくても、相手に合わせるために賛同したり、
むかついてるのに笑顔だったり。
著者も書いてますが、「嘘は潤滑油」だと私も思います。
そりゃ、正直に言っちゃえば、そのときは楽だろうなあと思う。
でも、私にはその後の人間関係を考えると、
逆に苦しくて、自分の気持ちに多少反しても、
相手に合わせちゃいます。
でも、それを突き通すことは難しいんだよね。
いつかはきっとばれる。
「ひとつの嘘を突き通すには、いくつもの嘘を重ねなきゃいけない」
そこまでは勇気ないしね。
だと、中途半端で不誠実に感じられるときもあるかもなあ。
でもそこで、人間関係の取捨が生まれるような。
難しいなあ。


職場の人に(酒の席ではあるが)「愛想がいいよね」といわれたんですが、
それって、褒め言葉・・・?
愛想がいいというのは、誰にでも合わせてるということ、
自分の意見がないということのように聞こえました。
誰にでも合わせるということは、自分に嘘をつき続けてるということ。
このままでいいのか・・・?


この本では答えは出ませんでしたが、
たぶん、これからも私はこのままのような気がします。
誰かいい本があったら、教えてください。
コメント (4)

年始大掃除

2007年01月09日 | 日々
毎月通販でたのんでいるお掃除セットが、
今年初めて届きました~。


で、年末大掃除ならぬ、年始大掃除
換気扇フィルター、排水溝掃除、風呂釜掃除、トイレ掃除、洗濯槽掃除なんだけれど、
いつもは、それぞれ別の日にやるのですが、
今日はまとめて、やっつけ仕事にしてみました。
手順は分かってるので、順調に進んでたのですが・・・。
何気に分解してみた、洗濯機の洗剤投入口。


すんごい、カビだらけでした・・・・


見なきゃ気づかなかったんだろうけれど、
見ちゃったものは、見なかったことには出来ない。
洗濯の水は必ずここを通るので、
ほっとくわけにもいかないんだよう・・・


カビキラーでやっちゃうと、洗い流した水が、
すべて洗濯槽に流れちゃうから、それは避けたかったので、
濃く溶いた洗濯洗剤で、こすり洗いしました。
汚れはスムーズに取れたので、一安心。
カビだらけの排水が洗濯槽に入ったので、
そのまま、洗濯槽クリーナーを投入して、槽洗浄しました。


洗濯機を購入したのは、1年半前。
洗濯槽は毎月洗ってたけれど、洗剤投入口は見落としてた・・・。
私はチビなので、そもそも、洗濯投入口の底はよく見えなかったし・・・。
いいわけです。はい
 でも、見えないのは本当です。そもそも、洗濯槽の底の洗濯物は
 爪先立ちにならないと取れない・・・。ななめドラム式なのに・・・)


見えないところもちゃんとするのが、本当の掃除なんでしょうね。
分かっちゃいても、見えないから気づかないから、
私みたいな人間のために、
大掃除ってものがあるんでしょうね
コメント (2)