金魚が4匹

2010年7月にボストンから日本へ帰国。でも、相変わらずな日々です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大渓谷の旅~Bryce Canyon国立公園

2010年04月27日 | アメリカ大渓谷の旅
今日は朝8時前に出発して、Bryce Canyon国立公園へ行きました。


ここはとても特徴的な岩の柱(hoodoo)が林立しています。
厳密に言えば、川の浸食によってできていないので、Canyonではありません。
1875年に開拓者Bryceさんという方がこの近所にやってきました。
このBryceさん、とても技術力があり地元の方がよく訪れてたので、
そのうちBryceさんちに行く時、「Bryceに行く」という表現をするようになって、
この名がついたそうです。
なので、このCyanonとはあまり関係がないそうです。
ちなみにBryceさんは、この地の開拓が終わったらすぐに別の土地に移動しました。

それはさておき、眺めは本当にすばらしい!!

どっちかというとインドの山奥のような、そんな感じです。
ひとつひとつが仏様にみえちゃいます。
なんだかありがたい光景でした。


地層もくっきり見えます。

リスがいました。

人が餌をやってるのかとても人懐っこくって、
私達の周りをチョロチョロ。

ガイドさんに教えてくれた、ポンデロッサという松の木。

木の皮が赤っぽくってすぐにわかります。
この松の皮、あま~いバニラのにおいがするんです。
みんなでクンクン、幸せ~♪

このBryce Canyonも侵食を続けています。
柵の足元を見ると、50センチほど崖側に、以前の柵の柱がありました。


野生のプレーリードックを発見!

ちゃんと立ってました♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 大渓谷の旅~Zion国立公園 | トップ | 大渓谷の旅~Red Canyon と... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ナツコ)
2010-05-03 10:32:42
あっという間にたくさんの記事が!
もー、どこにコメント書いていいか迷っちゃうよ~。

Bryce Canyonは、子供たちも私も、もう一度行きたい場所No.1です。
とっても神秘的だよね。
「ありがたい」って表現がハマるかも!
Unknown (ゆずり葉)
2010-05-04 00:34:13
>ナツコさん

つ、疲れたよ…記事書くの。
コメントは適当にどうぞ。

私もBryceが一番お気に入りだった。
もう一度いくなら、アンテロープかBryce…
Bryceかな?

コメントを投稿

アメリカ大渓谷の旅」カテゴリの最新記事