金魚が4匹

2010年7月にボストンから日本へ帰国。でも、相変わらずな日々です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大渓谷の旅~Antelope Canyon

2010年04月27日 | アメリカ大渓谷の旅
Hoeseshoe Bendの次は、私が今回最も楽しみにしていた、Antelope(アンテロープ) Canyonです。
このキャニオンはとっても狭く、光の差し込み方が幻想的なので、
写真家達にとても人気のあるスポットです。

地元のツアー会社の車に乗り換えて、川底を走ること15分、
アンテロープの入り口に到着しました。

写真中央の縦に細く影になってるところが、入り口です。
手前下の砂地が川底。
川の上流で雨が降ると川となりますが、
アンテロープの中はとても狭いので、鉄砲水となり、犠牲者もでてるとのこと。
このアンテロープも、最近になって知られました。
家畜を追ってきたインディアンの少女が見つけ、
そのあとフランス人写真家によって有名になったところです。

中はこんな感じです。

これこそまさしく自然の美ですね。
どんな彫刻家にも作れないような、素晴らしい曲線の連続。
長さは100メートルほどです。

撮った写真をご紹介。

普通に撮っただけで、こんな感じです。


表面の模様重視で。
これはガイドさんが撮ってくれました。


これは上を見上げたところ。
次に行くモニュメントバレーというところのサンセットのような写真が撮れるよ、と、
ガイドさんが教えてくれたポイントで、撮影もガイドさんです。


写真マニアの人が本当に多くって、
砂を壁にかけてサラサラ流れる様子を、シャッタースピードを遅くして撮影してたりするので、
行かれる方は、写真を撮ってる方に注意してくださいね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 大渓谷の旅~Horseshoe Bend | トップ | 大渓谷の旅~Monument Valley »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ナツコ)
2010-05-03 10:43:02
これは本当に美しいね。神秘的だ☆
子供たちに見せたかったなぁ。
本当に綺麗だなぁ。
最後の写真なんて、めっちゃ不思議。
赤い岩のせいで、空が赤く見えるの?

アメリカって本当に広いよね。
まだ知られていない場所もたくさんあるんだろうな。
冒険に出かけなくちゃ(笑)
Unknown (ゆずり葉)
2010-05-04 00:38:38
>ナツコさん

最後の写真は、自分でも撮ったんだけれど、
なんでこういう写真になるのか、思い出せないんだよね…。
これは、空が見えてるんじゃなくて、
スッパリ切れた感じになってる岩の下の面が、
光の影響で萌えるようなオレンジになってるんじゃないかと…。
本当の空も見えるけれど、普通に空です。

きっとまだ発見されてないどこかがあるよね!
こーくんに見つけてもらおうっかな。
Unknown (misae)
2010-05-08 21:15:16
今ちょうど、世界不思議発見で、
おんなじ風景がでてるんだよーー
きくちゃんちのブログでみたなあと
思ってさあ。
すごい光景だね!!
Unknown (ゆずり葉)
2010-05-09 11:02:33
>misaeさん

コメントありがと~。
まさしく「世界不思議発見」って感じだったよ。

帰国後は、所沢に住むことになりました。
帰国したら、遊んでね!

コメントを投稿

アメリカ大渓谷の旅」カテゴリの最新記事