金魚が4匹

2010年7月にボストンから日本へ帰国。でも、相変わらずな日々です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

飯能すいーとん

2011年11月03日 | お外へGo
11月3日文化の日。
我が家は食の文化ってことで、B級グルメを食べに行きました。

飯能市に、「飯能すいーとん」なるものがあるということがあることは知ってて、
その形状からも、どんなものなのかがずっと気になってました。
子供が夏休みに貰ってきた埼玉県のガイド冊子を引っ張り出して、
早速行ってみました。

今回行ったのは、「そば処 せいたろう」というところです。

飯能すいーとんと、韃靼そばのセットです。
左のお椀がすいーとんです。


こぶし大の団子に野菜たっぷりの餡がかかってます。
このすいーとんを割ってみたら…海老、栗、鶏肉(おそらく鴨)と具だくさん。
多分、団子の中身はお店で違うと思います。
野菜たっぷりの餡に、大きなお団子。
これ一つでお腹満足♪です。
韃靼そばもコシとてもあって、本当に美味しかった!


西武鉄道のスタンプラリーのチラシについてたクーポンを渡したら、
揚げそば饅頭がもらえました。

お饅頭も美味しいのですが、揚げたてであんこもホクホク♪


B級グルメにもいろいろあると思いますが、
この飯能すいーとんは、ヘルシーではNo.1じゃないかと思いました。
また食べたい!!って思いました^^


飯能すいーとん(飯能商工会議所)

コメント (1)

レクリエーションウォーク in 狭山

2011年05月15日 | お外へGo
地元のフリーペーパーで、こんなイベントを発見しました。

「狭山市Recウォーク2011」

狭山市をミッションをこなしつつ歩いて散策しようというイベントです。
狭山市駅西口近くの七夕通り商店街でのイベントです。
事前申し込みが必要ってことでしたが、当日参加もOKでした。
小さなイベントかと思いきや…

凄くたくさんの人でした!
地元出身の国会議員や、狭山市の歌を歌ってるストリートミュージシャンもきてました。

歩くコースは3コース。
私達はビギナーの3キロ弱のコースにしました。
商店街周辺を歩くコースです。
ひとチーム2~4人で、1分おきに2チームずつスタートします。
与えられるのは、コマ地図という写真だけの地図と、クイズの問題と答えの用紙です。
道の途中にあるクイズに答えて、その答えの点数とゴールまでの時間を点数にして、
順位を決めます。

サクサク歩けばいいのでしょうが、途中にハニートラップが^^;
カキ氷に焼き団子…食べてたらなかなかゴールできません~。


お寺でのクイズ。
説明を読んで答えを探します。
小学生も高学年じゃないと、ちょっと難しいかな。


無事ゴールすると、「完歩証」がもらえました。
左のが、コマ地図です。
ルートを目線の高さで撮った写真だけが並べてあります。
この写真と実際のルートを見比べながら、曲がるところやクイズの場所を見つけます。


順位にはいるのは無理でしたが、閉会式後の大抽選会で、
うちの家族は、チョコレートの詰め合わせが当たりました。
うふふ~。
来年はファミリー向けのBコースで参加したいなと思います。
コメント

五大尊つつじ公園

2011年05月08日 | お外へGo
GWも最終日。
夫はもちろんとりあえず仕事へ。
昼ごろ夫から電話があって「仕事終わりそう。どこか行きたいからどこか探して~」
そんな急に言われても~と思ったのですが、
ボストンで鍛えた?レジャー探し能力は案外衰えておらず、こんな素敵なところを見つけました。

越生というところにある五大尊つつじ公園です。

小高い丘がまるごとツツジで覆われています。
ちょうど見ごろでした。


そこそこの山道を歩きます。
ツツジだけの世界は、圧巻です。

ツツジの谷。


ちょっと高台から見下ろしたところ。

ツツジって赤系がメインの花ですが、赤も紫っぽいものから朱色まで、本当にさまざまだなと思いました。
ツツジの名前はあまり表示されてないので、ツツジの本を持って行くと楽しいかもしれません。


出入り口には藤の花。

うちの子供らが出店で売ってた「きゅうりの浅漬け」をボリボリ食べてます。


今年の春は花の群れを良く見たなと思います。
梅、サクラ、ツツジ、藤。あとイチゴもかな^^
GWも終わり、春ももう終わりですね。
コメント

イチゴ狩り

2011年05月05日 | お外へGo
夫の実家に帰りました。
夫の実家のある栃木はイチゴで有名です。
GWに帰省したときはいつも、イチゴ狩りに行ってます。
うちの行きつけのイチゴ狩り農園は、JAはが野観光いちご団地です。
ここにはイチゴのビニールハウスが100ぐらいあって、
特に予約もなく、時間無制限食べ放題が楽しめます。
料金は時期によって違いますが、今日は3歳以上1000円でした。


はいもう、お好きにどうぞーって感じです。


イチゴの花はかわいいですね。


今年は震災の影響であまりお客さんが来なかったそうです。
そのためか、イチゴも丸々と巨大なものが多く、中には鶏卵大のものも。

味も甘くって最高です。


でも毎回思うんですが、イチゴ狩りってどんなに食べ放題でも15分でお腹いっぱい。
すぐお腹がタポンタポンになります。


帰りに朝日屋本店というお菓子屋さんによりました。
ここは、きんとんまんじゅうで有名なんですって。
きんとんまんじゅうはお持ち帰りで、それとは別におやつとして「揚げまんじゅう あげたん」を購入しました。



揚げてあるわけですが、本当に皮がカリッカリで美味しかったです。


お口の中があま~い一日でした♪


JAはが野

朝日屋本店
コメント (2)

諏訪大社上社 本宮

2011年04月30日 | お外へGo
帰りに諏訪市によって、諏訪大社上社の本宮に行きました。


鳥居。


本宮。
結構色んな宮があって、説明書きもきちんとしてあるのでじっくり見てまわる事ができます。

本宮の横にあった勅願殿。

本宮では大きな願い事を。
ここでは個人的な願い事をするんですって。

諏訪大社といえば、御柱祭。
ここ諏訪大社上社本宮には4本の御柱が立ってます。

参拝者が立ち入れない神域かな?の奥深くに立つ御柱もあれば、


参道近くに立つ御柱もあります。


巨大な太鼓。
写真では分かりにくいですが、直径2メートルぐらいはあるんじゃないかな。



長野出身の力士雷電の像。


奉納相撲があるようで、土俵がありました。

ぐるっと見てまわって小1時間ぐらいです。
駐車場も無料でした。
私はパワースポットとか全くわからない人ですが、
こういう場所にいると、気持ちいい気がしますね。
コメント

自然派レジャー

2011年04月29日 | お外へGo
私の親戚に誘われて、親戚の知人が持ってる山小屋に1泊で遊びに行きました。
長野県の小さな小さな村の更に山の中にあり、途中からカーナビ上では道がありません。
水道と電気は通ってますがガスは通ってなく、テレビもパソコンもありません。

ガスがないので、煮炊きは外の竃でします。
まずは薪拾いからはじまります。
大きな釜にお湯を沸かして、まずはお味噌汁。

ほーちゃん、まぜまぜ。

叔父がここでいつも燻製を作ってます。

これはハムです。
燻製するまえにさらしで巻いて干します。
ベーコンはさらしには巻かず干しました。

燻製機の上部の方です。

網の上に魚の干物、チーズが置いてあります。
この下にベーコンやハムがぶらぶらしてて、その下に燃したサクラチップを入れます。



秋刀魚も炭火焼♪



屋根に乗って遊んだり、



薪拾いの時に、きのこを見つけたり。
(食べませんけど)
奥に見えてるのがハンモックです。
手前の鉄のヤカンはコーヒー用のものです。
もちろん竃でお湯を沸かします。



ハムの向こうでバドミントン。
あと野球をしたり、手作りダーツで遊んだり。
竹ひごとタコ糸で作った弓矢で遊んだり。
ハンモックでゆらゆらお昼寝したり。



出来上がったベーコンをいただきました。


夜は囲炉裏に火を入れて暖をとりました。
朝は野生の鹿が家の周りに降りてきてました。
今回、写真をあまり撮ってなかったので残念。


時計はあるのですが、ほとんど見ることもなく、
体内時計で過ごした2日間。
きくちゃんは竃の火の管理が上手になりました。
ほーちゃんは初めて野球とバドミントンをしました。
普通だったらできない体験をたくさんした、野生的な2日間でした。
コメント (4)

青梅の梅まつり

2011年02月27日 | お外へGo
一気に春が来たような突然の陽気。
この時期、春といったら…やっぱり梅かな?
ガイドブックを眺めてたら、青梅市で有名な梅林があるようなので、
そちらに行ってみました。

「梅の公園」

(帰りに撮った写真なので、逆光…)
入場料金は大人200円、子供無料です。

梅の花自体はまだこれからってところでしたが、
日当たりのいい梅は満開でした。




梅の花の名前も木につるしてあるし、名前の由来も書いてあるので、
のんびり散策にはもってこいです。
ただ、かなり起伏が激しいので、足腰が弱い方はちょっと大変かも。


梅まつりはこれからが本番です。
あと2週間ぐらいしたら満開かな?
吉野梅郷 梅まつり
駐車場は周辺の民間駐車場を利用しました。
私達が利用したところは800円でした。
コメント (3)

アメリカ発見 in 川越

2011年02月20日 | お外へGo
夫がどーーーーしても、「バーガーキングのハンバーガーが食べたい!」というので、店舗を探したら、
うちから車で30分の川越という街にあることが分かりました。
アメリカではマクドナルドよりバーガーキング派でした。


で、バーガーキングで食事して川越の駅前商店街をブラブラ。
まっすぐな商店街がかなり長い距離で続いてて、
見てるだけでも結構楽しかったです。
途中、「コーヒーを飲みながらお店をのぞいてみませんか~」の声。
コーヒーの無料配布があってました。
それにつられてお店に入ったら…コーヒーがメインの輸入食品のお店でした。
んで、思わず懐かしくなって、ドカ買い。


青い瓶はアメリカではもっともメジャーなピーナツバターです。
これは、ピーナツが粒々になってるタイプ。
きくちゃんはガム、ほーちゃんはキャンディが入ってる一番大きな箱。
夫はTimTam…これはオーストラリアのお菓子ですね。
私がアメリカでよく飲んでたハーブティのシリーズもあったり、
料理の方の食材もあったりして、見てるだけでも楽しかったです。
お値段はちょうどアメリカの倍ぐらいでした。
でも高いものだと6倍近い値段がしてました。


明日の朝ごはんはChunkyだぜ♪

CALDI COFFEE FARM
実はめっちゃめちゃ店舗の多いチェーン店だったのですね!
初めて知りました。
今度はコーヒーを買ってみようっと。

コメント (8)

茨城の旅 2日目

2011年01月10日 | お外へGo
旅行2日目。

雲があったので、水平線から出る朝日は見られませんでしたが、
綺麗な朝焼けでした。

まずは、大洗にあるこちらへ。


かねふくの「めんたいパーク」です。
ここは、かねふくの明太子工場で、製造過程の見学をすることができて、
直売所ではお手ごろ価格で明太子を購入できます。
福岡のかねふくの工場が、茨城にあるというのも、不思議…。


多分、たらこの重量で、仕分けしてるところです。
工場見学通路には、スケトウダラの漁の説明が、ビデオや図で分かりやすく展示してあります。
そして、こちらの直売所内には、無料の飲み物自動販売機があります!
大手メーカーのジュースやコーヒーなどが、飲み放題…
明太子の試食もあって、なかなか楽しいです。

次は、大洗から北上して、北茨城市へ。
ここ北茨城市の五浦に、岡倉天心が住んでました。

岡倉天心のお墓。
(正確には、分骨した墓のようです)
岡倉天心はボストンにも住み、ボストン美術館の東洋部長として、仕事をしました。
私達も、ボストンに住んでました。
ボストン美術館も行きましたよ。


お墓の近くには、天心が自ら設計し、思案する場所とした、六角堂という建物が残ってます。
近くの五浦公園から臨んだ六角堂です。

左端の赤い建物がそれです。


帰る頃にはすっかり日も暮れてました。

スカイツリー発見。(高速道路移動中でピンボケですが)

目の前には富士山。

こちらに越して来て、はじめて富士山を見ました。
ビル街じゃなかったら、けっこうみえるようです。


はじめての茨城の旅は、なかなか充実してました。
また行こうっと。

めんたいパーク
コメント

茨城の旅 1日目~大洗

2011年01月09日 | お外へGo
水戸を後にして、次は今日の宿泊の地、大洗へ。
水戸からは車で1時間弱です。

まずはここ。
大洗マリンタワー。

地上60メートルの展望台と、展望カフェテリアがあります。

展望台からみた港。

フェリーです。
苫小牧行きなんですって。
なのでこのマリンタワー1階のお土産やさんには、
北海道のお菓子が売ってあります。


そしてホテルへ。
今日は大洗ホテルに宿泊です。
このホテルでは、夫が今回のたびの目的のあるイベントが行われてるのです。
それは…

アンコウの吊るし切りショー。

ここあたりでは、アンコウは大きいので、このようにして吊るしてきる習慣とのこと。
このホテルでは冬季は毎日!このアンコウの吊るし切りショーがあってます。
本日1734回目でした。
横にある看板は、アンコウの七つ道具といわれる、美味しい部位です。
ショーでは、板前さんがひとつひとつ説明しながら順番に切っていきました。
(ショーの写真も撮りましたが、見た目にグロいところもあるので今回は載せませんね。
私は平気ですが、NGの方もいるかと思いますので。)

ショーの後は夕食です。

海の幸てんこもりです。
肉はありませんでした。


これは、うどんです。
ホテルオリジナルとのことですが、お品書きには、
水戸黄門が自ら打って振舞ったといわれるおうどんとのことです。
平たくって幅広い麺でした。
納豆が乗ってます。

そしてもちろん。

アンコウ鍋♪


ホテルの部屋がオーシャンビューでした。

久しぶりに見たなあ、太平洋。
明日はここから朝日が拝める予定です。

大洗マリンタワー
大洗ホテル
コメント (4)

茨城の旅 1日目~水戸

2011年01月09日 | お外へGo
子供たちは連休明けから学校が始まります。
夫は年末年始もずっと仕事、ようやく連休に冬休みが取れました。
こちらに来て半年、ドライブ狂の我が家にしては、
あまり出歩かない日々でしたが、
今回思い切ってお泊り旅行に行きました。
行き先は、まだ我が家にとっては未開の土地、茨城です。


下りの常磐自動車道の守谷SAでちょっと腹ごしらえ。

ご当地B級グルメがブームですが、
これはスープ焼きソバというもの。
カレー味とトマト味があって、これはカレー味です。
チーズとパセリが振りかけてあります。
お値段700円ぐらい。
結構美味しかったです。
(でも、わたし的にはご当地グルメというのは昔から食べられてるものであって、
ブームに乗った新たなメニューは、ご当地グルメではないのですが…)

まず最初は水戸を訪れました。
水戸といえば、納豆、黄門様、そして偕楽園。
偕楽園は日本三公園の一つで、梅が有名です。


偕楽園に接してる常盤神社。
ここでお守りを購入しましたが、葵の御紋がはいってました。

まず園内に入ったら、梅林でした。

季節的にちょっと早かったのですが、

梅の花がほころび始めていました。
風が吹くと微かに梅の香りも漂って、春の気配を感じます。

園内には徳川斉昭が設計した「好文亭」という建物があります。
(外観改築中でしたので、写真はなし)
好文亭からみた景色です。

この日、好文亭ではお茶のサービスがあってました。
私達はてっきり、緑茶と思ってたら…

茶道でした。
お茶菓子も無料。

地元で有名な菓子店「亀印本舗」の「梅ふくさ」というお菓子でした。

思いがけないサービスを受けた後、好文亭を出て園内散策。

太郎杉。樹齢760年ですって。
大きすぎてフレームに収まりませんでした。

梅林も素敵でしたが、私が一番心動かされたのは、

孟宗竹の竹林です。
周りには人もおらず、静寂だけがあり、ただ竹が生えてるだけなのに、
何でこんなに心震えるのでしょうか。
西洋には決してない、アジアの美ですね。


梅の季節には早くても、日本庭園としての美しさは、十分に感じる事ができました。
偕楽園の近くに住みたいなあ…水戸に引っ越してもいいなあ…
と、思えるぐらいの、本当に素敵な庭園でした。
さすが、日本三公園!

偕楽園
亀印本舗
コメント (2)

とりもつ煮が食べた~~い!ので甲府へ。

2010年10月31日 | お外へGo
最近流行のB級グルメ。
機会があれば食べたいな、と思う私と裏腹に、
夫が「とりもつ煮を食べたいので甲府に行こう!」
甲府はうちから車で3時間でした。

とりもつ煮はもともと蕎麦屋のサイドメニューだったとのこと。
甲府のとりもつ煮のHPで、とりもつ煮をいただけるお店の地図をみることができます。
今回は、「奥村本店」という蕎麦屋に行きました。


さっそく、とりもつ煮を注文。

こちらのとりもつ煮は砂ズリとレバーでした。
私は、なりかけの卵の黄身が好きなので、これが入ってなくって残念。
お店によっても違うのかもしれません。

お蕎麦も注文しました。

「おかめ」というお蕎麦です。
確かにおかめの顔^^


さて、目的の物は食べたので、次は観光です。
甲府にある、舞鶴城跡に行きました。

「遊亀橋(ゆうきばし)」という橋から城内に入りました。
この橋、今年「カメです」と背中に落書きがされたカメが見つかった橋です。


城はなく、石垣だけです。
歴史に明るくない私は、てっきり武田信玄がここに住んでたと思ってたのですが、
ここは江戸時代に入って築城されたんですって。


甲府の街並みが良く見えました。
この日は天気が悪かったのですが、天気がよければ、写真中央あたりに富士山が見えます。
城内はきれいに整備されていて、お散歩にはもってこいです。


次は舞鶴城跡から車で10分のところにある武田神社へ。
ここが、武田信玄が住んでいた城跡です。

お堀は残ってるので、昔お城があったことがうかがえます。

水琴窟という…からくり?

地中に埋めた甕に、ちょっとずつ水を流しいれます。
甕の中で反響する音が、とても綺麗な音色になり、それを楽しむものです。
金属質の固い音が、涼やかに流れてました。

さて、おみやげ。

澤田屋の「くろ玉」です。
えんどう豆の餡に、黒糖をかけたものです。

餡があまり甘くなく、黒糖部分と一緒に食べても、ぺろっといけました。

甲府ほうとう味ポテトチップ

味はほぼ、コンソメ味でした。

甲府は小さな町でしたが、なかなか味のある町でした。


みなさまの縁をとりもつ隊公式HP
こちらでとりもつ煮のマップが見られます。

甲府観光地ガイド

澤田屋のくろ玉
コメント (4)

さいたま水族館とキヤッセ羽生(羽生市)

2010年10月03日 | お外へGo
こちらに住み始めて2ヶ月経ちましたが、なかなか慣れません。
どこに行くにも車は渋滞で、思ったとおりの時間に着かないので、外出も憂鬱。
でもせっかくなので、今日はお出かけしました。
きくちゃんが、水族館のチラシを学校からもらってきたのですが、
「行きたい><」を連呼してたのです。

埼玉県羽生市にある「さいたま水族館」です。
が、うっかりしたことに、この日はカメラを忘れてしましました…。
せめて、チラシを。

世界の淡水魚の展示がイベントとしてあっていました。
常設の水槽は、川の上流から下流にかけての生き物の展示でした。
また、外には大きな池があり、鯉やティラピアに餌をやる事ができます。
…ティラピアです。ピラニアじゃありません。
でもわたしにとってはこの生きたティラピア、感動物でした。
だって、アメリカでいっつも食べてたんですもの!
フナをもっと平らにした感じで、ま、特に特徴のない魚でしたが…。


このさいたま水族館は、羽生水郷公園の一角にあります。
池があり、自生の草木の間をぬうように、遊歩道があるので、散歩も出来ます。
犬の散歩をしてる人が居たのですが、そのなかに豚の散歩をしてる人が!
カメラを忘れた事を悔いた事は言うまでもないでしょう…。


また、さいたま水族館の向かいには「キヤッセ羽生」という地場産センターがありました。
そこの名物は「いがまんじゅう」という饅頭らしいのですが、この日は完売。
代わりに地ビールを購入。

こ、これは「こぶし花ビール」!
「もやしもん 第8巻」に協力した地ビール屋さんではないですか!
ふわっとフルーティな香りが広がるビールでした。


水郷公園と水族館、そしてキヤッセ羽生で1日中遊べます♪


さいたま水族館
こちらのHPから水郷公園の地図をみることが出来ます。
けっこういろんなイベントもあってるようです。
水族館の入場料金、大人400円、子供100円は魅力的~♪

キヤッセ羽生
うどんも名物のようですが、閉店時間が早いのでご注意。
コメント (3)

横瀬町探訪

2010年09月20日 | お外へGo
すっかりご無沙汰してます。
新しい土地は埼玉県です。
帰国後、国内引越し、国際引越し、片付けもろもろ…ようやく少し、一息つけるようになりました。
いや、まだダンボールが数個転がってるのですが。


今日は、埼玉に引っ越してきて、初めてのドライブに行きました。
場所は秩父郡横瀬町です。


まずは最初の目的地。
横瀬町にある道の駅「果樹公園あしがくぼ」です。


ここで昼食をとりました。

名物「ずりあげうどん」です。
麺の量を選ぶ事ができました。
この写真では、かき揚げ(100円)を追加してます。

ずりあげうどんは、ダシしょうゆに天かすや大根おろしを入れてたつゆでいただく、
釜揚げうどんです。
このうどんのこしがすごかった!
私が知ってるうどんではなく、どっちかというとだんご汁のだんごに近い感じです。


売店があったのでおやつにこれ。

「たらし焼き」100円です。
薄いお好み焼きの生地に、ソースやマヨネーズが塗ってあって、
半分に折ってあります。
これは単純ですが美味しかったです。
我が家のおやつメニューに決定。


夫がどうしても行きたかったのが、ぶどう狩りです。
この横瀬町にはぶどう狩りをしてる農園がたくさんあります。
農園マップは、この道の駅で無料でもらえます。
私達は、道の駅から一番近い「田端農園」に行きました。


ぶどうの木に残ってるぶどうはもう多くはありませんでした。
こちらのぶどうはタノレットという品種です。
甘味もありますが、酸味もあるので、いくらでも食べられます^^


久しぶりの緑の中。
本当にほっとしました。
西武線が走ってるので、今度は電車の旅もいいなあと思います。
そんなこんなで、36歳となりました(さらっとね)。



果樹公園あしがくぼ
このHPの他、道の駅関係のHPからも詳細が見られます。

秩父観光農園協会(ぶどう農園一覧)
私達が行った田端農園のほか、たくさんの農園の情報が載ってます。
コメント (8)

満天

2008年08月02日 | お外へGo
保育園の学童の行事で、家族で呼子の小川島に行きました。
人口500人、150世帯の島。
ぐるっと一周するのも15分程度でできる小さな島です。
昔は捕鯨で栄えてた島のようですね。


海水浴や、釣をしました。
バーベキューが終わって、子ども達が寝た後、
大人たちは、アルコールでできあがってまして、
ふっと空を見ると、満天の星空!
雲がなかったので、視界いっぱいの星空です。
天の川が肉眼でわかりました。
たとえ田舎の佐賀でも、天の川はみえないもんなあ。
私たちは便利を手にした代わりに、失ったものも多いんだろうなあ。
真の夜が、それに気づかせてくれます。


20歳の男性保育士と、その弟19歳(保育士になるために勉強中)を左右に従えて、
(しかもかなりかわいい兄弟顔も性格も)
気の合う、ママ友達と飲むビールはおいしかった!!
ちなみにおつまみは、今日の海水浴でとったサザエのつぼ焼きです。
(注意:この兄弟保育士が、小川島出身で、漁業の家の子です。念のため)
お金では買えないとても贅沢な夜でした。


星の写真は無理です。さすがに
コメント