柚木結羽のブログ

ゆずき ゆう  ゆらめく心 きらめく心 うたかたの夢

あなたは どっち派?

2017-06-30 12:37:09 | 日記

 以前、友人4人で女子会をしていたとき、こんな話題になりました。

 何かを始めるとき、失敗した時の事を考えるか、成功した時の事を考えるか。


 面白いことに、二対二に意見が分かれました。


 失敗した時の事を考える派の意見

  最悪の事態を想定する事によって、ダメージが少ない。打つ手も考えられる。

 
 成功した時の事を考える派の意見

  始めから失敗した時の事を考えていたら、うまくいくものもうまくいかない。
  成功のイメージを思い浮かべ、最善の手を尽くす。

 
 さてさて、あなたはどちら派でしょう?

   私? 

 さぁ、どっちでしょうね



コメント (2)

京都に行きたい!

2017-06-28 12:12:24 | 日記
 なぜだか京都が好きです。

 時々無性に行きたくなります。

 去年はレンタルで着物を借りて京都を散策しました。

 その前は浴衣で。

    

 一年に一回くらい京都に行きたい病にかかり出かけていくのですが、そろそろまた病気にかかったみたいです(笑)


 今回行きたい場所は、貴船あたり。

 川床料理を楽しみたいな、なんてね。

 行けるかなぁ…。

 誰か誘ってみよう。


 浴衣で京都



コメント (2)

十人十色

2017-06-27 08:45:35 | 日記
      

 色々な人がいます。

 考え方も、感じ方も、言葉のかけ方もひとそれぞれ。

 誰もがいい面とそうでない面をもっている。
 
 それは、私だって同じこと。


 自分というものがなく、流されてばかりだと大変だけれど

 自分の意見、やり方に固執するのも大変。

 
 根本の性格を変えるのは、なかなか難しい。

 ひとを変えようとするのはもっと難しい。


 自分と違う考えや意見も拒絶するのではなく、一度自分の中に落とし込む。

 そして考える。

 そうすると、今まで見えていなかったものが見え、感じなかったことを感じ、新しい発見に気づくこともあるはず。


 大人になり、社会人となれば、自分と合うひととだけ付き合っていればいいという訳にはいかないもの。

 ムキになり突っぱねるのではなく、柔軟な心と頭で過ごして行きたい。


 なんだか今日はそんなことを、考えていました。





コメント (2)

詩『たまゆら』

2017-06-26 01:18:49 | 



『たまゆら』


いつも夢見ていた

幼い頃からずっと…。


透きとおる羽がはえ 大空を飛べたら

人魚になって イルカと泳げたら

あてもなく汽車にのり 旅を続けたら


そんなことばかりを考えていた

なのにいつしか夢をわすれ

現実の中だけに生き

日々の生活に埋もれていった

夢を見ていたことなどすっかり忘れて


あの日あなたと偶然に出逢い

あっという間に惹かれ恋をして

私のまわりが動き出した


あの頃のように夢を見たいと思った

ひとりではなくふたりで見る夢を

たとえ叶わぬ夢だとしても

もう一度だけ 

あの頃のように




   露涼し深き緑にわけいりて

      思いは遥かいき過ぎし日へ






コメント (4)

神秘の日あなたは誰と?

2017-06-23 06:51:30 | 日記


皆既日食

月が太陽を覆い隠し、昼が夜になる。

日の光が遮られ、夜の闇が忍びより心がさわぐ…。

太陽が月に隠れる寸前に光の輪ができる「ダイヤモンドリング」
息を飲む美しさ。

天体の不思議。

日本で次に皆既日食が見られるのは、2035年だそうです。
18年後…。

私は何歳なっているんだろう?
簡単な足し算をして、愕然!

18年後、皆既日食をあなたは誰と見ていますか?
そして、私の隣にいるのは誰?

やっぱりひとりなのかな(笑)


コメント (4)

健康診断~バリウム

2017-06-22 12:32:30 | 日記
昨日はすごい風雨でしたね。

ちょうど出勤と重なって、駐車場から事務所に行くまでにびしょ濡れに

こんな時用に、着替えを置いておいた方がいいのかなと思いました。


昨日はそんな風雨の中、健康診断が行われました。

私たちの会社は、30歳になったら全員バリウムを飲むんです。

当然私も飲みました。

バリウム 大っ嫌い

まあ好きっていうひとはいないと思いますが…。


あの粘土を溶かしたようなドロッとした白い液体。

口に入れてもごくごくと飲み込めない…。

小さな子供みたいに、一口ずつゴクン、ゴクンと飲むから飲み終わるのに時間がかかる

やっとの事で飲み終わり、台の上でゴロゴロして上向いたり下向いたり、息を止めたり。


採血は全然怖くないし、何本でも採ってという感じなのですが、バリウムだけはとーっても苦手。

おまけに、バリウム飲んだ後下剤をすぐに飲まなくちゃいけないんですが、これが効かないんです。

看護師さんにそう伝えたら、人の倍のんでと言われました。


下剤を飲み忘れ、次の日に病院へ行ってひどい目にあったという話を聞きいて怖くなり、

家に帰ってから追加でまた下剤を飲みました。

全然効いてこないけど大丈夫かなぁ…と思った頃、それは突然にやってきたのです。

それからは…みなさまのご想像におまかせいたします。

私からはただ一言、とても辛い夜を過ごしました

コメント (4)

梅雨

2017-06-21 07:20:00 | 短歌
  



    待ちわびてただ待ちわびて空見上ぐ

         雨に焦がれし紫陽花のはな



コメント (6)

ダンナさまのお財布事情

2017-06-20 06:30:56 | 日記
既婚男性の1ヶ月のお小遣いは?

奥さまが、専業主婦、パート、フルタイムによって金額もかわるそうですが
大体30,000円~40,000円の間だそうです。

そしてランチはワンコイン、飲み代は1回5,000円~8,000円。

いかがですか?
うん、そんなもんだろうと言う方
いやいや、もっと多いよ(もっと少ないよ)と言う方。
いろいろでしょうね。

知り合いの既婚男性。
奥さまは専業主婦で小さなお子さんがふたりいます。

彼のお小遣いシステムが、ちょっと変わっているんです。

毎月お小遣いの額は決まっているのですが、例えば30,000円のお小遣いだとしたら、毎月30,000円貰えるわけではなく、その月に使った分だけ補充され、30,000円になるというもの。

月末に、その月に使ったレシートを奥さまに渡し検閲をうけます。
そして使途不明金や無駄な買い物は脚下され、その分補充される金額から差し引かれるんですって。

き、きびしい❗

お小遣いなんだから、好きなように使ってもいいと思うんだけど。
それにこれじゃあへそくりもできない(笑)

専業主婦の奥さまとお子さんもいるから、仕方ないのかな。

でも、なんだか気の毒に思ってしまう私のほうが変?


フリー画像より
コメント (4)

横輪ホタルと紫陽花ネイル

2017-06-19 00:07:21 | 伊勢志摩
日曜日、朝から曇り空。

今日は雨が降るかなぁと、少し期待したのですが、パラパラとした程度で本格的な雨とはなりませんでした。

さて、5月下旬~6月中旬はホタルの季節。
皆さま、伊勢志摩というと海のイメージが強いのかなと思います。
実際、私が今住んでいる所も、海の近くです。

でもね、実は山もあり、山里のきれいな川ではホタルが乱舞しているのです。

伊勢市横輪町(よこわ)
伊勢市の外れの山里です。
猪、鹿、猿なども出没します。

ここ横輪町では、この時期「ホタル祭り」が開催されていて、小さな産直所の駐車場に車を停め、懐中電灯を片手に川原へと下りていくと、川のせせらぎと虫の音、そして暗闇の中ふわりふわりと光飛ぶ、ホタルをみることができます。

何年か前、初めてホタルを見たとき、漂うように点滅しながら飛ぶ姿が幻想的で、とても感動しました。

今年も行きたいなぁと思って調べたら、ホタル祭りは18日まで。
残念ながら行くことはできませんでした。
来年はぜひ行きたいと思っています。
横輪ホタル

昨日は月に一度のネイルday。
ネイルからの帰り道、夕焼けぞらに虹がかかっているのを発見。
うっすらとした虹でしたが、赤く染まりかけた空に虹がでるのをはじめてみました。スマホからの撮影のためあまり綺麗に写っていないこと、お許しください。


今月のネイルは「紫陽花ネイル」
今の季節にぴったりかなと (*^^*)

コメント (2)

詩 『波 紋』

2017-06-18 00:06:00 | 


 『波 紋』


心に小石を投げ込んだ

小さな小さな輪がひろがる

初めは小さな輪だったのに

どんどん広がり大きくなってゆく


心に芽生えた不安の種

小さな小さな芽をだした

初めは小さな芽だったのに

どんどん育って大きくなってゆく


心に小石を投げ込まないように

不安の種を蒔かないように

ただ 

あなたのことだけを信じて生きたいのに

弱虫なわたしの心は

小石をなげ 

種を蒔いてしまう


ひろがる波紋が消えるまで

不安の芽が枯れるまで

ひとり静かに夜を過ごそう


朝日がのぼるその時まで

自分の心を見つめていよう

真っ直ぐに

あなたを信じて




コメント (2)