はりきゅう結月堂

岡山県岡山市を中心に、出張施術専門で開業している女性鍼灸師です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はりきゅう結月堂のご案内

2015年05月12日 22時54分27秒 | ご案内
♪はりきゅう結月堂♪
女性鍼灸師による訪問施術専門の鍼灸院、
「はりきゅう結月堂」のHPへようこそお越しくださいました。
2012年9月、はりきゅう結月堂の院長が倉敷市笹沖に新規オープンする鍼灸整骨院の院長として勤務することになりました。
それに伴い、ただいま訪問施術は休止しております。
お手数ですが、施術ご希望の方は治療院へお問い合わせいただいた上、ご来院いただけますようお願い申し上げます。

なお、治療院でも引き続き、「痛くない鍼、熱くないお灸」を用いて
東洋医学の中でも日本の伝統鍼灸に基づいた施術を行っております。
また、生後2ヵ月を過ぎたお子さんへの治療や、妊娠されている方への安産灸や逆子灸も行っています。


♪ご予約、お問い合わせ♪
ゆうとぴあ鍼灸整骨院
倉敷市笹沖455-3 都市開発ビル1F
086-427-8177
休診日:日曜日、祝日
診療時間:9:00~17:00(午前中は整骨院として診療しています)


治療を希望するものの、鍼を刺されることに抵抗のある方には、刺さない鍼を用いて治療致します。
お問い合わせをお待ちしております。

はりきゅう結月堂 院長 武田友里絵
コメント

当院の治療方針

2015年05月11日 09時44分13秒 | ご案内
当鍼灸院では、日本の伝統鍼灸である経絡治療に基づいて、「痛くない鍼 熱くないお灸」を用いて治療します。

人間には十数本の「経絡」と呼ばれる「気」例えて言うならば、エネルギーの流れがあります。
その全身を巡る経絡の気を整えることで、本来人間が持っている生命力を高めます。
こうして回復の手助けとする治療を行うと同時に、表面的に現れている症状を取るための治療も行います。

使用する鍼は全て滅菌されたディスポーザブル鍼で、毎回使い捨てにしております。
鍼は髪の毛ほどの太さです。長さは4センチほど。
皮膚に軽く当てるか、先端を1~3ミリほど刺入する程度です。
必要がない限り深く刺すことはなく、安全には十分に配慮しております。

鍼がどうしても苦手な場合は、皮膚に当てる寸前で止めたり、皮膚に当てたりこすったり…という使い方をする「刺さない鍼」で治療を行います。
お問い合わせの際に、遠慮なく仰ってください。

お灸も、米粒ほどの大きさのモグサを皮膚に乗せて線香で燃やし、半分~8割ほど燃えたところで火を消す、という方法で行います。
ふんわりと温かさを感じるか、あるいは少しチクッとする程度の熱さです。
皮膚を直接焼くことはありません。

※ただし、必要に応じてモグサを全て燃やしきる場合もございます。その際は、患者さんに十分説明し、納得していただいた上で行います。
コメント

鍼灸で治療できる症状

2015年05月10日 09時56分46秒 | ご案内
西洋医学が日本に入ってきてそれが医療の主流になるまでは、全ての症状を鍼灸と和漢薬によって治療してきました。
鍼灸はいわば「総合診療所」のようなものです。
主な症状として、下記のような疾患が適応となります。

♪運動器系♪
肩こり、寝違い、頚肩腕症候群、五十肩、腱鞘炎、むち打ち症、テニス肘、腰痛、リウマチ、変形性膝関節症、打撲、捻挫、筋肉痛

♪神経系♪
神経痛(三叉、肋間、坐骨など)、しびれ、麻痺、頭痛、歯痛、ヘルペス、顔面神経麻痺、自律神経失調、うつ病、不眠症、メニエル症候群、めまい

♪消化器系♪
食欲不振、胃・腸炎、胃・十二指腸潰瘍、下痢、便秘、痔、慢性肝炎

♪呼吸器系♪
風邪、アレルギー性鼻炎、気管支炎、喘息、咽頭炎、扁桃腺炎

♪循環器系♪
高血圧、低血圧、不整脈、動悸、むくみ、冷え性

♪代謝障害♪
痛風、甲状腺機能障害、糖尿病

♪感覚器系♪
目の疾患:眼精疲労、仮性近視、白内障、眼圧上昇、ものもらい、結膜炎
耳の疾患:中耳炎、難聴、耳鳴り
鼻の疾患:蓄膿症、鼻炎・鼻閉、アレルギー性鼻炎
口内の疾患:歯痛、歯肉炎、口内炎・口角炎、耳下腺炎(おたふくかぜ)

♪婦人科系♪
生理痛、生理不順、冷え性、のぼせ、更年期障害、不妊症、子宮筋腫、つわり、逆子、安産灸、乳腺炎

♪小児科♪
夜泣き、かん虫、夜尿症、アトピー性皮膚炎、小児喘息、虚弱体質、ひきつけ、消化不良症、便秘、下痢

♪その他♪
アレルギー、脱毛症、湿疹、慢性疲労症候群 など
コメント

注意していただく事

2015年05月08日 11時07分27秒 | ご案内
♪養生について♪
症状改善のためには、鍼灸師が適切な治療を施すことは当然のこと、日頃の養生も大切です。
同じ症状に何度も悩まされることがないよう、治療中は以下の事項をお守りください。
・睡眠は充分とる
・治療直後の入浴は厳禁です
・アルコール類は飲まない
・食事は腹八分目で、食べ過ぎない
・刺激性食品・不消化物はとらない
・雑事に気をつかい精神を疲労させない

♪反応、及び副作用について♪
治療した後、だるさや頭痛など、一時的に色々な症状が出てくることがあります。
これを漢方で瞑眩(めんげん)と言います。
効果の現れる証拠とされていますのでご心配はありません。

人によって、治療後すぐに症状が改善される場合もあれば、数回の治療を経てようやく改善されてくる場合もあります。
いずれにせよ、治療を重ねることによって必ず良い結果を期待できます。
また一部の薬にみられるような習慣性や副作用はございません。

♪治療回数など♪
鍼灸治療の効果は、発病してから日の浅い病気ほど早く出てきます。
1回の治療で激しい症状がぴたりと軽減することがしばしばありますが、慢性症状になりますと気長に続けなければ治りません。

治療は症状に合わせて2~3日に1回のこともあれば、週に1回、10日に1回など様々です。
中には月に1回体のメンテナンスという意味で行うこともあります。

・安産灸の場合
基本的に月に1回、ツボの見直しを行います。
他にお悩みの症状がある場合は、もう少し期間を詰めて治療します。

・逆子治療の場合
36週と6日目まで、逆子治療を行います。
最低でも週に1回、場合によっては週に2回、治療に伺います。
コメント