yuzuの記

優しい風に誘われて

時の狭間で( 瑠璃光院の新緑 )

2018-05-17 15:45:18 | 季節

 

                                            瑠璃光院の床もみじ

  今年はいろんなことが変動する

そんな年になりました。

知らず知らずに 昨日とたいして変わらない明日が

やってくるものと思っていたのが

気がつけば多くの事が変わっているのですね。

まるで季節のそのようです。

 

 

仕事面でも 北海道に転勤して5年のH君が帰ってきて

長く大阪のメインHPで指揮を執っていたT君も

エリア内で転勤になっています。

大きな支柱のようなT君の移動は衝撃でしたが

部下の失態の責任を取ったようです。

「誰がいなくなっても仕事なんて回っていくもの。僕も荷が軽くなって

少しは家族のことも考えられるようになったよ」

「そうね、自分がいなければ なんて勘違いなのかも知れないね。

仕事ばかりに縛られていたんだから良かったじゃない ^-^」

無事出産したUちゃんも復帰してきました。

淀みを防ぐためか 定期的に移動が行われるけれど

ときの狭間で揺れ動いた日々も

早い遅いはあるものの

きっとそうなるように決まっていたのでしょう。

多くのことが見えて来る年代になると

あれだけ悩んだことも些細な事に思えて来るようです。

 

                                                新緑の双葉

中国の史書で

10年経てば山河も変わる というのがありましたが

その通りですね。

目まぐるしく変動した日々が 荷を減らせば

なにをそんなに懸命だったのか と

穏やかに振り返れるようですね。

  

 

今年も瑠璃光院の新緑は見事ですよ。

自然は淡々と季節を迎え 淡々と季節を送り出します。

がむしゃらに頑張ってきた日々も美しい。

目を細めて振り返る瞬間もまた愛おしい。

これからですね・・・

自然の理を見つめながら

1日1日無事であれば

そう悪くもないかな・・・って ^-^

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« やきもの散歩道 常滑(とこ... | トップ | 棚田の朝 ( 高島市 畑の... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゆかもみじ (白桂)
2018-05-20 20:52:38
こんばんは!
素晴らしい光景ですねー うらやましい。
もみじの花もとてもいい。
ほんとに命の洗濯ができる風景を
いただきました。

床もみじ風の声さへ息をのみ 白
ありがとう。
ようこそ~ ^-^ (yuzu)
2018-05-21 17:33:53
白桂さん こんにちは~ ^-^

見ていただいてありがとうございます。
瑠璃光院は最近テレビで紹介されてから
どっと人が押し寄せるようになりました。
新緑や紅葉の時期は床もみじが それは綺麗です。

写真に句まで寄せてくださり
ほんとにありがとうございます。m(__)m
新緑の季節☆ (pikao)
2018-05-22 10:46:50
こんにちは^^
瑠璃光院の床は鏡のようにピカピカに磨かれてるから
新緑のもみじが映し出されてとても綺麗です☆☆☆
はいpikaoもがむしゃらに働いた時期がありましたョ
若気の至りっていうか無茶して病んだりもしました
今思えば大した問題でない事でリズムを崩し悩んだ時もありました 
そうです
10年経てば山河も変わるです
もっと冷静にいれば時が解決してくれる事もあったのに焦って失敗ばっかり・・・
一番の失敗は上司にはむかってばっかりかな 
あげく上司の顔に企画書を投げつけたりしました 武勇伝かな(笑)
先日亡くなった甥っ子はpikaoのようにが出来なかった?
一種の真面目違いが取り返しのつかない結果に・・・それが悔しいです
pikaoの今は穏やかになりましたぁ^^v
 
日々是好日として (yuzu)
2018-05-22 17:47:20
pikaoさん こんにちは~ ^-^

あはは pikaoさんはどうやら熱い営業マンだったみたいですね ^-^
いろんな日々がありますね。
私も無茶な時代がありました。1日が30時間あればいいのに と(笑)
今になると それはそれで頑張る時代だったのかな
とも 思えます。

甥子さんのこと ご心痛でしたね。
子供を残していくことも親より先に逝くことも
なんとも痛ましく切ないことだったでしょう。
真面目で責任感の強い人ほど辛いのですね。
心からご冥福をお祈りします。

コメントを投稿

季節」カテゴリの最新記事