鍼灸あん摩の明鏡止水庵

明大前の鍼灸マッサージ治療院です。
詳しくは、http://http://meikyou-shisui.com/ 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「愛するということ」 エーリッヒ・フロム著

2011年08月31日 | インポート

"The Art Of Loving" Erich Fromm

友人から「鍼灸師として臨床するにあたって、心理学も勉強してくれ。」というリクエストがあった。本屋でとりあえず買った本が、心理学超入門的な本と、この本だった。原題を直訳すれば「愛する技術」ーまさにこの題の通り、人を愛する為はその技術を学ばなくてはならない、例えば医学をマスターするのと同じように、その理論を学び、そして実践において修練を積むこと、それが人を愛する為には必要だ、と説いている。心理学の本というより、哲学書といった方がふさわしいと思う。これぞ万人をお勧めの一冊だ。

人間の根源的な欲求として、いかに孤立を克服するか、他者との一体化をなし得るか、という問題があって、愛とはその1つの答えだ、としている。兄弟愛、母性愛、異性愛、自己愛、神への愛、と様々な種類の愛について説明している。

異性愛では、離れ離れだった2人が1つになる。母性愛では、一体だった2人が離れ離れになる。母親は子供の巣立ちを耐え忍ぶだけでなく、それを望み、後押ししなければならない。

愛の技術の習練として実践すべき事柄は、まるで悟りを開くための修業のようだ。まず技術の習練に必要な一般的な要項を挙げている。
1)技術の習練には規律が必要
2)技術の習練には集中力が必要条件
3)忍耐
4)その技術の習得に最高の関心を抱くこと。
具体的には、集中力の習練において重要なステップは、本も読まず、ラジオも聞かず。タバコも吸わず、酒も飲まずに、(もちろんTVも携帯も見ずに)、一人でじっとしていられるようになることだ、とある。「1人でいられる能力こそ、愛する能力の前提条件だ。」できれば、毎朝、毎晩20分ずつ、瞑想をすることを勧めている。

愛する能力を養うために必要なこととしては
1)ナルシシズムの克服
2)自分を信じ、理にかなった信念を持つこと
3)能動性
といったことが挙げられている。

愛する能力を身に着けるためには、ナルシシズムを克服し、客観性と理性を持って常に周りの人に接しなければならない。そして自分の愛に信念を持ち、自分から能動的に、自分の生産力を使って、与え続けなければならない。

もう1つこの本で興味深いのは、現在の資本主義社会が、人が本来このような習練を積んで獲得すべき「愛する技術」を得るには、大変困難な社会であることを、まるで現代社会の外側から、客観的に見ているかのように、厳しく批判している。「現代社会は、企業の経営陣と職業的政治家によって運営されており、人々は大衆操作によって操られている。人々の目的は、もっと多く生産し、もっと多く消費することだ。それが生きる目的になってしまっている。すべての活動は経済上の目標に奉仕し、手段が目的となってしまっている。」
「今日の人間の幸福は「楽しい」ということだ。楽しいとは、何でも「手にいれ」、消費をすることだ。商品、映像、料理、酒、タバコ、人間、講義,本、映画などを、人々はかたっぱしからのみ込み、消費する。世界は、私達の消費欲を満たすための1つの大きな物体だ。大きなリンゴ、大きな酒瓶、大きな乳房なのだ。私達はその乳房にしゃぶりつき、限りない期待を抱き、希望を失わず、それでいて永遠に失望している。いまや私達の性格は、交換と消費に適応している。物質的なものだけでなく精神的なものまでもが、交換と消費の対象となっている。」

以上

コメント   この記事についてブログを書く
« 「福島原発メルトダウン」広... | トップ | マッサージ師の為のシンプル... »

コメントを投稿

インポート」カテゴリの最新記事