鍼灸あん摩の明鏡止水庵

明大前の鍼灸マッサージ治療院です。
詳しくは、http://http://meikyou-shisui.com/ 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「福島原発メルトダウン」広瀬隆著 (朝日新書) まとめ

2011年07月03日 | インポート

*福島第一原発の原子炉「マークI型」は欠陥製品だった。
これは週刊現代に書いてありました。3/15のアメリカCNNテレビで、この設計者、元GEエンジニア、デイル・ブライデンボー氏は以下のように証言しました。
「マークIは、大規模事故に耐えられるように設計されていません。冷却システムがギリギリの容量で設計されているため、電力供給が途絶えて冷却システムが止まると、爆発を起こす危険性があります。」ブライデンボーさんらGE設計陣が「もう少し余裕を見てくれ」と東京電力側に進言しても、東電側はコスト優先で、その進言を無視したとのこと。

*マグニチュード9.0 というのは「想定外」を正当化するための情報操作
気象庁は今回の地震のマグニチュード9.0を算定するに当たって、従来の「気象庁マグニチュード」という算定方式から、別の物差し「モーメントマグニチュード」に急遽変更して計算し直した、ということです。従来の「気象庁マグニチュード」計算すると、マグニチュード8.4どまりが今回の地震の大きさだ、とのこと。ちなみに中部電力は「浜岡原発はマグニチュード8.4の東海地震に耐えられる」公表している。

*体内被爆に安全のしきい値はない。
放射線の強さは距離の2乗に反比例する。体内に取り込んだ放射線がその体内で放射線を出し続ける体内被爆は、外部被爆と同等には考えられない。

*日本全国の原発の耐震対策はおそまつそのもの
今回地震の最大震度は7、揺れの強さは2,933ガル(宮城県栗原市)。プルトニウムを取り出す六ヶ所再処理工場ですら、耐震基準450ガル。

*原発は地球温暖化対策に有効か?
原発は発電料の2倍の熱を海に排出している。正常稼働中も近隣の海の生態系に甚大な被害を及ぼす。

*日本既存の火力、水力の発電施設の設備容量(発電能力)は、過去の最大消費電力量を上回る。使ってない火力発電施設などもあるのだろうが、それら全てを稼働させれば電力供給は真夏の一番厚い時期もまったく問題ない、とのこと。

*独立系発電事業者の潜在発電規模は、2千万ー3千500万キロワットもある。電力会社の送電線の独占をやめさせれば、全国5千万キロワットの原発を即刻廃絶してもまったく問題ない。

*六ケ所再処理工場は核燃料のリサイクルをする為ものだが、いまだ試運転中で本格稼働のメドが立ってない。各地の原発サイトにおける使用済み核燃料の保管可能な残り年数はあと数年(10年以内にほとんど)でなくなる。

以上

コメント   この記事についてブログを書く
« アトピー性皮膚炎を私はいか... | トップ | 「愛するということ」 エーリ... »

コメントを投稿

インポート」カテゴリの最新記事