今朝は一番短いコース

 朝の山ラン。一番短いコース。寒い1日になるということだったが、朝の冷え込みはそうでもないようだった。



 空はどんよりでございました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

グラベル1日

 昨日今日がまたグラベルの日だったのだけれども、昨日は用事ができてブリヂストン号で。今日は予定通り、少しだけグラベル乗れました、走れました。

 本当にあっという間に楽なポジションに慣れてしまった感じ。サイズを考えていたとき、年齢的にもそろそろ、少し大きめのフレームにゆったりと乗るほうがいいかなと思ったりもしたのだけれども、ワンサイズ大きいフレームにしなくて本当に良かった。

 しっくりくるポジション、良好な路面コンディションのおかげで、今日もいい感じで走れた。



 機会あれば、もう少し違うコースも走ってみたいが、MTBにも乗りたいのに乗れていないので悩ましいところだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

パートナーとの探索山ラン



 唐突な話になるけれど、2018年の暮れに結婚をした。



 そして、一緒に暮らしはじめたパートナーと今日も山ラン。

 普段は愛想もないし、冷めた目で僕のことを見ていたりするくせに、一度山ランに連れて行ってから、走りに行く気配を察知すると、連れてけ連れてけと鼻でアタックしてきたり、ワンワン吠え立ててくるようになった。そうなると、やはりひとりでは出かけにくく、結局一緒に走ることになり、以来ひとりでということはまったくなくなってしまった。友人と走るとき以外は、山もロードもすべてワンコと、ということになってしまった。 



 今日はいつもより長めのコース。最初のピークでは玉縄桜がきれいに咲いておりました。



 そしていつもの展望スポットから、



 普段はあまり走らない先日走ったコースへ。



 そしてその山道から、さらにはじめての道へ行ってみたのだけれども、この階段のあとがすごかった。実際のところ、道ではなかったのかもしれないが、ざれたかなりの勾配の道。笹などを掴まないとずり落ちていきそうだ。前を行くワンコも珍しくときどき足を滑らせたりしている。でもその斜面を登り切ったら、しっかり尾根道に続いていてひと安心。な~るほど、ここに出るのか。いい周回コースになりそうなのだが、コンディションによっては結構危ないと思うので、あまり来ることはないだろうな。でも新しい道の探索ができて良かった。



 震災後、宮城の山の中でがりがりに痩せた状態で保護されたというこのワンコ。なかなか人馴れせず、もらわれていった先から一度は無理と戻され、一度は脱走して保護先に戻ってきてしまったらしい。そんなワンコを、結婚した人間のほうのパートナーが横浜までもらってきたのだという。

 幼い頃、大変な状態のなかで生き延びてきたこともあるのか、今は人にたいしては問題ないのだけれども、他のワンコとはあまりうまくやれない。すぐに吠えられるし、珍しくおとなしくしていると思ったら、相手から吠えられる。興味あるものにすぐに向かっていくので、唐突にリードを引っ張られることは日常茶飯事。だからあまり人や車や他のワンコが多い場所、時間は走りにくい。

 最初の頃は、そんなに暑い季節でなければ10kmくらいは平気で走れたのだけれども、結構いい年齢になってきたからか最近は以前より体力も落ちてきたようだ。なので、最近は近場の限られた、短いコースを走ることが多くなってしまった。

 はじめて一緒に山のなかを走ったときのこと。短いコースだけれども、最近走っているコースより変化と起伏に富む山道だった。そんな山道を、気持ち小さめの中型犬にはここは厳しいかなという場所も、素晴らしい身のこなしで走っていく。懸命にその姿を追いながら、なんて格好いいんだと感動した。

 あの頃と比べるとやはり少しずつ衰えてきている感じはするけれど、今でも山のなかを元気に、嬉しそうに走っている。そんな姿を後ろから見ていると、ちょっと面倒なときもあるけれど、一緒に走れる間は一緒に走ろうと思うのである。別にレースとか目指してトレーニングしているわけでもないのだから。



 ちなみに人間のほうのパートナーは、ときときハイキングや軽い山登りに行くことはあっても、基本疲れることは嫌いで、走ることにはまったく興味なし。ワンコの心と体の健康も考え、一緒に走っているというのに、僕が息荒く帰ってきても、横で余裕そうにしているワンコを見て、全然疲れていないじゃないか、本当に走ってきたのか、と頭にくるようなことを言ったりする。

 ワンコの衰えを心配する前に、いつまでも一緒に走れるように自分が頑張らねば、だな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

いつものコースから何年ぶり?2度目の道へ



 洗い物をし、洗濯物を干し終えてから、いつものコース。



 そして、そこからは多分3年くらい前に一度だけ探索した枝道コースへ。



 あたたかい時期には踏み入る気のしないコース。アプローチのもう少し広い道の藪に手が入ったので、久し振りに行ってみようという気になったのだけど、こちらも一応大丈夫だった。帰りの舗装路が少し長くなってしまうのだけれども、たまにはこちらにも来よう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自転車楽しい!

 100mmから90mmのステムに交換した。角度も少しあがったので、だいぶ楽になった感じだ。そしてそのせいか、サドルの感触も良くなった。いろいろなものが影響しあっているんだな、簡単に決めつけられないなと思った。楽になるということになぜか寂しさも感じるのだけれど、受け入れ認めていかねばだな。



 初日。舗装路でも山のなかでもだいぶ走りやすくなった感じ。上りは今までのほうが抑えが効きやすい気もするけれど、微調整で充分対応可能。変化に富む山のなかでの重心移動がすごくスムーズになった感じだ。難しめの場所いくつかで、そのことを実感。



 2日目。前日と同じくいい感じ。ただ前日よりハンドルが遠く感じたことに若干恐れを感じた。1日でもう慣れてしまうのか。

 ポジションが今までよりしっくりしたせいか、自転車楽しい!という気持ちに自然になったグラベル2日だった。

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ