晴れ上がった空のように・・

日常の出来事や読んだ本の紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

砂上

2018年02月28日 | 
砂上    桜木柴乃 

久々の桜木柴乃さんでした。相変わらずの暗ーい雰囲気を味わいながら
読みましたが・・

 レヴューで面白い記事を見つけたので、コピペします!


小説家・桜木紫乃が覚悟を決めて書いた“書き手と編集者の話"
北海道江別市。小説の主人公・柊令央(ひいらぎれお)と作者・桜木さんがともに暮らす街だ。

「令央が働くビストロも江別駅前に実際にあるんですよ。直木賞をいただいた後、身辺が慌ただしくなって、食事をしていても砂を噛んでいるような気しかしない日々が続きまして。ある日、おいしいものを食べたいな、とこのお店に入った。支払いを終えて外に出た時、景色が違って見えたんです。私、まだこの街に居ていいんだな、と思えました。もちろん、豹柄ガーターベルトの人妻と遊んでいるシェフは現実にはいません(笑)」

令央は40歳、元夫からの慰謝料と中学の同級生が営むビストロの手伝いで生計をたてている。実母が遺した木造一軒家に一人暮らし、小説等の投稿を続ける冴えない日々。異変をもたらしたのは、編集者・小川乙三(おとみ)の来道だった。令央は彼女の属する女性誌の「母娘エッセイ大賞」に応募し、最優秀賞を逃していた。乙三はのっけから「主体性のなさって、文章に出ますよね」と切り出す。令央の過去の新人賞応募原稿まで読んでいた乙三は、2年前の作品「砂上」を叩き台に、一度本気で自分にしか書けぬ小説を書いてみろ、とけしかける。

「書き手と編集者の話を、と思ったのは5、6年前です。一度しか切れないカード。書けたら人として恥ずかしいし、書けなければ書き手として恥ずかしい、そういう題材です。原稿料は恥掻き料ですから、このテーマで書かせてくれる担当編集者を信頼し、覚悟を決めました」

そうなんですね~

前半少し話についていけなくて、難しい言い回しもあったけど、後半は一気に読めました。
女、三代の生き方を俯瞰してみる感じはすごいなぁと思う。さすが作家さんはこうでなきゃダメなんだとも。

小説を書く側の話はやはり新鮮で興味深いです。
また、
「人に評価されたいうちは人を超えられない」・・
う=ん、含蓄ありますね
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 感傷的な午後の珈琲 | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事