晴れ上がった空のように・・

日常の出来事や読んだ本の紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

感傷的な午後の珈琲

2018年02月14日 | 
感傷的な午後の珈琲    小池真理子 著

ここ12年間にわたって書いてきてものをまとめたエッセイ集です。
久々のエッセイ、とても興味深く読みました。

今までの作品。。
「水の翼」や「虹の彼方」そして、「沈黙のひと」などの作品にかかわるエピソード。
執筆に至った経緯や思い、真理子さん自身の心の内を覗いたようでわくわくした。

取材での旅の思い出も素敵・・作品作りには綿密な取材が欠かせませんね。やはり作家さんはそうでなくちゃ!

そして人生観をも変えるようなあの東関東大地震。悲痛な想いが伝わります。

追悼のような、親交深かったたくさんの作家さんとの思いで話も面白かったです。

ファンならではの大切な一冊になりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 九十歳。何がめでたい | トップ | 砂上 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事