* D i a r y * 

気の向くままに、日々雑感や映画・本の感想などを書いています。
基本的にアホな日常ですが、レビューはそこそこマジメです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

セッション/映画

2015-05-05 22:58:55 | 映画感想



映画「セッション」観てきました。
いやー面白かった!
今まで何本か音楽映画は観てきたけど、始めから終りまでこんなに緊張しっぱなしの映画は初めて。
まるでサスペンス映画か何かみたいな緊張感でした。

鬼教師と、世界一のジャズドラマーを夢見る生徒との、手に汗握る「バトル」と言ってもいいような練習、そして本番の舞台。

音楽に限らずプロの世界の厳しさというのはこれほどなのか。
文字通り血のにじむような過酷な練習を積み重ねても、わずかなミスで足元をすくわれたり失脚したりする。
それでもまた這い上がろうとする姿は狂気じみてさえいる。

口汚く罵るばかりか、暴力でも生徒をしごく鬼教師。
観ているこちらまで縮み上がる感じなのだけど、「”Good job”は人をダメにする言葉だ…」という彼の言葉はずしんと来ました。
そういう指導者がいて、食らいついていく弟子がいて、はじめて一流中の一流が生まれるのかもしれません。

惹きこまれっぱなしの約2時間だったけど、特に最後は圧巻。
「なに、それ!」な展開に驚いていたら、それを上回る「なに、それ!」が待っていた…!
本当に面白い映画。
音楽好きは必見、そうでない人も映画として間違いなく楽しめると思います。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« あり得ないほどお久しぶりです | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画感想」カテゴリの最新記事