ゆうゆうDAYS

好きなことをしなくちゃ。
どきどき、わくわく。
とびきりの笑顔を追いかけます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

紫陽花のひと

2017年06月25日 | 羽生結弦くん
こんにちは。
ゆうゆうです。

昨日は
明石焼きで盛り上がってしまいました。
はふはふと関西のコナモン食べていらしても
横顔には気品……。



過去記事もよろしければご覧ください。
2016/4/24明石で食べる明石焼き




さて。
人生で一番楽しい?
かどうかはわからないですが
梅雨ですね。



今日は
近くの紫陽花スポットへ
家族と
お出かけしてきました。

ちょうど雨上がりで
いい感じでした。

紫陽花が好きです。

藍や紫を基調とする色合いも
どこか清らかな佇まいも
切り花にするとなかなか水あげしてくれない
面倒くさいところも。

ミラーレス一眼で挑みました。
写真も勉強したいなぁ。




























紫陽花の小径























そのあと
場所を移して
沙羅双樹の白い花を見に行きました。


この白さが好きです。






つぼみも青々とした葉も清々しくて。




落花もまたよろし。




室内てはこんなしつらえも。




こちらでも紫陽花が咲いていました。
鮮やかな紫。
水滴も美しい。











紫陽花のひと


バラードはこのお衣装が好きです。
を思いながら
梅雨のお花巡りを終えました。



ほっこりタイム。

ヘルシンキの空港で最後に買ったマリメッコのHortensie【ホルテンシエ】カップ。
紫陽花という意味なんですって。
ソーサーは帰国してから買い足しました。


※羽生さんの画像はお借りしました。
コメント

立ち直りは一秒で。

2017年06月20日 | 羽生結弦くん
こんばんは。
ゆうゆうです。

ちょい凹みの
前記事ではありましたので

こころ優しいお友達に
いろいろ気をつかわせてしまい、反省。


しかし
【反省は一秒】
を心がけており(福原愛ちゃんの真似)、




もうすっかりいつもの
Yuzuファンゆうゆうです。



お中元のついでに
息子たちにも送ったP&G製品。


既読スルーも多い彼らから
珍しくこんなラインが。

ちょうど洗剤か切れた翌日に届いたらしく。

良かった良かった。




おそうじは心のデトックスかも知れません。

クローゼットの整理も
床磨きも
たのしいです。



おかげで仕事済ませて
帰宅後のすっきり感も味わえております。

お友達から頂いた伊勢志摩土産の柚子サイダー。さっぱりして美味しかったなあ。




自分の【好き】にまっすぐに。

今日とは違う明日にしたい。









それにしても
フリーの曲が気になる。



ドラマティックで重厚な
映画音楽かなあ。
【美女と野獣】とかいかがでしょ。

わからないけど

予想もたのしいです。


まさかの
【キャッツ】もありか…… ?


※羽生さんの画像等
お借りしています。
コメント (2)

修行の週末

2017年06月18日 | 羽生結弦くん
こんばんは。
ゆうゆうです。



ファンタジーオンアイス2017.無事に千秋楽。
素晴らしいショーの数々。
結弦さん、スケーターの皆さん、関係者の方々、スタッフの皆様お疲れさまでした。
素敵なショーをありがとうございます。




新潟。行ってません。


関西からはほんとアクセス悪いし。
神戸から一週間しか期間空いてないし。
家計炎上してるし。



行きたい気持ちを抑え込んだこの週末。
なんとか前向きな時間にしたくて。



SNSもあまりチェックせず

クローゼットの整理。

家の床磨き。

おかず作り置き。


修行僧のように過ごしておりました。


すっきり
綺麗になりましたとも!




行きたかった見たかったしょうじきうらやましいそれは贅沢だ神戸でもう充分楽しんだじゃないかレポあげてくれた人ありがとうありがとうおかげで様子がわかるなのに胸がざわざわするのなぜだろうちっさいじぶんがちょっといやだ
おちつけおちつけ感謝の気持ちを持とうとにかくゆづるさんが幸せそうでお元気そうでそれが何よりしあわせな今夜です



……修行はもう、いいや!

来年は
楽日、行きたいな。
人生、JUST DO IT!
チャレンジしてみようっと。


※スケーターの方々のお写真はお借りしています。
コメント (2)

Faoi神戸2017 国旗奮闘記

2017年06月13日 | 羽生結弦くん
こんばんは。
ゆうゆうです。

Faoi神戸2017初日
2日目ISU のレポを
お読み頂きありがとうございます。



前記事にも書いたように
国旗を掲げる時
左右や上下に気をつけないと
困ったことになります。

プル様




アンナ・ポゴリラヤさん
※2015上海ワールドにてゆうゆう撮影

彼らのために用意したロシア国旗。

『白が上
白が上
赤は下
赤は下

白が……』

ぶつぶつぶつぶつ…
何度も声に出して暗記しようとしましたが
あの魅惑のアイスショーのテンションの真っ只中に間違えない自信はありません。


そして
パバシゼペア(特にギョーム・シゼロン選手)

※2015上海ワールドにてゆうゆう撮影

お二人のために用意したフランス国旗


ぶつぶつぶつぶつ…
右が赤
右が赤
左が青
左が青
右が……,



あれ?向かって右が赤ってことは
裏から持つ時はどーしたらいいの?

わ、わからーん!


初日を観終わって帰宅した
自宅で
ゆうゆうは頭を抱えて
叫んでおりました。



そこで
ゆうゆうは考えました。

【目印、つけとこう。】



ガムテを裏に貼り、

マジックで書き書き。




鏡に写して


あってるよね?


結弦さんがもちろん大、大本命ですが
そのほかのスケーターさんにも敬意を。
そして愛を持って臨めば
アイスショーはもっと楽しめるのかも知れません。



こんな準備で臨んだ2日目
羽生さんには
プーさんお人形で控えめにアピールすることにしました。



作戦。成功。
mission complete‼︎


特にフランス国旗はサイズ間違えて(汗)巨大だったので
パバシゼペアには目にとまったのではないかと。


最後の周回の時
シゼロン選手がいらしたので
手を振りながら【ギョーム!】と声をかけたら

な、なんと
ゆうゆうの手に
シゼロン選手は
タッチして下さいました。


ひ、ひゃーーつ。

世界選手権金金銀の堂々たる実績の
金メダリストと
ハイタッチ!


倒れそうでしたが

そのあとすぐに
結弦さんが近づいて来られたので
倒れてるわけにはいかない。

ゆ、結弦さん……。


結弦さんは
笑顔で
通り過ぎられました。

目はあわなかったです。


しかし。
黒ジャケットで通り過ぎられた
結弦さんは
この世のものとは思えない
お美しさでした。

ほんの数秒でしたが

ふわりとした
柔らかな風のようなものを感じました。


スパンコールを散りばめたような
華やかでしなやかな
極上の羽。


まさに
羽生結弦さんでした。


はああああー。


もう、あかん。


意識不明。


…………………。

………………………………。


…………………………………………。

その後、ゆうゆうは
ショーの翌日、日曜からハードに働いておりました。現実世界は待った無しです。


仕事が一段落した
今夜
このレポを書きながら
改めて
あの日見たのは
幻だったのかもしれないと感じています。


パンフレット以外
何もカタチには残っていないんですもの。

カタチにならないもの。
過ぎ去ってしまう砂時計の
時の一粒。
目に見えない記憶。


だけど
それに永遠の価値を見出しています。


これでいい。


カミナリに打たれたみたいになって
焦げたままで
まだ生きているゆうゆうですが


ゆうゆうをこの素晴らしいアイスショーに導いてくれた方々全てに
感謝したいと思います。

現地で交流させてもらった方々、
お世話になった皆様、

スケーターのみなさん、
スタッフの方々

ありがとうございました。



※羽生さんやショーの画像はお借りしました。
コメント (2)

ファンタジーオンアイス神戸2017 2日目

2017年06月11日 | 羽生結弦くん
おはようございます。
ゆうゆうです。


ファンタジーオンアイス2017
2日目

快晴のポートライナー市民広場駅。


茶色いドームがワールド記念ホールです。



今回は
お席が出入り口そばの
良席でした。
(生きてて良かった。)

記憶がたくさん飛んでいるのですが
この思い出をなんとか言語化して
自分用に残しておきたくて今回、書いております。
しろーとゆうゆうですので
ジャンプの種類等は間違いもあるかと思います。
順番等、記憶ちがいもあるかと思います。
お許し下さい。
お気づきの点がありましたら教えて下さい。




オープニング。
結弦さんは
くねくねドヤドヤのキャッツアイで
会場を全員なぎ倒されました。
なんで、氷の上でぴょーんって
あんなに高く跳べるのか。


当たり前のことですが
スケーターさんって
【身体表現】のみ、なんですよね。

身体の動き、
動きと動きの組み合わせや変化、
身体の線そのもの、
衣装などのビジュアル、
顔の表情。


それだけで
そして
音楽の力を借りて
女豹になったり
ロックスターになったり、
自然そのものになったりする。


スケーターさんたちが
普段の生活でも表情豊かなのは









それが身につかれているからなんだろうなぁ。


という当たり前?なことを
昨日ぼんやりと感じておりました。



昨日のバラ1。

まだ照明のないリンクで
四回転(Loでしたか?)を決めてから
始まりました。

初日も思ったけど
リンク、狭い。
軌道やジャンプの位置を工夫して対応されてると思います。

最初の4Loは転倒。
激しい転倒でした。
思い切りジャンプされたのだと思います。
(脚、大丈夫かな)と思いました。


力強く美しいスピン。
手脚の素早く多彩な動きに幻惑されました。

ため息。


トリプルアクセルは安定の成功。


そのあとの4回転で転倒。コンビに出来ず。
(疲れてるかな?)


最後のステップは
ショートサイドからスタートし
ステージ側へ向かってこられました。

気迫のこもった表情で
汗を大量にかかれながらの
本気のステップでした。


曲調の盛り上がり、
ピアノの怒涛の打鍵に合わさって
感動が増幅されます。



フィニッシュ。
お疲れと悔しさと
それでも爽やかな感謝の表情でのご挨拶でした。



はけられて
また、アンコール。

MCさんの
【もう少し、拍手が欲しいですよね?
もう少し。
もう少し!】


MCさん、もっと時間稼いであげてー。
結弦さんの息を整えさせてあげてー。

と思いながら拍手をしておりました。



プリンスのお顔になられて
登場され、
レッツゴークレージー。
投げキッスくらったエリアの方々が
将棋倒しみたいにぎゃああああーって
なぎ倒されておられました。


すぐに
フィナーレ。
【魔法が解ける瞬間】です。
藤沢さんの第九でした。

結弦さん、慌ててお着替えされるのでしょうね。
ふわふわしたフリルのついた半袖に
黒いジャケット。
きっちり4Tリベンジしてフィニッシュでした。(あー、脚大丈夫だったんや。ホッ)



写真撮影。
オーサーコーチが振り付けと紹介されてご登場。
パパに見守られ、
結弦さんは後列センターでした。
皆さん慣れておられるのか
並んですぐにシャッター。はい終了。
みたいな感じでした。

その後

結弦さんは
プル様に導かれ
腕まくりされて力こぶポーズ。
能登さんのカメラに向かって
プル様がその白い上腕二頭筋を
指さしてツンツンされてました。

結弦さん、
それは嬉しそうに大きなお口を開けられて爆笑。
こんなにも自分のことを慕ってくれる結弦さんを
プル様が愛おしく思わないわけはないですよね。


ジャンプ大会。
なぜかリンボーダンスのような道具が
3つほどら並べられ
スケーターさんがイナバウアーみたいにくぐり抜けるのから始まりました。


結弦さんの汗はまだ大量。
でも終始
織田さんやプル様と楽しそうにキャッキャッと
お話されていました。

途中で飲み物を取りに戻られ、すぐにまたリンクへ帰ってこられました。
あれはスペシャルドリンクかな?


記憶が怪しいのですが

織田さん、
しょうまさん。
ハピエルさん方が

次々とジャンプにチャレンジされていました。
誰が成功しても
失敗されても
結弦さんは落ち着いて見られてた、かな?

織田さんのチャレンジの最後に
出ていかれ、ダブルヘランジ?
あっこちゃんポーズ?
お茶目なお顔でした。


周回のときも
笑顔は絶やさず。
視線は会場じゅうに。

結弦さんは
ほんとに白くて細くて美肌で。
信じられない小顔。
お顔立ちもテレビで見るよりずっと彫りが深いんだと感じました。



ご挨拶の前だったかな?
お衣装のフリルを
いたずらっぽく笑いながら
顔のところに引き上げられ
汗をふく仕草でした。
このフリル、ネクタイみたいに
首元からぶら下がってるんだよ!
汗だってふけちゃうよ!
って言いたそうな表情でした。




最後のご挨拶では
私ごと2まで話され、
お客さまが無事に帰途につかれることを願っておられました。

また来年、
神戸であるなら来たい
きっぱりおっしゃいました。



はあー。
ここまでようやくたどり着きました。
怪しい記憶のレポ、お読み頂きありがとうございました。



ショーが終わり、
人波もひいてから
お仲間さん、同行した義姉たちと市民広場駅へ向かいました。
ポートライナーに乗りました。

空いた車内で
ショーのこと、
結弦さんのこと
おしゃべりしてました。

そして、かなーり時間がたってから
車両は
【市民広場駅】に再び着きました。

えっ。

うちら、神戸空港行きへ乗ってた?
反対方向?
ぐるっと回ってもとどおり?


ポートライナー逆走。


ぼーっとライナー

オチがよろしいようで……。

結弦さんの
【暗いところから明るいところへ出るときは
まぶしいので気を付けて帰って下さーい!

が脳内をリフレインしてました。



※お読み頂きありがとうございました。
羽生さんの画像はお借りしました。
コメント (6)