ゆうやプロジェクト

瞳をキラキラさせながら、ゆうやは今日も足こぎ車椅子COGYに乗って頑張っています。体が不自由だけれど、なんのその~。

力を抜いて

2018-08-09 11:26:40 | リハビリ関連・リハビリグッズ
昨日、ゆうやはジムへ行きました。

ジムではトレーナーの方に、腕を伸ばすことを中心にしたいとお伝えしました。
まず、はじめに腕を上下に動かすマシンに乗りました。

バーを握って腕を上げたり下げたりしました。
肘はまっすぐにはなりませんが、動かすことが大事です。

ゆうやはおしゃべりをしながら、腕を動かしていました。
すぐにバーを放してしまいますので、トレーナーの方がゆうやの手を握ってくださっていました。

次に、ゆうやは床の上にごろんと横になりました。
右を向いたり左を向いたりする練習をしました。

ポールの上に乗せてもらって背中を伸ばしたり、うつ伏せになって太ももを伸ばしたりしました。
普段、車椅子に座っていていつも体を曲げている状態ですので、うつ伏せになる機会はとても大切です。

自宅でもうつ伏せになりたいのですが、ゆうやが非常に嫌がりますのでなかなか自宅では難しいです。
ジムでは素直にいうことを聞きますので、本人も多少辛くても頑張っています。

ほんの30分ぐらいの時間ですが、ジムでゆうやは体を動かしたり伸ばしたりすることができました。
自分ではストレッチができませんから、こうして手伝っていただいて体を伸ばすことができるのはとても有難いです。

昨日の夜、ゆうやは積極的に腕を伸ばそうと頑張りました。
私から言うと反発しますが、ジムで腕を伸ばそうと意識できたことが良かったと思います。

今朝は、ゆうやは椅子に座って自分の手を膝に置こうと努力していました。
膝に手を置くのは難しいのですが、腕を伸ばそうと頑張っていました。

力を入れると肘が曲がってしまうので、ゆうやにとって頑張るとは、「力を抜く」ことを意味します。
「ゆうや、すごいよ。手を膝の上に置こうと頑張っているね。」

「お、お母さん、照れるよ〜。恥ずかしい〜。」
そう言いながらも嬉しそうな表情をしていました。

ゆうやが自分で腕を伸ばせるようになることが1番です。
いろいろな器具を使いながら、腕を伸ばすことを意識できるよう取り組んでいこうと思います。


いつも応援して頂いてありがとうございます。
1日に1度だけクリックして頂けたら有り難いです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« もっと肘を伸ばせたらなあ | トップ | オール巨人阪神さんの漫才を見て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。