偽レブ、⑦パパ日記

「子育て日記」だったが、子供全員が成人したのでブログタイトルを偽物のセレブ「偽レブ」に変更。合言葉は「みんな大好き」

禁止薬物混入事件

2018-01-11 19:27:33 | 事件・事故(三面記事)
カヌーのライバル選手への禁止薬物混入事件で、サラリーマン時代のある部長のこ
とと、ハーディング事件を思い出した。


広島ブログ
広島ブログランキングに参加しています。あなたのポッチンで私は幸せになれます。



まず、ある部長の話し。この方はスポーツ特待で六大学のある大学に行かれレギュ
ラーだった方なのですが、スポーツマンの爽やかさの欠片もない方だった。上に媚
び、部下の手柄は横取りするし、パワハラセクハラは日常茶飯事、そして本社に優
秀な部下のありもしないスキャンダルを捏造して報告するような人だった。

最終的には、部下の全くいない閑職に追いやられるのだが(部長のママ)その時に
営業本部長と飲む機会があり、本部長に「なあサカタ君。〇〇部長のことなんだが、
あそこまで実績を残した選手なのにスポーツマンシップに欠けるよね。なんでだろ
う?」と訊かれた。

「強豪校のレギュラーの座は、どうしても奪われたくないので、優秀な後輩は潰す
って聞きますよ。スポーツの世界って、爽やかな実力の世界なんかではなく、足の
引っ張りあいや、陥れるようなことが多いと聞きますから、〇〇部長は高校大学の
ころとなにも変わってないのかもしれませんね」と応えました。当然、全部が全部
だとは思いませんし、本人の元の資質が1番大きいのだと思いますがね。

あと、なんといってもハーディングですよね。ライバルのケリガンを襲撃してしま
いましたからね。その後、ボーイフレンドへの暴行事件も起こし、プロボクサーや
総合格闘技に進んだはずです。


広島ブログ

ジャンル:
スポーツ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はれのひ | トップ | 比較 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
薬物混入 (緩和ケア薬剤師)
2018-01-11 21:59:52
薬物混入被害を避けるためには、
学校で教える「性善説」では
絶対に防げません。
教育委員会のエライさんにも進言しましたが
「狙われている自覚」
これが大切です。
私がやっている薬物濫用防止教室は
そのへんにとても「力」を入れています。
もちろん、紙芝居ですけど。
緩和ケア薬剤師さま (⑦パパ)
2018-01-12 06:43:35
仰る通りかなしいかな「性善説」では予防は
出来ないですね。「人を見たら泥棒と思え」
は仕方ない。まあ医療でも学問でも疑ってか
かることが進歩に繋がりますしね。
Unknown (apple)
2018-01-12 12:59:01
イチローが、確かマリナーズの時代、『君は我々チームの誇りだ』と言われるが、心の中では逆のことを思ってるやつもたくさんいるだろう……みたいなことを言ってたのを思い出しました。
appleさん (⑦パパ)
2018-01-12 13:32:47
そうなんですか、それは知らなかったですが
白人社会で東洋人は差別されていますしね。

コメントを投稿

事件・事故(三面記事)」カテゴリの最新記事