⑦パパの「頭の中は575」

元は「子育て日記」だったが、子供達も全員大人になっており、最近「俳句」の記事が増えたのでタイトルを変更しました。

久しぶりの吹奏楽の思い出 第37話「高3は何人残るのか?」

2013-08-31 14:52:33 | 教育・教養(知ったげな話)
広島ブログ
広島ブログランキングに参加しています。あなたのポッチンで私は幸せになれます。

第37話「高3は何人残るのか」


定期演奏会は終わった。
次は、16名の高校3年生の中で、何人夏のコンクールまでクラブに残るのかが問題だ。

先生から返事に1週間の猶予を貰ってるらしいが、じゅんぺーさんちのお嬢さんと、
うちの娘の2人は、定演の終ったその日の内に「夏まで残ります」と先生に宣言した。

「ちいたあ悩めや。あまり良くない成績なのに、受験は大丈夫なんか?」と、
本当は残ることが嬉しくて仕方がない私だが、わざとそう言ってみた。
「本当は嬉しいくせに」と、娘に心は読まれていた。

娘は
「今までの朝錬、昼練の時間に自習室におるけえね。そこに返事を言いに来て」
と、他の高3に伝えておいた。
1週間の猶予はあったが、半分の子は結論が出ていたのだろう、翌日に返事があった。

その他の子は、なかなか返事がない。本当は全員残りたいはず。おそらく親と戦っている
のだろうw

3日後くらいかな、自習室にいた娘に、3人ほど沈んだ表情で話しかけて来た。
「話があるけえ、外に出よう」
「うん、わかった」
「うちら、もう決めたけえ」と下を向いたままで、暗い。
「うん分かっとる。それは仕方がないよ・・・」
「え、どう分っとるん?」
「親の説得、ダメじゃったんじゃろ?」
「え、うち等ね、残ることに決めたんよ!」
「もっう~」4人で抱き合って、喜びあったらしい(笑)

うらやましい、青春だ!

最終的に、打楽器が2名中2名。バスクラ、バリサク、ウッドベースは1名中1名と
100%が残ってくれた。
そして金管は5名中4名が残ってくれたが、サックスの1名は、予定通り残れなかった。
そして、クラリネットが5名中1名しか残らず、合計で10名しか残らなかった。

クラの1名は娘達はある程度予想出来ていたようだが、先生方はほぼ全員残ると踏んで
いたようで、その報告に行った時かなりビックリされたようだ。

中学で2回、高校でも2回、合計4回もアンコンで広島県代表として中国大会に進んだ
H山のクラリネット。その売りのクラが1人しか残らないと聞いた時点で、先生は
「中大は無理だと思った」そうです。(すべてが終わった秋の時点で言われたのだが)


広島ブログ
広島ブログランキングに参加しています。あなたのポッチンで私は幸せになれます。




コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 辛いもの試し隊・台湾ラーメン | トップ | 9月のお題は、「心に残る記念... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (もみじ日記)
2013-08-31 15:49:23
出場できる回数が限られ,受験がある高校生は大変ですよね。
ある意味何度でも出場できる社会人の方が楽かもしれません。
私も,テニスで広島市D級からC級に昇級するのに22年かかりました^^;
H山の女子(たぶん中学生)は1年で昇級しましたよ。
北村先生 (⑦パパ)
2013-08-31 17:54:57
え、22年もかけてまだC級だったんですか?
私はてっきりB級くらいかと思ってましたよw うそ、失礼
実はテニスの級がよく分かりません。

そう、社会人は何回も来年がありますからね。だから
感動はやっぱし高校の部ですね。
涙でそうになります。 (misakikanan)
2013-09-02 14:49:13
私、昔、吹奏楽部でした。ブログ読んでて、ウルウルくること、しばしばです。青春目の当たりにできて、幸せですね。
misakikananさん (⑦パパ)
2013-09-02 15:15:57
コメントありがとうございます。
良かった、ウルウルしていただけて幸せです。
書く方もウルウルしながら書いていますw
又コメントください。そうそう、最後の2話は爆涙できます
実はあと5話で終るのですが、最後の39話、40話、最終回
おまけ、のラスト4話は今まで以上に泣けますよwこのコメント
書いていても思い出してウルウルしてますからw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教育・教養(知ったげな話)」カテゴリの最新記事