⑦パパの「頭の中は575」

元は「子育て日記」だったが、子供達も全員大人になっており、最近「俳句」の記事が増えたのでタイトルを変更しました。

新調のスラックス、丈が合わない

2020-10-17 08:34:33 | 健康

広島ブログ
広島ブログ ランキングに参加していますので、1日1回ポッチンの応援よろ
しくお願いします。

 

今年2月の娘の披露宴に向けて、昨年の5月12日から始めたダイエットです

が、その5月12日の時点での体重は113キロ、ズボンのウエストは115

でした。一カ月で10キロ痩せ102キロになっていた。その時前年までの夏

用のズボンがブカブカで夏用にウエスト105センチのズボンを2本作りまし

た。10月になると更に10キロ減り、冬用のズボン(W115)や5Lのシ

ャツはブカブカなので、W100の冬用のズボンを2本作りました。その時に

流石にお披露宴後リバウンドしたとしてもW115まではリバウンドしないだ

ろうと夏用も冬用もW115のズボンはみなすてました。5Lのシャツもね。

披露宴を91キロで済ませた後は、リバウンドの予定はなかったのですが、そ

の頃からの自粛生活でスポーツセンターに行かなく(行けなく)なり、じわじ

わとリバウンド。夏は前年作ったW105と春にW100を2本追加したので

すが、9月ころからW100は苦しくなってしまった。

そして冬を前に、去年10月に作ったズボンはすべてW100なので、苦しく

て仕方がないので、とりあえずW105で2本作ったのです。が、ここで大失

敗してしまった。

私は試着室でお店の方が足下で裾を止めてくださる行為が大の苦手。なんか他

人様が足下で土下座じゃないが、超低い姿勢になると職業とはいえ気の毒と云

うか申し訳ないし、私はそこまで偉くないと思ってしまう。だからズボンの裾

合わせは「股下76で」「履かなくていいんですか?」「良いです良いです。

全部76ですから」で済ましていた。

そして今回作ったW105のズボンを造る際、年のせいか(年のせいで!)股

下何センチか分からなくなった。でも測ってもらうのは嫌なので一生懸命に思

い出して「股下67で」とお願いした。そうそう、6と7があったはず!と

出来上がったズボンをはくと、今若者が穿いているような脛辺りまでしかない

短いズボンに・・・(汗

夏用のズボンの股下をはかると76じゃし。さかさまに思い出したと云うか、

間違えてしまった。

お店に行って、店長さんに「ごめん、この2本、出せるだけ出してくれん?股下

間違えた」とお願いしたら「いつも買ってもらってるので無料で良いですよ」と

「いやいや払います」「いやいいです」「ではよろしく」となりました。最近は

お釣りの暗算が出来ないし、確実に老化してますよね。なさけない

出来上がったズボン、店長さんが「7センチしか出せませんでした」とのことで

す。67+7=74 2センチ短いとやっぱしなんか変ですよね。芋洗い坂係長

みたいになってます(汗) もう1回作るしかないのか?

ママは「去年全部すてるけえよ」と言いますが「去年捨てたのはウエスト115

センチで!今でもブカブカじゃい。さすがにそこまでリバウンドはせんけえ」

 

10月の同じお題で書きましょうは「体育」(※クラブや趣味じゃなく、授業の

体育)でお願いします。20日に書いてください。出来れば一句添えて!

 

↓ ラインスタンプ ➜ 購入画面

広島ブログ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加