遊工房・雑感

日頃のあれこれを綴る日記です

今日は猛暑日再来

2018-08-21 19:04:46 | 日記

40度にはならなかったけど

38度まで行った

おばさんのところから帰ってきたら

白ちゃんがいない

てっきりまた出たかと思って土間の戸を開けて置いたら

夕方姿を現した

帰ってきた武蔵に話すと

もう話が通じなくてけんかになるばかりだ

もう暑いとすべてうざい!


 

コメント

今日はおばさん食事できたらしい

2018-08-21 18:41:42 | 日記

これからちょっと忙しいから

来られない日もあるかもだからね

といったのが効果があったのか

ご飯に海苔の佃煮つけて食べたら食べられた

と言って

何もほしくないというのだ

看護師さんに聞いたら少し食べるようになりましたって

ほっぺがげっそりだったの少しふっくらが戻ったような気がする

作っていった食料は

すべてパアだわ


さて 本屋に行って図鑑って売ってないの?

と聞いたら子供用のしかなく

子供の本棚にあったのを眺めて

これにするかなと思ったけどそれは見本

見本でもいいから売ってくださいといったけど

だめなんだって

別の出版社のお勧められたけど

だって見てよ写真が全く違うじゃない

と言ったら わかってはくれたけど売ってくれない


そこから別の本屋まで行く元気はない

大体駅前に本やがないってどういうことだ?

さてそろそろ仕事にかからないと

期日に間に合わない


今度のパステル講座は大木だというけど

羽黒神社に樫の木あるかな


コメント

きゃあ 二人ぎゃあ泣きだ

2018-08-21 12:57:47 | 日記

画像に含まれている可能性があるもの:2人、赤ちゃん、クローズアップ

なんかこれから毎日 用がありそう

いつ東京に行けるかなあ


いいや

行っちまえ!

来週の木金かな?

来月初めも 猫当番に行くし


気が晴れていいわ

今日は 武蔵は東京に通院よ

さてそろそろ病院に行かなくっちゃ

ご飯が冷めないと行かれないのよ熱いと

嫌だというんだもの

コメント

八朔

2018-08-21 08:32:04 | 日記

今朝武蔵が広島出身の友人が

帰郷したお土産にともらった八朔ゼリーをくれた

おいしい!


八朔が柑橘類の中で最高よ

と教えてくれたのは広島出身の友人だった

浜初の八朔をいただいたので作ったマーマレードもおいしいぞ!



コメント

キベリタテハ

2018-08-21 06:14:36 | 日記

「キベリタテハ」の画像検索結果

下はクジャク蛾

最大の欧州産の蛾、巨大な孔雀の蛾、白い背景の前のクジャクのピリジルアゾ — ストック写真

この間クジャク蝶というのを載せたけど

Tagpfauenauge (Inachis io) d1 2.jpg

私の思い込みでは

体がけば立ってたり

幼虫が毛虫だったりするのが蛾だと思ってた


それは嘘なのね

アゲハの幼虫の赤ちゃん時代は

毛虫ちゃんだ



この蛾と蝶区別するのは日本特有らしくて

ヨーロッパでは区別しないって


虫嫌いの人のことがだいぶ出てきたけど

それが普通で

蝶を飼う男なんてのはフランスでも普通じゃないのか?


虫を見ると興奮する私には想像できなかった

でもさ

蝶々の図鑑が欲しいよ


田舎で不便なことは画材が買えない

本屋で気に入った本を見つけられない


おばさんは民話の絵本を喜ぶので

見つけに行ったけどなかったのだ


ネットで買えばいいけど見て選ぶってのが好きなのだからな





コメント

台風のせいだ

2018-08-20 19:44:07 | 日記

もう手術した膝が痛くてかなわん

天気痛っていうんだってさ

寝るのが 一番みたいだ

とさぼる口実ができた

コメント

皮膚科に行ってきた

2018-08-20 15:42:04 | 日記

ものすごいぶつぶつで

掻き壊して血だらけなのだ

白ちゃんが

家出して虫をつけてきたかもしれず二匹ともスポイトで殺虫剤を

チュウするのやってもらったがなあ

ともかく皮膚科が連休明けて

行ったらすごい混雑で

もう待ってるだけでくたびれた

アレルギー検査をした結果も持って行った

今朝 ワカサギの佃煮を食べたら鼻がひどくかゆくなってしまった

多分調味料に胡麻が入ってるのだ

胡麻

ミルク

バナナ

小麦

これらがだめなのよ 私

あとダニも花粉もダメ


病院の後は薬屋でまた待ち時間

おなかが減ってしまった

家にはおばさん用のおかゆみたいなご飯しかない

スーパーに寄ったら

中とろ鉄火丼 売ってたそれにした

然しさぼってそんなの食べたらひどいことになった

胸につかえて

げーげー はいてしまった

なんかもうくたびれ果ててまた車運転して30分

病院に行く気が無くなって

どうすりゃいいんだ

(ここ筑西市は 車の家庭での保有台数

全国一だってさ

つまり車がなきゃ暮らせないところということだ

どこに行くにも車だもんな

57で免許取った

婆運転手にはきついよ)


30分ほどぐーたら休んでようやく出かけたら


おばさんは今日はお風呂に入れてもらえたらしい

お風呂に入れない臭くないか?と盛んに

気にしてたからさっぱりしてよかっただろうな

半そでのパジャマを着ていたので

寒いから長袖はないのか

着せてクロ

というので私はおばさんの体を動かせないので

看護師さんを呼んでくると言ったら

お向かいのベッドの始末をしてた男の介護士さんがやってくれた

長袖を持ってきておいてくれ寒い

というが

ロッカーを見たけどちゃんと入ってるって

さておなかすいてるのかと思い

食べると聞いたがいらないという

昼ご飯は何もないから食べなかったというのだけど

(何もないというのは食べたいものがなかったという意味)

食べずに下げさせちゃってるのだ

ともかく何もいらないというので

内心

それなら来るんじゃなかった

と子供みたいにいじけた

しばらくしたら

スープも飲むといい

ご飯も二口食べて

どら焼き食べる?とちぎって見せたら口を開けた


ほんの少々食べて

もういらないと手を振ってお断り


でも少しでも食べてよかった


何も食べるものがないという意味が

しょっぱいものがないというので????

先日と言うことが違う

味が薄いと文句が出てた人だから海苔の佃煮と梅干を置いてあって

味が足りないとき足して食べて

と言ってあるのだがそれはみな出しといてくれという

スープの残りも

でもそういうわけにいかないからスープの残りは冷蔵庫に入れたが

多分すべて忘れて食べやしないよ


今日は本当に出てくるの意がつらかったのでおばさんが当然来ると思っているといけないので

お盆休みが終わっていろいろあるから来れるときは

来るけど来れないときは来ないから

病院で出されたものを務めて食べてね

と言ってきた


だって帰る間際に必ず明日も来てくれるだろうね

と念を押されちゃうので

ホント一人じゃ寂しいらしいのだ

おばさんもひとり者でずっと一人で暮らしてたのに

さみしがり屋なのかなあ

私は一人っ子なので一人で病院暮らしは

全然平気よ

もっとも 病院の食事はやっぱりだめ

味が濃すぎる 

武蔵はサツマイモ畑の手入れだったようだ

そのうち山形の子たちがサツマイモ掘りに来るのだよ

コメント

子供

2018-08-20 05:29:36 | 日記

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)

かなちゃんとこっちゃんは

ミラーボールの展覧会に行ったらしい

自動代替テキストはありません。

ねぶたもあったらしいや

お出かけ練習だって

よかったね

久子さんのお話会2,3歳の子たちだったそうだ

これはかつて

私が朗読やってた頃のお話会の写真

2,3歳って

この子たちより小さいやね

でもかなちゃんも絵本を読んでもらうの大好き


普通の子の半分くらいの成長速度だから

言葉がわかっているわけではないのだ

でもお話大好き

もちろん絵本をぶん投げるのも大好き

そうやって子供はいろいろな世界を獲得していくんだなあと

子供相手のことって

楽しいよね

いろいろ知ってしまった大人より豊かなものをつかんでいるのかとも思うし

コメント

お絵かきその二

2018-08-20 05:05:02 | 日記

一昨日の

馬頭行はかなり疲れた

大体3時間くらい運転をしたのだ

知らない土地だから神経も疲れたのだろうか

スケッチにわざわざ遠くまで行かなくたって

この田舎近場にいろいろ魅力的なところはある

スケッチタイムは二時間だった

描いたのは

これと

これを絵にするのが本当の作業だけど

上の蕎麦屋さんはかなり魅力的な建物だったけど

描きたい建物

ここ下館界隈にもいっぱいあるんだわよ


下のを描いてるときは

木でできてる魅力的な建物

「遊工房・雑感  スケッチ」の画像検索結果

これとかさ

下館の裏道で見かける家々いとかさ

思っていて描いてないのがいっぱいあるし

さてまずは紙芝居に取り掛からないとな

切り絵でやりたいが手がだめだからな


無理だろうな

こういう前に使った切り絵を流用するかな

この紙芝居の背景にも

これとか

これとか流用してあるのだ


でも例の寺院取材に行かないとな


切り絵

やってみるかな




コメント

お絵かき

2018-08-20 04:55:43 | 日記

自分が父や母がもうなくなった年を超えて

あと何円生きるだろうかということはよく考える

そうは長くはないだろうよ

できることは限られている


絵を描くものが死んだあと絵の始末はホント厄介だ

私の場合すべてゴミになるだろうけど残されたほうはあっさり捨てられない

そうやって友人知人にもっていかされるのだろうが

もらったほうも始末に困るというのが本音じゃないのかと思うことがある

というわけで二枚目の

がそろそろできるよ

これは

見てるほうは大変な作業に見えるらしいが実はすごいさぼり技

ながら作業なのだ

これで思った

稚拙な線だけで描いた絵というのも面白いよなと思うし

それってこういう編み絵に向いてる

これは作っても迷惑ではない

ひざ掛けにもなるしね


コメント