旅がらすな日々

上州にふるさとを見つけ10年余。世界を走り回りたいけど他にもやりたいこといろいろ。ラン日記のはずが走らない言い訳日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

8月5日広島市内朝ランで、原爆体験記をしのぶ

2016-08-11 16:01:15 | ラン日記

原水禁大会の分科会の前に、朝ラン8.3km

駅前大橋を渡り、比治山をめざす

あの日、何が起きたかわけわからずに逃げ惑いながら

この山を目指した人々も

今はショッピングモールからスカイウォークができているが

早朝は開いてないので、階段を登り、

比治山公園に

真下の眺めは遮られるが、市街地の向こうに遠くの山並みが見える

山頂は、電波塔の横の階段を登って…が草ぼうぼうなだけだった

遊歩道を走って、戦没者墓地

それから、放射線影響研究所に

この時期だからか、公開中

子どもたちが見て理解できるようなイベントが開かれている

見晴らし台から市街地を見おろし

京橋川を渡り、

ここは旧道?山陽道なのかなあ

地図なしで走っていたら方角を間違え、2号線まで南下してしまったが

元安川にかかる平和大橋に

原爆ドームも見える

平和大通りぞいの旧国泰寺愛宕池跡

あのとき被爆して大やけどを負った人々は

太田川や元安川、京橋川に飛び込んで体を冷やし

汚れた川の水をガブガブ飲んで渇きをしのぎ

次々に亡くなっていった。

大都会として復興した広島だけど、被爆者の苦しみは続いている。

そして、被爆体験から平和の大切さを訴え続けている。

当事者が高齢化する中で、どうやって語り継ぐか、

大きな課題で、いろいろな工夫が始まっていた。

 


この記事についてブログを書く
« 8月10日 大収穫、どうしましょ | トップ | 8月6日 広島~厚狭のうち2区... »