遊爺雑記帳

ブログを始めてはや○年。三日坊主にしては長続きしています。平和で美しい日本が滅びることがないことを願ってやみません。

台湾有事、米国の戦略国際問題研究所が徹底シミュレーション 

2022-08-17 01:33:55 | 台湾海峡危機

 秋の共産党大会以後の中国軍による台湾侵攻危機が取沙汰される中、ワシントンにあるシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)がいま、中国が台湾に軍事侵攻した時の戦争シミュレーションを行なっていて、今年12月に結果が公開される見込みだが、概要が見えてきているのだそうです。
 「米国は多数の人的犠牲と物資を失うが、中国の侵略から台湾を守ることができることが分かった」とする一方、「台湾海峡を挟んだ戦争は、すべての交戦国にとって壊滅的な打撃になる」といった悲観論も出ていると、ジャーナリストの堀田氏。

 

台湾有事、米国の戦略国際問題研究所が徹底シミュレーション 米空母2隻撃沈も、中国ははるかに甚大な被害被る | JBpress (ジェイビープレス) 2022.8.15(月) 堀田 佳男

 中国は本当に台湾を軍事侵攻するつもりなのか――。

 台湾問題で米中の緊張が高まるなか、米首都ワシントンにあるシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)がいま、中国が台湾に軍事侵攻した時の戦争シミュレーションを行なっている。

 こうした戦争シミュレーションはこれまでも複数の研究機関で実施されてきた。

 今回CSISは、2026年に中国が台湾に大規模攻撃をしかけたと仮定し、その対応を様々な角度から研究している。

 ホワイトハウスからほど近いビルの5階で、同研究所の研究員だけでなく、退役将校や国防総省の元高官らが、今年9月までシミュレーションを続ける予定だ。

 シミュレーションは計22回も行われることになっており、これまで18回が実施され、今年12月に結果が公開される見込みである。

 すでに参加者が内容の一部を公表しており、シミュレーションの概要が見えてきている

「(米中紛争によって)米国は多数の人的犠牲と物資を失うが、中国の侵略から台湾を守ることができることが分かった」とする肯定的な見方がある一方で、「台湾海峡を挟んだ戦争は、すべての交戦国にとって壊滅的な打撃になる」といった悲観論も出ている

 シミュレーションの参加者は西太平洋と台湾が拡大された地図をもとに、「赤チーム」の中国と「青チーム」の米国・台湾に分かれて、チェスをするように軍隊を操っているという。

 CSISの上級顧問であるマーク・カンシアン氏が米メディアに述べている。

「すべての場合ではないが、ほとんどのシナリオで、米国と台湾は中国の侵略を撃退することができることを示している」

「ただその代償は台湾のインフラや経済だけでなく、太平洋に展開する米軍にとっても非常に大きいものになる

 シミュレーションによっても違うが、米中間で激しい戦闘が1カ月間続いた場合米国は原子力空母2隻を失うだけでなく、最先端の戦闘機を数百の単位で失う可能性があるという。

 この損失は米軍にとっては大打撃で、米軍の世界的な軍事力低下につながりかねない。

 しかし前出のカンシアン氏の見立てによれば、中国軍が多くの米軍艦船を撃沈して米航空機を破壊しても、「同盟国による反撃は中国海軍の艦隊を打ち負かし、最終的には約150隻の中国艦船を沈没させることになる」としている。

 専門家によると、150隻という数字はほとんど中国軍の敗北を意味するという。

 さらに、別のシミュレーションでは次のような展開も予想されている。

 まず中国軍が日本国内の米軍基地と太平洋上の空母打撃群に弾道ミサイルを発射する

 米軍のジェット戦闘機部隊が大破させられ、空母を含む米艦船が沈没する。

 そして中国は台湾の東海岸に軍艦を派遣し、台湾のインフラを砲撃して地上部隊の移動を妨害する。

 次に中国軍は台湾侵攻作戦を敢行し、約2万2000の兵力を台湾南東部に上陸させる。そして港湾や飛行場を占領しながら北上していく。

 しかし米軍が本格参戦してからは徐々に中国側は形勢が不利になっていき、台湾の東海岸付近にいる中国艦船が破壊される

 さらに米軍によって兵員や物資の輸送をする中国艦船も攻撃され、中国側が不利な状況に追い込まれていくという。

 シミュレーションではさらに、中国軍が台湾に上陸して首都台北を占領する動きに出ても、米軍は航空機とミサイル、潜水艦による攻撃によって中国軍の補給能力を断って侵略を阻止できるとしている。

 中国側は楽観的なシナリオのもとでも台湾の3分の1を占領することしかできず、結局は敗北を認めざるを得なくなるという。

 こうしたシミュレーションが行われるようになったのは昨年、米インド・太平洋軍のフィリップ・デービッドソン司令官が「中国は2027年までに台湾侵攻を成功させることができるかもしれない」と警告したことが契機になっている。

 発言直後、多くの軍関係者が驚きをもって受け止めたが、いまでは様々な視点から発言が考察されている

 今年5月にはアブリル・ヘインズ国家情報長官が、「中国による台湾攻撃の脅威は深刻である」と発言

 同月米中央情報局(CIA)のビル・バーンズ長官も、「中国は台湾を軍事的に制圧できるような状態にするために力を注ぐだろう」と上院軍事委員会で述べており、中国脅威論は依然として机上に乗っている

 さらに米誌「フォーリン・アフェアーズ」最新号で、エルブリッジ・コルビー元国防副次官補が次のように書いている。

バイデン政権は、米国が台湾を防衛することを示唆し、アジアにおいては台湾の運命と米国の信頼度が密接に関連していることを認識している

「もっとも顕著なのはバイデン氏が3回以上も、(有事の時は)米国が台湾を防衛すると示唆したことだ」

 中国が今後10年内に台湾を攻撃するかどうについては「分からない」としながらも、もし北京政府が軍事攻撃が成功すると判断した時には、中国は行動に出る可能性があるとも記している。

 日本についての言及もある。

 日本はこれまで通り、「日本の国土が攻撃されない限り、直接的な軍事行動には出ない」が、日本国内の米軍基地の使用権を拡大することはあるとしている。

 前述のシミュレーションに戻る米国は敗北することはないにしても、「損失は大きい」との見立てが有力だ。また、核兵器の使用はないと想定されている。

 地上戦の成否は台湾軍にかかっており、これまでのシミュレーションでは、中国軍は上陸地を確保できても、そこから拡大させることはできない流れである。

 中国側の消耗は激しく、部隊を展開していくための戦力は制限されるという。

 一方、このシミュレーションでは、世界最大の経済大国である米国と世界最大の人口を誇る中国が衝突した場合に失われる人命の数や経済的影響については、現在までのところ試算されていない。

 前出のコルビー氏は有事の対応策として、台湾侵攻を拒否できる強力な軍隊を配備するために国防費を増額すること、中国軍に対抗するために米軍をより適した形に変えること、同盟国に直接的・間接的にもっと貢献させることなどを挙げている。

 CSISの上級顧問であるマーク・カンシアン氏は
 「ほとんどのシナリオで、米国と台湾は中国の侵略を撃退することができることを示している」と。
 「ただその代償は台湾のインフラや経済だけでなく、太平洋に展開する米軍にとっても非常に大きいものになる」とも。
 シミュレーションによっても違うが、米中間で激しい戦闘が1カ月間続いた場合、米国は原子力空母2隻を失うだけでなく、最先端の戦闘機を数百の単位で失う可能性があるのだそうです。

 米軍にとっては大打撃ですが、カンシアン氏の見立てによれば、中国軍が多くの米軍艦船を撃沈して米航空機を破壊しても、「同盟国による反撃は中国海軍の艦隊を打ち負かし、最終的には約150隻の中国艦船を沈没させることになる」と。

 中国軍は、日本の米軍基地からの攻撃にも対処しながら台湾上陸を目指すのですが、地上戦の成否は台湾軍にかかっており、これまでのシミュレーションでは、中国軍は上陸地を確保できても、そこから拡大させることはできない流れなのだそうです。

 ウクライナが米軍ほかからの支援を得ながら、ロシアとの闘いで善戦しているのと類似?  台湾軍も米軍と連携して防戦。

 シミュレーション結果で、米軍有利の情報を公開。中国軍には大きな抑止力になりますね。



 # 冒頭の画像は、プルーアンス級ミサイル駆逐艦を伴って太平洋上を航行する米空母「エイブラハム・リンカーン」




  タマサンゴ


↓よろしかったら、お願いします。



遊爺さんの写真素材 - PIXTA

写真素材のピクスタ

Fotolia

 

コメント (1)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ペロシ氏訪台で過敏に反応し... | トップ | 中国の高度経済成長、2020年... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ewkefc)
2022-08-17 05:39:15
『台湾有事、米国の戦略国際問題研究所が徹底シミュレーション』に対する意見 https://blog.goo.ne.jp/yuujii_1946/e/4d9a8bbcb681e863faaba93d8e4e17eb

>秋の共産党大会以後の中国軍による台湾侵攻危機が取沙汰される中、


資本主義経済のメカニズムを知らない論理的思考力が無い人は、本気で台湾有事なるものを信じているようですね。
しかし、普通の知能の持ち主はあり得ないことを知っているのです。
よって、こんなシミュレーションなるものに飛びつくことはありません。

いいですか。資本主義経済による共同体運営は、永遠の経済成長を前提に成り立つのですよ。
中国と台湾は良好な貿易関係を構築しており、わざわざお金の流れを止めて経済成長を鈍化させる理由は存在しないのです。
経済成長を鈍化させて得られる国家運営上の利益は存在しないのだから、台湾が独立宣言する可能性はないし、中国が軍事力を行使して力づくで統一を図ることはあり得ないんだよ。
アメリカの国防力を遥かに超えた軍事力はドルの価値を維持するためのものなの。そして中国はドル体制を支えている主要国だ。
中国とアメリカの関係は、債権国〈中国〉と債務国(アメリカ)の関係。つまり、アメリカは中国に借金をして現在の軍事力を維持しているんだよ。

国家が保有する軍事力は国家運営という目的を超えて行使されることはない。
何故なら、国家が保有する軍事力は国家財政で賄われているからだ。
国家運営を語らずに戦争ごっこの観点で国際政治を語る。愚かしい。

コメントを投稿

台湾海峡危機」カテゴリの最新記事