遊爺雑記帳

ブログを始めてはや○年。三日坊主にしては長続きしています。平和で美しい日本が滅びることがないことを願ってやみません。

慰安婦問題 逃げ切りを狙う朝日を捕まえよう

2014-08-16 23:55:13 | 慰安婦問題
 慰安婦問題で、一部の記事の誤りを認めながら、事の責任の重大さにはほおかぶりして、誤りへの謝罪もなく、「人の噂も七十五日」とばかりに逃げの一手の朝日に、英語版を含めた謝罪を求めたり、責任を追及する声が広まっています。
 慰安所での慰安婦への強制はあったと論点のすり替えをして、今後も強制について追及すると、盗人猛々しいとはこのことかと思わせる開き直りで幕引きを図る朝日を、このまま逃がさないために、各メディアが奮起して追及報道を続けていただきたく、関連記事には、出来る限りお付き合いさせていただこうと思っています。
 読売が、自民党内での追及の検討と、新たな談話に向けた動きについて報道していましたので、応援の意を込めた備忘録として取り上げさせていただきました。
 

朝日撤回 広がる波紋 「河野談話根拠揺らいだ」 自民の一部が新談話要求 (8/9 読売朝刊 [スキャナー]慰安婦問題)

 朝日新聞がいわゆる従軍慰安婦問題を巡る記事の誤りを認め、掲載から32年後、一部を撤回したことの余波が続いている。自民党内では、朝日の慰安婦報道をきっかけに世界に拡散した「強制連行」のイメージを払拭するため、新たな政府談話を策定しようという機運
が高まっている。(政治部 谷川広二郎)

■政府は継承
 自民党有志でつくる議連「
日本の前途と歴史教育を考える議員の会
」(会長=古屋国家公安委員長)は15日、党本部で緊急総会を開いた。
 「
まずは政府が談話を否定することだ

 「
談話が事実と異なるということを明確にするべきだ

 国会議員約40人が参加した総会では、慰安婦問題で「おわびと反省」を表明した1993年の河野洋平官房長官談話への批判が相次いだ。
 河野談話の取り消しを含めた抜本的な見直しを求める意見が目立ったが、
政府は談話を継承する方針だ。このため同会は、河野談話を残しながら、日韓国交正常化50周年を迎える来年をメドに、新たな談話をまとめるよう政府に求めていく
考えだ。同会は談話の策定には、慰安婦問題を巡る朝日報道が大きく影響したとみており、記事が訂正されたことで談話の根拠が揺らいだと判断しているためだ。
 同会幹事長代行の萩生田光一総裁特別補佐は総会後、記者団に「
新たな事実に基づき、新しい談話が出てきてもいい
という方向で整理したい」と述べた。
 同会としては、
河野氏が談話発表の記者会見で、日本による強制連行の事実があったという認識かどうかを問われ「そういう事実があった」と、談話の内容を超えた発言をしたことも問題視している。河野氏を呼び、韓国で慰安婦にする女性を強制連行したとした吉田清治氏の虚偽証言に関する朝日報道などが、談話策定や記者会見発言にどれほど影響したのかを検証
する方針で一致した。

■経緯聴取を
 「長期間にわたって記事が訂正されず放置されたのは許せない」「日本をこれだけおとしめた虚偽報道を徹底的に検証するべきだ」などと、総会では朝日批判も出た。朝日が記事の誤りに気づいた時期や訂正にいたる経緯を聞くため、
同社OBらを同会に呼び、説明を聞く
方針を確認した。
 自民党内には当初、朝日幹部らを国会招致するべきだとの声すらあった。だが、政府・自民党内では、「報道関係者を国会に呼べば、報道への政治介入だと批判を浴びる」として慎重な意見が大勢だ。同会がOBを対象に意見聴取をする方針となったのは、こうした慎重論への配慮からだ。

■強い保守色
 同会は1997年、日本の歴史教科書での「偏向教育」を正すことを目的に、保守色の強い若手議員による会として設立された経緯がある。
安倍首相は、同会の発足当時からの主要メンバー
で、現在は顧問だ。会のメンバーには首相に近い人物が多く、緊急総会は首相とのあうんの呼吸で開催されたとの見方もある。
 ただ、
安倍氏は首相就任後は、同会の主張とは一定の距離を置いている
。この日の総会にも出席しなかった。同会の要求が今後、政府・自民党内でどれほど広がりを見せるかは不透明だ。

強制性を強調 韓国紙の論調に変化なし

 
韓国では、朝日新聞がいわゆる従軍慰安婦問題を巡る過去の報道を一部撤回しても、「強制性」などを強調するメディアの論調に変化はない。むしろ、日本国内での朝日追及の動きなどを批判する記事が目立っている

 慰安婦を巡る朝日の報道は、韓国メディアの論調に影響を与え、韓国社会に「組織的な強制連行があった」との誤った認識を定着させる一因になった。朝日が記事を取り消した吉田清治氏の証言については、民放や新聞が1980~90年代に報道。92年、旧日本軍が慰安婦の募集を監督していたことを示す公文書があったと報じた際も、主要紙が転電した。韓国紙ベテラン記者は、「
韓国側に立ってくれる朝日の慰安婦報道には常に注目してきた
」と振り返る。
 最大部数の朝鮮日報は9日のコラムで、朝日が記事撤回後に日本で攻撃を受け、「加害者の国の新聞が常に被害者の側で戦ってきたから、孤立し疲れが見えてきた」と指摘。
「知恵を持って助ける方法が韓国政府にはあるはず」と政府の対応を促した。中央日報も7日、日本の「右派言論」が朝日を攻撃し、自民党もこれに加勢していると批判的に報じるなど、「朝日擁護」で一致
している。
 論調に変化がないのは、慰安婦の強制連行を証明する資料が見つかっていないにもかかわらず、韓国では政府も含めて「元慰安婦の証言で強制性は十分証明できる」との見解を取っているためだ。大統領府筋は「韓国政府に登録された237人の元慰安婦の証言から、彼女らが『意に反して慰安婦にさせられた』のは疑いようもない。朝日の報道で吉田証言などが崩れても、韓国政府やメディアの姿勢に変化が起きるはずもない」と言い切る。朴槿恵パククネ大統領も今年3月の演説で、「歴史の真実は、生存者たちの証言だ」と語っている。
 聯合ニュースは12日、96年に慰安婦問題を巡る国連報告書を作成し、日本に法的責任を認めるよう求めた国連人権委員会のクマラスワミ元特別報告者のインタビューを伝えた。同氏の「明らかに大部分で強制性があった」との見解を紹介するなど、強制性を改めて強調する内容となっている。(ソウル 中川孝之)


 安倍首相は、政権を取り戻した衆議院選でも、その後の総裁選でも河野談話の見直しを掲げていましたが、総理・総裁就任後、橋下市長の失言騒動を経たあたりから慰安婦問題に触れることは避けるようになり、オバマ大統領の仲介での日米韓首脳会議が近づくころには、安倍内閣では河野談話の見直しは行わないと公言しました。
 維新の会の尽力で、河野談話が、韓国政府の要望を組み入れた合作であり、慰安婦とされる方々への事情聴取は検証もなくセレモニーであったことが判明し、河野談話の再検証に着手することが決まった直後の、談話見直し放棄の、談話検証と矛盾する訳の分からない公言でした。

 そこへ、今回の朝日の関連記事の一部取り消し公表。
 裁判の再審でも、新たな証拠が見つかれば行われますし、新たな証拠次第で判決も変わります。
 記事で指摘されていますが、新たな証拠(正確に言うと、談話の記者会見に影響があった朝日の記事という証拠が間違いだった)が判明した以上、新たな談話が必要なのは当然でしょう。
 そして、間違った記事の影響があったと思われる河野談話(検証結果でも証言の裏付けがなされていないことが判明し、信憑性に欠けることが判明)に基づく、国連や、米国をはじめとする韓国の誤ったプロパガンダに影響された動きへの、今回の真実を伝え、誤った認識や誤解を解く義務が政府や与党にはあります。

 自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」では、民主主義国家としての配慮を重視しながらの、新たな展開への対応を進めていただいています。
 
「まずは政府が談話を否定することだ」>

  見直しはしないと公言してしまっていますから、ハードルは高いですが、記事が間違っていたと取り消しされた部分があるのですから、その関連がある部分や、今回の検証で明らかにされた事実も含め、世界へ発信し、誤りを正さねばなりません。

「談話が事実と異なるということを明確にするべきだ」

 談話の検証結果の発信と、今回の記事の誤りによる談話(談話の記者会見での河野氏の発言)の信憑性の実情を世界に発信すべきです。
 そのためには、河野氏はもとより、必要な関係者への聞き取り調査や検証が必要です。

 誤ったプロパガンダで、日本の誤った見方が世界に浸透定着し始めています。
 その誤りの根拠の重要な証拠が崩壊したのですから、そのことは、世界に急いで知っていただかねばなりません。
 朝日新聞は、英語版での報道はしない様ですので、あらたな談話の形がよいのかは別として、済州島での軍の強制連行という報道は、事実無根の報道で取り消されたことは、政府が発信してもよいでしょう。
 読売が既に行っていますが、各メディアが英語版、フランス語版他で世界に発信するのがすばやくてベターですね。
 外国人記者クラブで、朝日新聞か、植村元記者との会見を開いてもらえば、もっとてっとり早い。

 日本のメディアの特徴でもあり、遊爺を含めた日本人には、冷めやすい面があります。それは、朝日の思う壺です。
 朝日がつぶれるまでとは言いませんが、少なくとも外国語版を含めて、記事取り消しの失態と誤りによる影響へのお詫びと再発防止策発信がなされるまで、これからも、朝日の追及は続けていきましょう。

 韓国メディアでは、論点をすり替えて開き直る朝日を、日本国内でいじめられていると援護する風潮がある様です。朴槿恵は、都合の悪いことは耳を塞いで、依然として慰安婦問題で念仏を唱えています。なによりも、自身の支持率回復が最優先なのですね。
 朴大統領演説 対日関係は「慰安婦」だけか : 社説 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)



 # 冒頭の画像は、自民党の日本の前途と歴史教育を考える議員の会で、朝日新聞の慰安婦報道について話す櫻井よしこさん






   銀梅花の実


↓よろしかったら、お願いします。






Fotolia






コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 8月15日(金)のつぶやき | トップ | 8月16日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本の失敗 (まんだらけ)
2014-08-17 07:12:07
日本の4~6月のGDP成長率が-6.8%と
悲惨な内容となりましたね。
こらで消費税の10%の引き上げをどうするのでしょうね?
しかし、公共事業のばらまきで上げなければならないでしょうね。赤字が1年で45兆円も増えそうですからね。
それに引き替え中国は生産業PMIが51.7と経済拡大に成功し、7月の貿易黒字が4兆8000億円と天文学黒字。
日本の貿易赤字8000億円と対照的です。
これでは習さんから「日本は大丈夫か」
と心配されそうですね。

コメントを投稿

慰安婦問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事