#19 標的はイクト!?/ゴツモンの企み

うわー、6月から放置してたのか、俺…orz

とりあえず、ほんとはあんまりこんなことしてる時間ないんだけど、余りにツボったので19話の感想書いちゃう!!

ということで、気がついたらすっかり タイトル→Aパート?→OP→CM→Bパート?→CM→ED(→跡部様w)が定着しちゃいましたねー。個人的にはやっぱりOPから入って欲しいものの、もうこのスタイル慣れました^^; タイトルがすぐにわかるのも、とりだめた中から見たい話を探すには結構便利だしね。できれば通しナンバー入れてほしいけど。


で、ですねー、いろいろあって、マサルたちはデジワーに殴りこみに行って、逆にメルクリモン前にしてピンチになったところを、ヒロちゃんと陽気なムシじゃなくってカメモン(ガワッパモン)に助けられ、泣く泣くヒロちゃんをデジワーに残して現実世界に戻ってきたんでしたね。(いや、普通に話見てる人には分かってるからw)

で、前回、横浜の海の上にゲートが開いたおかげで、マサルたちは海に落下して水も滴るいい漢なところを隊長に回収されたんですよね・・・

で、なんで、兄貴たちの髪とか濡れてないんですかーっ!?!? ってか、DATSスーツ、なんで濡れてないんだーっ!?

ってか、兄貴、なんで上半身はだかだったんだーっ!? って思ったら、あれ、新しいスーツにお着替え中だったのか・・・って、とてもじゃないけどそんな様子には見えなかったけどな。

結局、1)DATS本部には予備のスーツが山ほどある、2)帰りのヘリの中で無理やり乾かした(無理だと思うが)、3)あのダサいDATSスーツは実は完全防水なので濡れなかった(ってか、完全防水完全防火弾丸くらいは跳ね除けるくらいの衝撃耐性になってるとか!!)、の、どれが正解なんだろうか?

#個人的には、兄貴が自らあの制服を着たがるとは思えないので、3)の可能性を信じてみる

ってか、最初上半身はだかの兄貴を見たときに「漢はだまって赤ふんか!?」と思ってしまった自分がいろいろヤバイかも・・・orz で、次に「流石に褌はあんなに幅とらないし・・・」と思って「漢は黙って赤トランクスか!?」と思ってしまった自分がいろいろヤバイかも・・・orz

ってか、やっぱ中学生のおパンツなんで見せませんよね・・・朝から・・・orz

って、なんかどんどん違うほうに脱線しそうなので本編に戻ってみる。

なんか、兄貴とイクト、そのまま兄弟になっちまえYO!ってくらい性格似てますなーv ってか、兄貴の精神年齢が推定10歳(かそれ以下)なだけかw

#もちろん、そんな子供らしい兄貴も好きなのだわーv

で、デジヴァイスのおっちゃんが実は所長だったことが判明したわけですが・・・ さすが番長!仲間は自分が守る!って暴れ巻くってますなー。暴れすぎてとうとう転送装置壊しちゃうしw ってか、兄貴とイクトのダブル攻撃だしw

#ちゃんと機械音痴設定が生きてるところがス・テ・キv
#「こわしたな」「こわしたわね」っつーのもス・テ・キv

結局、自分のせいでデジワーに行けなくなってしまったよw>兄貴
ってか、あの、トーマに対するぞんざいな謝り方も兄貴らしくて好きだーv(トーマ好きの人から見たら兄貴外道なのかもしれないけど^^;)

で、結局自分のせいで足止めくらったところで、隊長から10年前の事件と探検隊についての話を聞かされて、そこでイクトが、10年前の神隠し事件の当事者であり、その被害者でもあり研究者でもあった野口夫妻が探検隊に加わったことが判明。あくまでも自分はデジモンだと思いこんでるイクトは必死に否定するけど、「実の」両親に会いに行く羽目に・・・。

#って、その前に、隊長とおっちゃんって元刑事だったのね!!ちょっとびっくり。
#でもあの恰幅の良さ(隊長)とマサルを簡単にいなす機敏さ(おっちゃん)は、言われてみれば納得かも。

#それと、10年前はおっちゃんふさふさだったのね(笑)

そだそだ、こんな中途半端なところでOPキター!
今日は7分台ですな。
ってか、最初聞いたときは「なにこのダセー曲!?」って思ってたのに、今はあのダジャレが心地よくてしかたない。早くシングルゲットしなくては!!


で、元に戻って、イクトを「両親」にあわせに行くことになったわけなんですが・・・この時の兄貴は、久しぶりに保護者っぷり全開でしたなー。まぁ、兄貴の行動原理の中心は「自分が小さいころから父親が行方不明なので、(父)親のいない寂しさを味わせたくない」っていう動機から来てるだろうからねぇ・・・ 実の親がいるなら会わせてやりたい・・・ってのは、兄貴にとっちゃごく自然なことだろうし、そこが兄貴の優しさなんだよね。

#ただ、居たら居たで、「居なくなってしまえばいいのに…」って思うものでもあるんだけどね… もちろん、全員が全員じゃないけどさ… と、ちょっと自分を思ってしまってみたりする… ああ、みんなはこんなスネた人間になっちゃだめだよ!!

で、そうそう、思い出した!! 兄貴が無理やりにでもイクトを両親の元へ連れだそうとしたところで、ファルコモンが「やめろぉ!」っていうとこあるじゃないっすか。あの「やめろぉ!」に必死さが感じられないっつーか、兄貴を止めようとする仕草がなんかずいぶん優しい感じがするのは、実はファルコモンがイクトに対するのとは別ベクトルで兄貴にメロメロになってしまったから…じゃまいかと思ってみる(笑)

そういや、兄貴は無意識だったかもしれないけど、「ここにはこいつの居場所なんてどこにもないんだぜ」ってセリフ、イクトには相当響いたんじゃないかなー。自分のせいでもなんでもないのに、生れてすぐにデジワー界に飛ばされデジモンとして生きてきたのに、「実はおまえは人間、われわれデジモンの敵じゃないか!おまえなんかでてけー!」って言われて、いざ人間界に来てみたら今度はこっちにも居場所がないって…

これ、もしかして、ちょっと違うけど某ターンAのロランみたいな境遇狙ってるんかいな?(どっちつかずっていうかどっちでもありっていうか…っていう意味でね)

#まぁ、いざとなったら兄貴が父親代わりにでもなってあげるんだろうけどね。

一方、場面変わってメルクリモンの宮殿ですな。メルクリたんはイクトが大好きらしいけど、岩男はイクトがどーにも気に入らない様子で、今回も、メルクリに忠誠を誓ってるように見せかけてイクト暗殺計画策略中。

#ってか、モンの中で一番(見た目とかで)萌えるはずのゴツモンがこんな性格だなんて…うう、うわぁぁぁん(涙) 流石にこいつをゴツと呼ぶのはいやだ!! なので、あのマエケンゴツは今後「岩男」ということでヨロシク。

再び場面変わって… やべぇ、見るもの全てがものめずらしくて驚いてるイクトと兄貴の会話が可愛くてしかたねーっ!! ってか、この辺って暁氏の腕なのかな? すんごい二人の性格が出てていいよなーv

ってか、上手く表されてるのは2人の性格だけじゃなくて、それを「ステレオでギャーギャーギャーギャー言われるとたまらないわ」と言いつつも、顔は笑顔になってるヨシノとかも、凄く雰囲気が良く出てる気がするし、この間ファルコもぼーっとしてるんじゃなくて、ちゃんと周囲の観察をしてるところをさりげなく出してるし…(ってか、母子を見て何か言いかけてたシーンって、メルクリが「親子の絆」うんぬん言ってたのと関係でてきそうな気がするんだけど…)

で、お約束の車酔い(笑) このシーンで地味に華村ネオンが出てきたところが個人的にはかなりツボ!! さりげなく以前の人物出してくれるなんて!(笑) ってか、ネオン君、ちゃんと更正したみたいで何よりでした。ちゃんとフォローが入ってくれるのはいいことだ。

で、とりあえずサービスエリアで休憩することに…。兄貴ってば、イクト、戻したばっかりだってのに食いモンなんか与えていいんっすか!?(笑) ってか、兄貴の思いつく限りの気遣いが「食いモンおごる」ってのが、なんか可愛すぎるよ(笑)

#いや、別に「限り」って訳じゃないんだろうけど、兄貴的には食いモンご馳走する=優しさ、みたいな発想はあるんじゃまいか?ってね。

で、なんだかんだで疲れて寝てしまったリアシートの三人(っつーか一人と2モン)を背後に会話してる兄貴とヨシノが、なんか三人の子持ちの父母みたい(笑) ってか、今日の兄貴語録は、ここでしょう(というか、ここしかないでしょう):

「親がいるなら会わせてやりてぇ……それだけの話だ」

くそーっ、これ、14才のセリフじゃねーっ!! っつーか、精神年齢10歳未満の人間のいうセリフじゃねーっ!!
くわーっ、兄貴の中には超大人と超子供が同居してるんだよなぁ…ぐやじいけど、そこに凄いひかれるわーっ!!!

おっと、忘れるところだった、寝入る前にホットドッグ食べるシーンだけど… ファルコモン、兄貴のこと信用しすぎだってば(笑) あのホットドッグにほんとに薬が入ってたらどうする気だったんだろう?(笑)

#え?なんの薬かって?そりゃ睡眠薬にきまってるでしょ♪すっかり寝こんだところを、あんなことやこんなこと・・・って、ごめんなさい、ちょっとイクトはストライクゾーンじゃなかったり・・・(そういう問題じゃないって(汗))

ってか、なんでファルコモンが食べるのを見ても食べようとしなかったのに、アグモンが食べたのを見たとたんに食べ始めたんだろう、イクト君? もしかして、ファルコモン、信用されてない?(笑)

で、結局あんな大人っぽいセリフを履いた直後に爆睡してる兄貴がめっさかわえーーーっ!!! そこで愚痴るヨシノの気持ちはよーーーーくわかるw

と、そんなところに岩男率いるオオクワモン3体が出現!岩男、外道すぎるよ岩男ぉぉぉっ(涙)<「この戦いに紛れて死ぬのです」って・・・(うろ覚え失礼)

で、ヨシノは一発で完全体に進化させられるのに兄貴はやっぱり一発殴らんとだめですか…orz ま、そんな兄貴がかっこいいんだけどね。

ってか、ライラもそこを分かってて兄貴を……ぶん投げたーっ!? ヒ、ヒドスw ってか、あの高さからのひと殴りでオオクワモンにかなりダメージ与えたのに、デジソウルはフルチャージにならんとですか?

# 空から落下して、オオクワモン殴った後ジオグレの鼻のとこにあるツノ?に捕まる兄貴が地味にかわええーっv

ってか、兄貴、ひと殴りじゃ殴りたりなかったのか!? さらにひと殴り入れて、オオクワモン大ダメージじゃないっすか!!! 兄貴、マジ人間じゃないよww 強すぎるよww ってか、あんたが進化しちまえYO!(笑)

#ってか、今回のシリーズって進化バンクの時の曲がまちまち…^^;

で、ここで岩男の本音暴露「イクトなんてデジタルワールドに不要、いないほうがいいのです」って…その言葉、そっくりそのままおまえに返すYO!!! 渋谷系の超萌え萌えなゴツモンを返せーっ!!

で、オオクワモン使ってイクトを殺そうとする岩男ですが、そこを、またまた人間業とは思えない瞬発力で兄貴が救出しちまいますな。ってか、ここ、デジモンたちのほうが早く移動とかできそうなのに、なんだよおまえらーっ!!!(でも、兄貴の出番が増えたのでヨシとするか(笑))

で、一時退散する岩男、どこまでも外道ですなー。デジワーにイクトの居る場所なんてどこにもない…って、岩男(っつーか、よく見積もっても岩男を含む一部のデジモン)が思ってるだけなのに、勝手にデジモンの総意にしちゃってるじゃまいか!!

ってか、それを聞いてのイクトの号泣は凄かったっすなぁ。岩男に言われただけなら間だこらえてたのに、「総意」って言われて、とうとう堪えてたものがプツっときれちゃったんでしょうな。ラストはかなり切なかったっす(涙)




と、ここで終わらないのがデジモンセイバーズなんだよな^^;

なんですか、あの次回予告はっ!!
なんですか、あの触手プレーはっ!!

やばい、やばすぎるよ、あんなの朝の9時から放送しちゃまずいっしょ!!

ってか、触手、GJGJ!!!(そっちかいw)

と、実は縄スキーな自分は、次回がたまらなく楽しみになるのでした。ってか、本編最後の余韻が全部ふきとんじまったじゃまいか!!!w

そんなこんなで、気力と時間があったらぼちぼち感想を埋めていくことにしよう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

成分解析 with 和色大辞典with賢

みんな、すまんっ!!(って、一体誰がここを見てるのかw)
ほんとはセイバの感想書きたくて仕方ないんだけど、リアルでいろいろ大変なのよ・・・。というわけで、幸か不幸か来週は放送ないので、なんとか次の放送時までには、(少なくとも)10話の感想は書きますよ!!(残りは・・・?って聞かないでね^^;)

で、某所で「成分解析 with 和色大辞典」なるものを知りまして、早速われらが「一乗寺賢」で試してみました・・・。

成分解析 with 和色大辞典with賢

なんか、イメージに合うと思いません??(はあと) 個人的にはもーすこしピンクがかっててもいいな~とは思うけど。

そーだ、せっかくだからゆっきーでも試してみよう♪

成分解析 with 和色大辞典withユッキー

お、案外いい感じ??

ちなみに、われらが兄貴でやってみたけど、そもそも和色とはあわないよな・・・^^;(ってか、あわなかったw)

というわけで、感想までのつなぎでスマソ。近いうちに戻ってくるからね。


ってか、兄貴vsタンカー、見てみたかったw 兄貴なら避けずに拳の一発でもタンカーにぶち込みそうだよなw

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

デジづくし

いやぁ、ここに来てデジづくしですなぁ。4月から新シリーズとしてセイバとして復活したのもそうだけど、それに加えて無印とテイマがスカパーで放送されるじゃないですかー!!!

デジファンにとってこんなにうれしいことはない!!!


・・・と思いながら、なにかむなしいものを感じる今日このごろ・・・はっ、そうか、ゼロツ分が足りないんだ・・・orz

ってか、無印が終わったらそのまま続けてゼロツだよね?ね?ね?>アニマさん(だっけ)

ってか、某掲示板じゃすっかり嫌われ者だけど、やっぱゼロツは面白いし、深いし・・・最終回のあの25年後なんて、どーでもいいおまけなんですよ。いやならポイしちゃえばいいんですよ、えらい人にはそれがわからんのですよ。あの25年後のせいで全てのよさが打ち消されるほどゼロツは薄っぺらいもんじゃないですよ!!!

というわけで、HDDレコの残量がますますピンチに^^;


PS:
そうそう、ヨシノの話の感想かかなくちゃね。結局、あの話、1度目見たときはイマイチだなーと思って軽く凹んだんだけど、何度か見返していたら結構面白くなってきたし。ってか、セイバのストーリーがつまらんとかいうやつって、今がどんな時期だかわかっていってるんかいな?とりあえず、まずキャラたてをしっかりしておくべき段階だと思うし、その意味じゃヨシノ以外は今のところ上手くいってると思うよ。

アニキやトーマの抱えてる背景みたいなのも一応それなりにちゃんと描写されてるしね。

それに、今までのだって、序盤なんて敵の正体も見えてないし、当座の敵出現→デジモンが進化して倒す、の繰り返しだったしね。そりゃ、夏まで待ってまだこの展開だったらさすがにヤバイと思うけど、むしろ今なら、パートナーどうしの出会い→(不仲なイベント発生)→絆を深める(とりもどす)、な描写はかなりちゃんと描かれてると思うんだけどな。(って、アニキとアグしか描かれてないと言われればそれまでだけどね)


まぁ、なんだ、俺、研究会前なのに、なに書いてるんだかw とにかく明日が楽しみだよ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

#7 トーマの休日/爆裂ボンバーナニモン


さて、アニキまであと4時間半と迫ってきましたが、その前に7話感想いっきまーすv
正直いうと、今日はトーマ主役の回と聞いていたので、アニキの出番は、ゼロツ・どさまわり編の時のようにほとんどないものだと覚悟してました・・・ そのおかげか、今日の予想外のアニキの可愛さに、結局何度も録画を見なおす始末(笑)

ってなわけで、Aパート(アバン)の始まり始まり~♪

前述の通り、当初全くアニキ分を期待していなかったばっかりに、しょっぱなから面くらいっぱなしでしたよ!! なんですか、あの悩殺笑顔は!!

「お帰りなさいませ(はあと)お待ちしておりました(はあと)」っつーアニキとアグモンに萌えー!!!!!!

「一体何のマネだ?」に「見てわかんないのか?メイドの真似だ」と答えるアグに萌えー!!!!!

トーマに問い詰められて、「考えすぎだよ、トーマ君」と君付けで答えてしまうアニキに萌えー!!!!!

「何か危険な匂いがします」に、相当バレバレの顔で「べ、別に・・・(汗)」と答えるアニキもステキだけど、「すごいなー、においでばれてるのk(アニキに口をふさがれる)」のアグも萌えー!!!!!

っつーか、乗っけからメイドごっこだなんて!!! そんなんなら、いっそコスプレしちまえYO!>アニキ

っつーか、確かにアニキのケツ、ヤバイくらいいろっぺー!!!!

ってか、トーマに「追試」のいきさつを話した後の、アニキのあの満面の笑顔!! あれ、なんですか!? 全国のアニキファンを悩殺する気ですか!?!? 作画さん、GJGJ!!!

とまぁ、今回の(自分的)メインの半分くらいはこのシーンから成り立ってますからなぁ(笑)しばらく暴走しますよw


で、「追試」のくだりまで聞いた時点で、まだ頼まれてもいないのにあっさり断るトーマってば(笑)これだから、アニキの行動が計算できないのだよ(笑) まぁ、そこが、トーマがマサルに惹かれるところなんだろうけどね(笑) アニキの行動が全て計算できるようになったら・・・その時点で、トーマはよほどの天才か、アニキレベルのアフォ(誉め言葉ですよ(笑))になってるかのどちらかですな(笑)

で、早くも勉強のことは諦めてるアニキもステキなんだけど(笑)、それよりも、トーマに頼みたかったことが、「追試を受ける羽目になったので、明日のチカの誕生日に付き合ってあげられない・・・ので、自分の代わりに、父親代わりをやってくれ」とは・・・ いつからアニキとトーマはそんな仲になったんだろう(笑) ってか、アニキ、学校ではそういうのを頼める友達とかいないのかなぁ? アニキは、喧嘩番長だけど不良じゃないから、学校にも友達くらいいていいと思うんだけどなぁ・・・ やっぱり、学校では浮いてるのかなぁ・・・(悲しいなぁ)

まぁ、そんなわけで、全然乗り気じゃないトーマを自宅に連れてくアニキ。

#とその前に、「あら、タダでもいいの?」のララモン・・・やっぱアヤツはS属性な気がするw

で、マサル邸に戻って・・・まだ同意もなんもしてないのに、マサルによって勝手にチカのエスコート役を引き受けたことになってしまってるトーマ様、拒否しようとするも、ママンの魅力に一発でノックダウン・・・って、トーマってそんなキャラだったんかい!?(笑)

まぁ、まじめに考えると、トーマって家族関係で何か抱えてそうな設定みたいなので、「母親」の存在に、純粋にあこがれてるんだろうなぁ・・・。まぁ、いくら博士号を取ってるからといって・・・(って、ちょっとまった!14で大卒だけじゃなく、院まで出てたのか・・・ま、負けた・・・orz)やっぱりまだお年頃としては中学生だもんねぇ。「オレには家族なんていらねぇぜ」なんてやさぐれるには、まだ若すぎるか。やっぱり、温かい家庭とかにあこがれてるんだろうなぁ・・・。(なんだかんだ言って、マサル邸で夕食頂くことになって)ママンの手料理を頂いてる間に、若かりし大門一家の写真を見かけて、なんか急に寂しげな表情浮かべちゃって・・・

そういえば、トーマは、マサルの父が消息不明になってること知ってるのかな?まぁ、ヨシノが知ってたくらいだから知ってるのかも。

で、なんですか?あの「華麗なる誕生日計画」は!!! こうやってスケジュールきっかり組めば組むほど、絶対上手くことが進まなくなるもんなんだから・・・(笑) ってか、案の定、後程チカちゃんに振りまわされてますなv それにしても、10時に待ち合わせって・・・それじゃ、アニキの追試開始時間に間に合わないじゃんかw

=====

ここでOP明けてBパート(?)へ。まあ、個人的には今のところトーマは嫌いではないけど萌えも感じないので、正直トーマの振りまわされっぷりは簡単に触れるにとどめますが、いきなり、庶民感覚と貴族感覚のズレが生じてて笑えますなw チカちゃんってば、リムジンなんて乗ったことないだろうから、無茶な道案内してるしーw 結局、あの、空き地(というか行き止まり)に突っ込んだ車はその後どうなったんだろう???

それに、ゲーセンでもチカちゃんに振りまわされっぱなしでしたな(笑) ってか、トーマ、ゲームもたしなむのね・・・。天才少年っていったら、ああいうものには興味がない(→やったことがない→弱くて当たり前)だと思ってたのに(笑)

でもって、なんですか、あの格好でもんじゃ食べに行かされるとは(笑) しかも、現金持ち合わせがなくてカードで払おうとして大将に怒られてるしw あまりにお決まり過ぎて、腹かかえて笑わせてもらいましたよ(笑)

で、何一つチカちゃん(というよりママンだなw)にいいところを見せられないでいるトーマですが、チカちゃんの「花火が見たい」の一言で遊園地に移動。ここでも、なんかチカとママンのやり取りに、幼い頃の自分と自分のママンを重ねてみて、寂しい表情浮かべてましたな。一体どういうトラウマ持ちなんだろう・・・。

#個人的には、ママンはトーマが幼い頃に病死(もしくは事故死)したと思います。ってか、そうか!デジモンにママンを殺されて、その復讐の為に小さいころから必死に勉強して、14で博士号取得した・・・と!(と妄想しておくことにします)

で、漸くチカちゃん(というかママン)にいいところを見せられる!と思った矢先にボンバーナニモンが登場、大暴れ。せっかくの場をぶち壊されたトーマは、命令無視してボンバーと対決。自爆でやられるかと思ったところに、チカちゃんの言葉がヒントとなって、無事ボンバーを処理&“花火”打ち上げ成功(笑) とりあえずめでたしめでたしでしたな・・・。



と、そんなトーマ様のことは置いといて、アニキの萌えポイントですよ!!!

・追試は9時だかから始まってるはずなのに、トーマが来るまでは追試どころじゃない!と、自宅前で待機してるアニキ・・・あなた、ほんとに留年になったらどうするの(笑)

・「ボクは約束を守る男だ」「そうだったな」・・・の時のアニキの顔・・・あれはなんですかorz

・ちなみに、本日のアニキ専用追試メニュー:

9:00-10:00 現国
10:10-11:20 英語
11:30-12:40 日本史
13:30-14:40 物理
14:50-16:00 数学

アニキがトーマを待ってなければ、夕方には追試が終わってたのにねー(笑)

英語の問題見て「うーん、さっぱりわかんねぇ(汗)」なアニキv なんなら、アテクシがアニキに英語を教えてさしあげてよ!!この際カテキョ代なんてケチくさいことは言いませんってば!! アニキになら、もちろん無料でご奉仕いたしますですよ!!!

ってか、よくわからないんだけど、現国の時間には間に合わなくって、英語の時間の途中から試験を受けた・・・のでいいのかな? その割には、トーマたちがもんじゃ食べてたお昼の時間のシーンの合間に、数学の問題を解くアニキのシーンが挿入されてたよな・・・。 数学は、ほんとならもうちょっと午後にやるはずでは?

考えられるのは、すっぽかした現国が数学の後に追加されるってことだけど、それなら17:10には終わってるはず・・・。でも、アニキが問題を解き終わったときは、既に外が真っ暗だったよ? う~ん、全体的に時間がずれ込んでるとか?


まぁ、そんなことはどうでもいいのです(笑) それよりも、数学の試験問題、なんか力入ってましたなー(笑) 文章問題に苦戦してたみたいですけど、よく見たらその上の問題は一応解いているのね♪(白紙じゃないってことね) しかも、下2行に関してはちゃんとあってるし(笑)<5χ=20,χ=4

ってか、それよりも、「兄が2kmはなれた学校に向かって家を出発しました。10分経って同じ道を走って妹が追いかけました。兄が歩く速さを毎分80m、妹の走る速さを毎分200mとして何分後に追いつくか方程式を使って解きなさい」の問題に対するアニキの答えが今日のアニキ語録じゃないですか!!!

「兄貴ぃ~、待ってやれよぉ」

やっぱ、いいヤツだよ!!アニキは!!!


ちなみに、方程式はこうなるのかな?

10*80+80χ=200χ
120χ=800
χ=20/3=6+2/3

2/3分というのは40/60秒なので、答えは「6分40秒後」・・・だよね?(数学なんてもうン十年やってないから、覚えてないよー(汗))

というわけで、アニキの迷言もきけたし、悩殺笑顔も見れたしで、満足満足~vな回でした♪



#そうそう、トーマってば、メインのはずのチカちゃんよりもママンのほうに大きな花束用意するとは何事ですか(笑)

#そういえば、“卵焼き争奪戦”のライバル、アグだけでなくトーマも増えてましたな(笑) ってか、ヨシノまで夕食にお呼ばれしてましたな。 一体ママンたちは、マサルがDATSで活動してることをどのくらい知ってるのだろうか? 一応「デジモン」に関するところだってことは言ってあるだろうけれど、まさか命がけで戦闘してる・・・とは言えないだろうからなぁ・・・どうごまかしてるのかが気になりますな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

#6 大・アグモンコンビ解消!?/疾風ガルルモン




さて、そろそろ三週間前になってしまうので、仕事には蓋をして、セイバ6話の感想いっきまーす♪

って、しょっぱなからトータモンじゃないの!! トータモンというと、ゼロツ22話の悪夢を思い出す・・・orz

おしっこ進化・・・ありえねーっ(汗)

まぁ、しっかし、よく見るとトータモンって結構可愛い顔してるのね。正直、ゼロツ22話のせいで、非常に悪い印象しか持ってないんだけど・・・^^;


「アグモン、大丈夫か!?」「うん、平気だ」のやり取りの時の、アグモンが首を振るときの効果音がかわゆいですなーv

すっかりナイスコンビになったマサルとアグたんですが、今日は「ささいなこと」で仲間割れだそうで・・・どうなることやら・・・ っつーか、トータモンの卵クルクル回してる兄貴がかわええー!!!

「オレとアニキが力を合わせればどんなデジモンにだって負けるものか」って言ってるときのアニキが可愛すぎるーっ!!

ってか、「うんめーっ!」って言いながら卵焼き食べるアニキかわええー!!!

ってか、何見ても、「アニキかわええー!」しか出てこないよ(はあと)



っと思ったら、でたー!! 卵焼き争奪戦で仲たがいwww ほんとに、この2人なら普通にこういう流れになりそうで、見てるだけで笑えるよw

しかし、お互いの核心をついた一言で決定的な仲たがいになってしまうとは・・・。 確かに、アグにとっては、「オレのデジソウルがなければ進化できないくせに!」というのは、事実なだけにデジモンとしてのプライド折られまくりですなぁ・・・(1話冒頭を見る限り、多分基本的には デジモン>人間 っつー不等号がアグの頭の中で出来あがってるようだし。) でもって、子分と思ってるアグモンに「オレがいなかったら危なかったじゃないか」といわれたアニキも、アニキとしてのプライド折られてムッと来るのはよーくわかりますなぁ・・・。 っつーか、こいつら、元から、どっちが兄貴とか子分とか、そういう関係じゃないと思うんだけどね^^; 1話冒頭のタイマンシーンだって、アグは、人間より圧倒的に強い立場だと思ってたのに、なかなか負けてくれない→マサルに一目置く、って感じだったろうからねぇ。 ほんとは、2人とも対等な立場なのに、それにまだ気づいてない二人・・・ そのおかげで、これほど尾を引くことになろうとは・・・


にしても、デジヴァイスに引きこもるアグモン、かわええー! 絶交して師弟関係解消したはずなのに「アニキ」と呼びつづけるアグモンかわええーっ!! ってか、もう、こいつら(アグとマサル)まとめて可愛すぎるよー!!!


っと、エレキモンが姿をあらわしたところでOPですな。最初は「なんだこれ!?」と思ったOP曲ですが、今じゃかなりお気に入りですよv 気がつくとノリノリであの歌口ずさんでたり(笑) ああ、CD欲しいよぉ・・・アマゾンさんのお世話になろうかなぁ・・・(汗)


=====

さて、OPはさんでBパート(でいいのか?)ですな。

いきなり、「これで大門家にも平和が・・・」なんて言ってるマサルさん(笑)「絶交だ!」と言いつつアグのことが気になってしかたないんだから、まったくもう(笑) で、(1話で)向こうから「子分にしてくれ」と言ってきた手前、やっぱりアグモンと素直に仲直りできず、つい意地をはっちゃうアニキがかわええv

一方、アグたんのほうはアグたんのほうで、みんな必死にご機嫌とろうとしてるけど、アグとしてはあれだけハデに喧嘩別れしたわけだから、アニキから折れてくれないと自分からは意地がじゃまして動けない・・・と。 ってか、2人とも、ほんとは早く相手に折れてもらって、仲直りしたそうなのにね(笑)


そんなわけで、心の奥ではアグと仲直りしたいと思ってるはずなのに、意地はっちゃったせいで正直な気持ちを認めたくなくて、かなりイライラがつのってるアニキ、ストレス解消にバッティングセンターですか!! ほんと、アニキってば、喧嘩番長ではあるけれど、不良じゃないよな(笑) 一般人に迷惑かかることはしないようにしてるもんなー。そんなアニキに改めて惚れなおしてみたりv

今度はヨシノがなんとかしようとしてるようだけど、他人じゃなんにもしてあげられないんだよね・・・。内心早くアニキと仲直りしたいアグモンにとっては、ヨシノもアウトオブ眼中ですな。

#ってか、何気にヨシノの私生活ばらしてるララモン、ナイスw



でもって、バット握ってもストレス解消できずかえってイライラが増してる様子のアニキ(笑) バッティングセンターからの帰りがけに、因縁の喧嘩相手と遭遇するアニキ。この時も、アニキのほうは、そうとうイライラしてそうだったのに、自分からは手を出さないのね。やっぱ、場所とかわきまえてるのかな? まぁ、相手のほうから喧嘩売られて、簡単にやっつけてましたな(笑)

#どーでもいいけど、なんでたかだか1不良なのに、ちゃんと「カツマタ」って名前ついてるんだろう?もしかして、途中からDATSに加入とか!?まさか!?

##さらに、どーでもいいけど、1話の時点で13人相手に息も切らずに相手をノしてたアニキなのに今回は息上がってましたな。これって、アニキが弱くなったわけじゃないよね?イライラしすぎてカッカしてたからだよね?^^;


と、こんどは“デジヴァイスのおっちゃん”と遭遇。しかもご丁寧におっちゃんってば易者のコスプレしてるし(笑)

と、ここでふと思った。おっちゃんってば、たびたびマサルの前に現れてはさりげなく助言をしていくけど、それをするためには、実はひそかにマサルの行動を追っかけてないとダメじゃん・・・ ってことは、実はおっちゃんはマサルのストーカー!? で、常にコスプレキットを持ち歩いて、瞬時に、さりげなく見えるシチュエーション設定してマサルの前に現れる・・・と。

えと・・・あの・・・、ねぇ、おっちゃん? できればアニキの情報、私にも分けてくれませんか?(切実)

で、おっちゃんに核心つかれたアニキは、自分でもわかっているはずなんだけど、素直になれずにふてくされてどっかいっちゃいましたね^^; ほんっと、アニキもアグも、自分から折れてあげれば一発で解決するのに・・・(笑) まぁ、そこが、変に達観した精神年齢大人な、いかにもデジアドシリーズに出てきそうなキャラじゃなくて、等身大の子供のよさがあるっちゃーあるんだけどね(笑)

#いや、もちろん、精神年齢のかなり高いアドキャラは大好きですよ!! でも、アニキも好き!!



そして、今回の自分的ツボシーンその1が近づいてきましたYO!! 9時13分の、アニキが暴走トラックから女の子を助けるシーンが!!! あああ、あの子、うらやましー!!!

ってか、その前に・・・ アニキってば、喧嘩番長のくせして、一般人に対してはすごく優しいんだよねぇ・・・。女の子助けるだけじゃなくて、ちゃんと「どこも怪我してないからな」って頭なでてあげたり、エレキモン追っかける際に「この子を頼む!」ってちゃんとフォローしてから追っかけたりとか・・・ そんなところがアニキのステキポイントなんですよねぇ(うっとり)

でもって、エレキんを追いかけるのに夢中になってて、つい本音が(笑) やっぱりほんとはアグと一緒にいたいんじゃないの(笑) まぁ、かなりベタな演出だけど、こういう持っていきかたは嫌いじゃないっすよv

で、結局再び意地はって、一人でエレキんを追っかけることに。


しっかし、エレキん、見た目可愛いのに性格わるーっ!!!(笑)


一方のアグのほうはというと、絶交してデジヴァイスの中に引きこもってるにも関わらず、やっぱりマサルのことが気になってしかたないんですねぇ。ほんとは出たくて出たくてしょうがないんだから(笑)


それにしても、もしエレキんが進化しなかったら、多分アニキがエレキんを舜殺して終わってたんじゃないかと思う今日この頃。ってか、舜殺してほしい・・・ ってか、実はアニキがデジモンだった・・・っていう展開を楽しみに待ってたりする(笑)


#「このやろう!」「下がってろ、マサル」のシーンのアニキの作画、どう見てもT田氏ですな(笑)ほんと、影のつけ方で、一発でわかるよな、この人(笑) あと、いつのまにか(といっても、前回からだけど)「マサル」と呼び捨てにするトーマたんv なんか、この呼びかた萌えまつなv

で、「パートナーがいないおまえじゃ無理だ」と言われて、完全にアニキの意地が炸裂しちゃいましたな(笑)ガルルモン相手に喧嘩吹っかけてるよ、この人!! この時、アニキの中にどれくらい勝算があったんだか、よくはわからないけれども、決して簡単に勝てるとは思ってなかったはず。それなのに無茶して万が一のことがあったら・・・ アニキが守りたいと思ってる家族が泣いてしまうよ>< アニキ、アニキが漢なのはよーーーくわかったから、もうあんな無茶しないでおくれよ><


というわけで、ここで今週の名言ですな:


「無茶を通して道を切り開く、それが漢なんだよぉ!」

確かに、これがアニキのかっこいいところだし、多少は無茶することも子供の時には必要だと思うけど、無茶しすぎてママンたちを悲しませないでおくれよ><


というわけで、ガルルモンけしかけてとうとうタイマン勝負ですな。ってか、アニキ、無茶ですな。

「腕がしびれてきたぜ」ってなところは、なんか、アニキが超人ではないことを示してて、アニキデジモン説を唱える自分としてはちょっぴり不満があるものの、アニキを身近に感じられてうれしいところでもありますな。

ってか、「かけっこは終わりだぜ!」のシーンで、ガルルモンから飛び降りるアニキがめっさかっこええー!!! そこから後の一連のシーンが、とにかくステキ過ぎ!!!

対峙しあって、「なめんなー!」の後、足蹴り&パンチでガルルモンにダメージを与えデジソウル出現させる
 ↓
しかし、アグモンがおらずせっかくのデジソウルをもてあましてる間にガルルモンに隙を付かれて吹っ飛ばされ、デジソウルが消えてしまう
 ↓
デジソウルの消えてしまった手をわざと映しつつ、顔の表情は見せず、こぶしを通して悔しさを表現する構図
 ↓
ふらふらしながら「オレの強さが足りないってことだ・・・」と認めるアニキ(まぁ、これに関しては、アニキには強くあって欲しいのも事実だけど、アニキ一人じゃなくって、アグと「協力」することでアニキの強さが最大限発揮できる・・・ってことだとすると、まぁ、致し方ないって感じだからねぇ)
 ↓
ガルルモンに食われそうになって、アグモンとの協力シーンを思い出して、「オレにはアグモンが必要なんだー!オレはアグモンと一緒に戦いたいんだー!!」と素直に認め、その瞬間デジソウルが復活
 ↓
「アグモーーーーーン!」の叫び声と同時にアグモンが現れる
 ↓
きょとんとしたアニキに、「オレにもアニキが必要なんだ」と、素直になってデジヴァイスを差し出すアグ
 ↓
2人で「協力」して(アニキの心の強さがアグの技に反映されるとことか)ガルルモンを倒す!

もうね、このシーン、放送終了後から何度見返したことか!!!

ついでにいうと、思いっきりベタなんだけど、このシーンでアニキのデジソウルが消えるあたりから、OPテーマのストリングバージョンがかかるじゃないっすか!! もうね、これが場面にあってて、泣けること泣けること・・・。不覚にも、冒頭の卵焼き争奪戦のくだらなさからは予想もつかなかった王道的展開に、リアルタイムで視聴しながらうっすら涙ぐんでしまいましたよ。


というわけで、感動のまま感想を終了させたいんだけど、あと一つ二つだけ・・・

#どーでもいいけど、「ガルルモン」のアクセント、なんでアドの時と変えちゃったんだろう???ヤマトは「ガ(低)ル(高)ル(低)モン」って呼んでた気がするんだけど、「ガ(高)ルル(低)モン」なんだよね・・・ちょっぴり違和感。

#さらに、どーでもいいけど、今回のヨシノは流石に棒過ぎるw 最後のセリフ、正直自力じゃ聞き取れなかったしーw

#そうそう、ガルルモンを2人で倒したあと、アニキが素直にアグに謝るところ、やっぱ、こういう性格がいいんだよなぁ<アニキ

#・・・って、忘れてた、今回の最大のポイントを!!! なんですか、あの次回予告は!! 補習を受けなきゃならないから、自分の代わりに「明日1日、オレのかわりに家族になって妹の誕生日を祝ってやってくれ!」って・・・w なにその発想w

と、こんなところで6話の感想終了~v いやぁ、ほんとに(今のところ)セイバはマジで面白いっすね!!!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ