ヴァンフォーレ甲府熱血サポーターへの道!!

山梨に住むユタカのブログ。地元ヴァンフォーレを応援してこのブログもなんと14年目を迎えました。目標はJ1復帰ズラ!

今回は引き分けても離されてもO K

2009-05-31 | Weblog
昨日アウェーで行われたコンサドーレ札幌戦ですが、結果は0対0のスコアレスドローに終わりました。

この試合は國吉選手と井澤選手がスタメン出場するなど、先発陣に変化をつけてきました。ただしマラニョン選手が累積警告による出場停止、松橋選手が負傷による欠場と攻撃陣に不安を抱えていたのは事実で、調子の上がってきた相手に対してどう攻めていくのかがポイントとなっていました。

しかし試合が始まってしまえばヴァンフォーレは攻めに転じる場面もみられ、シュート数は札幌と同数。CKの本数で若干攻め込まれていた印象にありますが、今回はアウェーゲームなので、このような比較的守備が続く展開でも失点しなければ評価できますね。


今節は首位争いをしている湘南と3位の仙台が勝利し、ヴァンフォーレの上にいる順位のチームは勝ち点を伸ばしています。ヴァンフォーレは引き分けの勝ち点1のみ(4位)。結果的には上位陣と勝ち点が離れた結果となってしまいましたが、これはこれでOKといえます(上位陣が足踏みしてくれればより良かったのですが…)。

対戦した札幌は正直強いです。今後さらに勝ち点を積み重ねることでしょう。その札幌相手に敵地で引き分けに持ち込めることが出来たのは上出来といえます。この勝ち点1が後々大きな意味を持つ数字となりそうですよ。


ヴァンフォーレの次節は、6月3日ホーム小瀬にて愛媛FCとの対戦です(19時キックオフ)。この週も水曜日と日曜日の2試合あり、続けて過密日程となります。ここを是非とも連勝で乗りきりたいところですね。
コメント

今節は札幌戦

2009-05-30 | Weblog
ヴァンフォーレ甲府本日試合があります。13時よりアウェー札幌にてコンサドーレ札幌戦です。


相手の札幌は現在6位と中位に位置していますが、チーム状態は好調そのもの。4月12日に行われた第7節カターレ富山戦から今まで(第17節)なんと11戦負けなし!

知将石崎監督が率いるチームは団結力を徐々に高めてきて、序盤の停滞ムードが嘘だったように勝ち点を順調に積み重ねていますね。

特に7得点を挙げているFWキリノ選手を中心に、MFクライトン&MFダニルソン選手のブラジル人トライアングルがチームに馴染み、迫力のある攻撃を展開しています。今回もヴァンフォーレは、この3人の動きに細心の注意を払わないといけません。

3人の他にも、的確に得点チャンスに絡むMF藤田征選手や地元北海道出身のMF宮澤選手など、勢いに乗せてしまっては手がつけられなくなる恐れがあるので、90分間集中したプレーが求められますね。第3節で今シーズン初勝利を挙げた試合とは、また違うチームになっているといっても言い過ぎではないでしょう。


その上昇ムードの相手に対して、ヴァンフォーレはどう戦っていけば良いのでしょうか?攻略のポイントはサイド攻撃にありそうです。

この試合では、FWマラニョン選手が累積警告による出場停止で出られません。最近好調のFW松橋選手もケガのため出場が危ぶまれています。よって空いたウィングのポジションには、中盤を務めてきたMF大西選手の起用が濃厚となっています。

よってFWはキム・シンヨン選手と森田選手、大西選手の3人で3トップを組むことになりそうですが、この3人の組み合わせはチャンスを多く作り出せるものの、フィニッシュがうまくいかない場合が多々見られます。

この札幌戦勝利への近道は、シュートで終わる攻撃を心がけることですね。シュートで終わることで、相手の素早い逆襲を食らうことなく守備の陣形を整えることが出来ます。要するに集中して攻撃や守備が出来る環境を作っていくことが、アウェーで戦うチームにとって大切なポイントになってくると思います。


今回ヴァンフォーレのキープレーヤーはFWキム・シンヨン選手でしょう。元々センターの位置を得意としている彼が、サイドでどのような仕事に徹することになるのかがポイントとなりそう。

サイドをドリブル突破しクロスボールを上げるチャンスメークに徹するのか、それとも中央に切れ込みゴールにより近い位置でプレーし得点を狙うのかでヴァンフォーレの勝敗の行方が大きく分かれそうですね。

個人的には後者の方を重視して試合に臨んでほしいと思います。サイドからのチャンスメークは大西選手に一任しましょう。…ということは大西選手もキープレーヤーの1人ですね。


試合は13時キックオフ。ヴァンフォーレにとって調子を取り戻してきた札幌が相手なので、真価が問われる試合となりそうですね。
コメント

第1クールを振り返る(後編)

2009-05-28 | Weblog
第7節からはFWキム・シンヨン選手のオンステージ。ザスパ草津戦から第9節東京ヴェルディ戦まで3試合連続ゴール。チームも3連勝を記録するなど絶好調をキープ。

しかし調子が上向きになった時に落とし穴が出てくるものです。第10節アウェー栃木SC戦4連勝が期待されていましたが、まさかの3対3引き分け。ここが今シーズンヴァンフォーレの悪い点ともいえます。戦力差があると思われる相手に対して勝ちきれない点が、上の順位に行けないもどかしさとなっています。


第4のポイントとして、第11節の湘南ベルマーレ戦の勝利を挙げます。相手は首位の座を争うチーム。序盤の猛攻に耐え、相手が退場を2人出して自滅すると、途中出場で登場したFW松橋選手が値千金の決勝ゴール。劇的な展開を制したヴァンフォーレに頼もしさを感じましたね。


試合ダイジェストはこちらから。
2009/04/29 第11節 ×湘南ベルマーレ

※動画はYou Tubeのものを使用しています。PC・ケータイどちらからでも閲覧可能ですが、ケータイの場合はパケット通信定額制の加入をしてからご覧ください。



J2は全51試合の長期戦。もちろんシーズンの調子には浮き沈みがあるものです。第12節アウェー愛媛FCにあっさり敗れると、第13節ではホームで水戸ホーリーホックに引き分け。

第14節アウェーロアッソ熊本戦はFWマラニョン選手の1点で勝利するものの、第15節カターレ富山に敗戦。嫌な雰囲気が漂いましたが、第16節アビスパ福岡戦と第17節徳島ヴォルティス戦で連勝。ヴァンフォーレはJ1昇格へ向けての連勝ムードをキープしています。


ヴァンフォーレは第17節を終えて10勝4分け3敗の勝ち点34で4位。失点数はリーグ3位の少なさを誇るなど安定していますが、得点数はリーグ7位と少ない結果が出ています。さらなる上位進出を目指すためには、得点を増やしていかないといけませんね。

ちなみにホームでは5勝1分け2敗、アウェーでは5勝3分け1敗とそう大差ない結果を残しています。しかし3敗は鳥栖&愛媛&富山といったいわゆる‘伏兵’的な存在からの取りこぼし。昇格を争う上位陣との直接対決は良い結果を出しているだけに非常にもったいない。昇格へのポイントはいかに取りこぼしを無くすかにかかってくるでしょうね。


次節は30日にアウェー札幌にてコンサドーレ札幌戦。ヴァンフォーレは現在2連勝中なので、連勝を伸ばせるような積極的な内容の試合を期待していますよ♪



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント

第1クールを振り返る(前編)

2009-05-28 | Weblog
先日の23日徳島ヴォルティス戦でJ2の対戦が一巡し、長いシーズン(第3クール)の中の第1クールが終了しました。ヴァンフォーレは現在10勝4分け3敗勝ち点34の4位。佐久間GMが目標とするシーズン勝ち点100のペースを順調に進んでいますが、この第1クールを終えてのヴァンフォーレの戦いを振り返ってみたいと思います。


まずは開幕戦。開幕から2試合アウェーのゲームが続く厳しい日程でしたが、振り返る第1のポイントとしてこの2試合で負けなかったことが大きかったですね。

J2初戦はファジアーノ岡山戦。今シーズンJFLからJ2に加入してきたフレッシュなチームが相手だったので、J2の先輩として快勝が期待されていましたが、そうはうまくいかず。攻めながらスコアレスドローで終わった悪い流れに昨シーズン序盤の悪夢が蘇ってきた人も多かったはず。

しかし苦しいチーム状態の中、第2節アウェーFC岐阜戦で浮上への救世主が登場します。その存在とはFW森田選手。第1クールヴァンフォーレ序盤の主役はFW森田選手でした。


FC岐阜vsヴァンフォーレ甲府・森田のゴール

※動画はYou Tubeのものを使用しています。PC・ケータイどちらからでも閲覧可能ですが、ケータイの場合はパケット通信定額制の加入をしてからご覧ください。



この貴重な1点を守りきり今シーズン初勝利を飾ると、第3節ホーム初戦となったコンサドーレ札幌戦に2対0と快勝し、連勝を記録します。


第1クールの第2のポイントは、第4節アウェーベガルタ仙台戦での勝利でしょう。雪が舞う杜の都仙台。相手は昇格を本気で狙っている存在なので、厳しい戦いが予想されていました。

ここでもヴァンフォーレを救ったのはFW森田選手。相手DFのミスを見逃さず冷静にゴールに流し込んだシュートは、試合を決める決勝点となりました。個人的にはこの第4節アウェー仙台での勝利で、今シーズンのヴァンフォーレは少し違うな、本気でJ1昇格を目指しているんだなと実感することが出来た試合となりましたね。


第5節ではホームでサガン鳥栖に敗れ今シーズン初黒星となるものの、次節アウェーセレッソ大阪戦で成長したヴァンフォーレの姿を見ることが出来ました。

この試合が第3のポイント。相手は圧倒的な攻撃力でゴールを量産していた首位セレッソ大阪。しかもヴァンフォーレにとってアウェー戦だったので、過酷な内容になることが想像できました。しかしその強敵相手に得点を許さず、引き分けに持ち込めたことは選手達に大きな自信を与えることになりましたね。

強敵相手に守り抜いた自信。その高いモチベーションを手にしたヴァンフォーレは、この試合をきっかけに快進撃が始まります。→続く



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント

4強時代が到来!?

2009-05-24 | Weblog
23日に行われたヴァンフォーレ甲府対徳島ヴォルティスの試合ですが、3対1でヴァンフォーレが勝利しました。ヴァンフォーレの2点目は、オウンゴールだったみたいですね。


この試合では安間監督の采配が光りましたね。前半26分に先制点を許しましたが、後半逆襲を狙うヴァンフォーレはDF池端選手に替えてDF輪湖選手、FW森田選手に替えてMF井澤選手を投入。

そして速い時間に最後の3人目の交代のカードを切ったことが、流れを変えるキーポイントとなりました(MF秋本選手に替えてFW松橋選手を起用)。

その直後の後半23分、ゴール前少し離れた位置からMF藤田選手が直接ゴールを狙い、強烈なシュートがネットに突き刺さり勢いに乗る同点弾を挙げます。

そして石原選手のCKのボールが相手選手に当たりオウンゴールとなると、後半38分華麗にゴール前で細かいパスを回し、最後は途中出場のMF井澤選手が決めてダメ押し点。井澤選手にとって、勝利に繋がる嬉しいプロ初ゴールとなったと思いますね。

2点目のオウンゴールも、途中出場のFW松橋選手が最後までボールに絡んでいたから生まれたゴールといえます。早いうちに3人の交代枠を使い切るという安間監督の思い切りの良さと、途中出場で出た選手達の頑張りが、チームを白星に近づける要因となっていました。

この勝利でヴァンフォーレは勝ち点を34に伸ばしました。順位こそ4位と変わりませんが、良い調子で長いシーズンを戦えていると思います。そしてJ2は昇格争いの今後の‘核’が見えてきたように思いますね。


ヴァンフォーレが勝利したこの節は、首位セレッソ大阪・2位湘南ベルマーレ・3位ベガルタ仙台は順当に勝利を収めています。しかも相手を寄せ付けないような内容での勝ちなので、J2も徐々に各クラブのチーム力の差が目に見えてきましたね。

4位ヴァンフォーレは勝ち点34。本日試合を控えているその下の5位コンサドーレ札幌は勝ち点が26なので、だいぶ差が開いてきたように思います。もちろん油断は決して出来ませんが、J1昇格争いはこの4チーム+札幌で進んでいく展開になると個人的には考えてますよ。



◇J2順位表◇(5月23日暫定順位)※()内は勝ち点

1 C大阪 (41)
2 湘南 (39)
3 仙台 (35)
4 甲府 (34)
5 札幌 (26)
6 水戸 (25)
7 徳島 (24)
8 東京V (24)
9 富山 (23)
10 愛媛 (21)
11 鳥栖 (20)
12 草津 (17)
13 福岡 (17)
14 熊本 (16)
15 栃木 (14)
16 岐阜 (13)
17 岡山 (12)
18 横浜FC (7)



にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント

連勝!

2009-05-23 | Weblog
本日行われたヴァンフォーレ甲府対徳島ヴォルティスの試合は、3対1でヴァンフォーレが勝利しました!

ヴァンフォーレの得点は、MF藤田選手&FW松橋選手&MF井澤選手でした。


前半1点リードされて折り返した後苦しみましたが、後半の中程から怒涛の攻撃で3得点。いや~、やるときにはやってくれますねぇ。

上位陣が順当に勝利したため順位は変わりませんが、着実に勝ち点を積み重ねることに成功しています。

まずは結果をお届けしました。
コメント (1)

訂正

2009-05-23 | Weblog
朝早くすみません。試合時間の点でご指摘がありましたので、ここで訂正します。

本日行われる徳島ヴォルティス戦は、16時キックオフ予定です。13時ではありませんので、お間違いのないように応援してください
コメント

明日は徳島戦

2009-05-22 | Weblog
ヴァンフォーレ甲府明日試合があります。16時からホーム小瀬にて徳島ヴォルティス戦です。


相手の徳島は現在7位と中位をキープしているチームで、最近では札幌&仙台&湘南に引き分けるなど、上位陣との対戦で善戦しており、混戦J2を作る原動力となっています。

やはり徳島といえば、MF倉貫&FW羽地選手の元ヴァンフォーレコンビでしょう!倉貫選手がゲームを組み立てて、羽地選手がヘディングでゴールを狙うパターンが浸透しています。

2人にとっての古巣&小瀬での試合であるので、いつも以上に気合いを入れて試合に臨んでくることは間違いなさそうですね。


迎え撃つヴァンフォーレは、前節福岡戦でゴールを奪う感覚は取り戻した模様。試合開始からバランスを保って中途半端に進めていくのではなく、積極的に攻めていきましょう!

またペースをヴァンフォーレの方へ持っていくことも大切です。セカンドボールを拾い、分厚い攻撃につなげましょう。そのためには、MF藤田選手とMF大西選手の豊富な運動量が必要になってきます。

よってこの試合のキープレーヤーは藤田選手と大西選手の2人を挙げたいと思います。単発な攻撃ではなく、次から次へと押し寄せるような怒涛の攻撃を期待します!


徳島戦は16時キックオフ。本気で昇格を狙うならホームで行われるこの試合は勝たなければいけません。前回(対富山)小瀬で犯した失敗を挽回するチャンスです。しっかり勝ち点3を獲得して、上位陣にプレッシャーをかけましょう!



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント (2)

停滞ムードを払拭する貴重な勝利!

2009-05-21 | Weblog
昨日アウェー福岡で行われたアビスパ福岡戦ですが、4対2でヴァンフォーレが勝利しました!

ヴァンフォーレの得点はFWキム・シンヨン選手、FW森田選手、DF池端選手、DF杉山選手でした。


試合開始早々、ライナー性のクロスボールをFWキム・シンヨン選手がうまく合わせて、前節同様幸先の良い先制点を挙げます。

一時は同点に追いつかれますが、ゴール前に詰めていたFW森田選手が押し込みリードすると、DF池端選手のウィング並みにサイドから切れ込み、思い切ってシュート。これが決まり3点目。相手ゴール前での見事な連係からDF杉山選手の見事なシュートが入って勝負あり。

前節の停滞気味な攻撃から一転、4対2と大量得点によるアウェーでの勝利となりました。


前節と違うのがゴールへの意欲。みんなが積極的にゴールへ向かう姿勢が見られ、この4得点の他にもMF藤田選手のポストに直撃するロングシュートなど見せ場は存分に作っていましたね。

2失点はしましたが、これは攻撃的なチームの代償。まあ失点しなかったほうがもちろん良かったのですが、結果的にはOKといえるでしょう!


相手の福岡はJ1昇格を目標としているチーム。この強豪相手にアウェーで勝利することができたことは大いに評価できる内容といえます!よくやってくれましたね!

順位は4位と前回と変わりませんが、3位仙台との勝ち点差が縮まり、5位以下との勝ち点差を広げることに成功しています。ここ数試合チーム状態が停滞していた中での勝ち点3獲得なので、個人的には今回は価値ある白星だと思いますよ。
コメント

富山戦写真集

2009-05-19 | Weblog
17日に行われたヴァンフォーレ甲府対カターレ富山戦の写真を素早く少しご紹介します。







この日は雨が降ったり止んだり気候が激しい日だったのですが、ゴール裏サポーターは変わらず熱い応援をしていましたね。









電光掲示板の工事期間に入ったため、試合の表示や選手紹介などはこの日から車載式の映像装置を使っていました。真ん中に見えるのがそうなんですが、第一印象は

‘小さい’








車載式映像装置と、隣りは対戦相手のカターレ富山サポーター。遠いところご苦労様です。

それにしても画面が小さくて、席からは全然見えない・・・。







拡大版。画面はマラニョン。最大にズームすると画像が荒くなるなぁ。新しいデジカメ欲しいなぁ~。







試合開始。前半立ち上がりFW森田選手のヘディングシュートが決まります!








この試合守備に追われる時間が多かったヴァンフォーレ。2失点しましたが、GK荻選手の好セーブなど見どころはありました。







CKを蹴るMF大西選手。残念ながら得点には繋がりませんでしたが、精度の高いボールを蹴っていましたよ。







試合時間を示すデジタル時計。休止中の電光掲示板の前に設置されています。…これはこれで良し。







不甲斐ない内容で終わってしまったこの試合。気を取り直して明日のアウェー福岡戦に臨みましょう!



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント