ヴァンフォーレ甲府熱血サポーターへの道!!

山梨に住むユタカのブログ。地元ヴァンフォーレを応援してこのブログもなんと15年目を迎えました。目標はJ2優勝ズラ!

鹿島アントラーズ戦見どころ紹介

2011-08-24 | Weblog
本日ホーム中銀スタジアムにて鹿島アントラーズと対戦するヴァンフォーレ。前節国立競技場で行われた‘ホームゲーム’では劇的な勝利を飾っているので、この良い雰囲気を鹿島戦でも発揮したいですね。

それでは対戦相手の鹿島を分析してみましょう。鹿島アントラーズ。現在22戦を終えて10勝4分け8敗の勝ち点34で5位に位置しています。シーズン序盤こそACLの大会との掛け持ちが響いて負けが続いていたものの、夏場を迎えて徐々に調子を取り戻してここ7戦では無敗が続き、4連勝中と好調をキープしています。予想メンバーとフォーメーションを見てみましょう。

鹿島アントラーズ (J1第23節予想フォーメーション)
大迫 興梠
野沢遠藤
小笠原増田
アレックス新井場
中田岩政
 曽ヶ端 

※PCでご覧ください。なおメンバーとフォーメーションは実際と異なる可能性があります。


鹿島の基本フォーメーションは4-4-2。各ポジション攻守に適切な人数を配置し、多彩なパスワークからゆっくりと確実にそしてしたたかに相手ゴール前へ近づいていくやり方が鹿島のサッカーだと思います。少し悪い言い方をすれば‘ズル賢い’計算されたサッカーが最近復活してきているので、ヴァンフォーレは鹿島に6月に勝利してますが、あの時と違う強いチームと考えて良いと思います。

鹿島のキープレーヤーはMF野沢選手。野沢選手は高いテクニックを活かした前線でのゲームメークが得意。チャンスメークを考えながら一瞬でも隙を見せればゴールを狙ってくるしたたかさも備えています。またFKも自信を持っているので、セットプレーのキッカーとしても注意が必要だと思います。攻撃的なポジションでゲームメークするのが野沢選手なら、守備陣と攻撃陣を繋げる橋渡し的な役割を担うのがMF小笠原選手。ベテランと呼ばれる年齢となり、状況判断や視野がより広くなってチーム全体のリズムを作る存在になりました。彼らを中心とする中盤での構成力は脅威で、試合の主導権は鹿島に渡ることが長くなりそうですね。

また鹿島はセットプレーから数多く得点に結び付けています。精度の高いプレースキックからパワフルなDF岩政選手が合わせるパターンは分かっていても決定的なチャンスを作られます。しかしあまりにも岩政選手に警戒し過ぎると、彼をおとりにして素早く飛び込めるFW興梠選手に合わせるなど、セットプレーに豊富なバリエーションがあるので最大限気を引き締めた守備が求められますね。

あとは一旦リードしてしまうと守備に力を入れてパスワークで相手を翻弄することができるので、鹿島に計画的な試合運びをさせないように先制点&リードを奪う展開になんとかもっていきたいです。そうすれば得点を決めないと負けてしまうという危機感が相手に生まれて磐石な大勢も崩れてくるので、相手を慌てさせるように精神的にも優位な状態で臨みたいですね。


ヴァンフォーレの予想メンバーとフォーメーションも見てみましょう。

ヴァンフォーレ甲府 (J1第23節予想フォーメーション)
ハーフナー・マイク 片桐
パウリーニョ
井澤山本
内山市川
冨田ダニエル
 荻(荒谷) 

※PCでご覧ください。なおメンバーとフォーメーションは実際と異なる可能性があります。


ヴァンフォーレは前節浦和に勝利できているので、メンバーの大半は変わらないと思います。しかしDF吉田選手は累積警告により出場停止で今回出られません。代わりに市川選手が起用される見込みのようですね。

市川選手はケガから復帰後チームに欠かせない右サイドバックのレギュラーを務めていましたが、前節はケガでもないのに試合に出られませんでした。連戦が続くチーム事情を考慮してかもしれませんが、その出られなかった悔しさを今回爆発させて自身の活躍をアピールしてほしいですね。1戦休んでいることでコンディションも本来の状態に回復していると思うので、彼のサイドからの突破と精度の高いクロスボールで決定的なチャンスを多く作ってもらいたいです。鹿島の左サイドバックで今回起用されそうなのがアレックス選手。彼はスピードと強烈なキック力を活かした攻撃的なタイプなので、守備面では多少の不安が残ります。サイドバックのポジションは攻撃に参加すると自身のスペースが空いてしまう恐れがあるので、この試合ではそこのスペースを効果的に突いていきたいですね。市川選手と柏選手の右サイドの2人で協力して、サイドの攻防を制して右サイドからチャンスメークしたいです。なので今回のヴァンフォーレのキーマンとして市川選手を挙げておきます。

ただし浦和と比べて鹿島は中盤の構成力や計画的な試合運びに優れているので、前節と同じような展開は望めないと思います。リスクをあまり冒さない相手に対して、どう自分からアクションを移し崩していくのか、チームの‘創造性’も問われてくる試合だと思います。前の試合で調子の良かった片桐選手やパウリーニョ選手を中心として、一瞬出来る数少ない隙をいかにモノにしていくかが勝利へのポイントとなりそうです。選手たちは神経を研ぎ澄ませて決定的なチャンスを活かす活躍をしてほしいです。


今シーズン白星を挙げた次の試合では必ず負けているので、良い流れを断ち切らないためにもガムシャラに勝利を目指して戦ってほしいと思います。今回もホームゲームなので、ホームの大声援に連勝で応えてほしいですね。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 本日鹿島アントラーズ戦! | トップ | 試合終了【鹿島アントラーズ戦】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事