ヴァンフォーレ甲府熱血サポーターへの道!!

山梨に住むユタカのブログ。地元ヴァンフォーレを応援してこのブログもなんと16年目を迎えました。コロナに打ち勝とう!

町田ゼルビア戦見どころ紹介

2020-10-24 | Weblog
前節20位の群馬にまさかの敗戦で昇格争いから一歩後退してしまったヴァンフォーレですが、まだ完全にその可能性が潰えている訳ではありません。可能性がある限りはその実現のために全力を尽くして戦い、一歩一歩近寄っていくことが夢の実現へと繋がります。諦めたらそこで試合終了となるので、可能性を信じて一戦一戦勝ち点3を積み重ねていけるように努力していきましょう。


【町田ゼルビア】
☆今シーズン:8勝12分け8敗(勝ち点36) 14位
☆ここ最近5試合のリーグ戦成績:→×△○△△
☆注目選手:平戸選手、吉尾選手、水本選手
☆予想布陣:4-4-2

※メンバーとポジション&フォーメーションは実際と異なる可能性があります。

☆前節の試合ハイライト動画
【公式】ハイライト:FC町田ゼルビアvsアビスパ福岡 明治安田生命J2リーグ 第28節 2020/10/21



☆徹底的に継続性重視のポポヴィッチ監督
今シーズンから町田の指揮官を務めるセルビア出身のポポヴィッチ監督。大分やFC東京&C大阪などで監督を務めた豊富な経験を活かして長期的なビジョンでクラブの指揮を任されています。そのポポヴィッチ監督が現在進めている戦略が継続的に選手を使うこと。ここ最近3試合はすべて同じ先発メンバーで臨み、途中交代はするものの長い時間一緒にプレーすることでチームが目指していくサッカーの共有が図られています。その成果が特に発揮されているのは守備面。組織的に連動してディフェンスし、試合をこなすごとに修正を図りながら守備のクオリティの向上にうまく繋げることができています。ここ最近3試合は無失点と引き締まった試合ができており、継続路線が間違っていないことを証明しています。今回はディフェンスラインに入っていた深津選手が累積警告のため出場停止なので、サイドバックの酒井選手が中央にスライドしサイドバックに小田選手の起用が濃厚。今まで同じメンバーでやってきたことが少し変化するので、ヴァンフォーレはその変化を見逃さないように注視したいですね。

☆多彩な仕掛けのチャンスメーカー平戸選手
現在の町田の攻撃の中心と言えば平戸選手。町田で活躍し2019年鹿島に挑戦した経験を活かして再び町田での飛躍を目論む22歳は、背番号10を纏いチームの中心選手としての自覚と責任が芽生えていると思います。今シーズンはこれまで全28試合に先発出場中で、7ゴール3アシストを記録しています。もともとはサイドハーフのポジションを得意としていましたが、最近では2トップの一角に入ってゴールに近い位置でのプレーが多くなっています。持ち前のスピードと足元の高い技術を活かして前線でボールをキープしながら味方の攻め上がりを促すなどチャンスメーカーとしての才能が開花し始めているので、ヴァンフォーレの守備陣は彼をフリーにする時間を与えないように守ることがポイントになりそうです。

☆切れ味鋭いレフティ
町田のフォーメーションはフラットな4-4-2なのでサイド攻撃をチームの武器としています。平戸選手とともにチームの攻撃を引っ張り、スピードとテクニックでサイドのスペースに入り込み勝負していく存在が吉尾選手だと思います。彼は横浜から期限付きでやってきたレフティで、右サイドを仕掛けの起点としてそこから中央に入り込みカットインしながら左足でカーブをかけて巻き込むようなシュートを打つことを得意としています。またそのまま右サイドに縦に突破しクロスボールを入れることもできるサイドアタッカー。今回ポジション的に対峙するのが内田選手なので、彼に得意なプレーを出させないように内田選手には左足を警戒した守備が必要だと思います。

☆経験豊富なディフェンスリーダー
最近の試合で失点数が激減し、粘り強い戦いで引き分けに持ち込めている原動力がCBにいます。それは長年広島でレギュラーを務め日本代表でも7試合に出場した水本選手。35歳となり全盛期の体のキレはさすがに落ちてきたものの、勝利のためにどう守っていけば良いのか豊富な経験に基づいてそれをピッチ上で実行できる貴重な存在と言えます。守備統率や危機察知は今でも色褪せない高い能力があるので、町田の守備が常に安定する頼れるリーダー。広い視野で状況を冷静に分析させたらチームの守備力が上がってしまうので、ヴァンフォーレの攻撃陣は彼のポジションを果敢に仕掛けて守備対応させて持ち前の指導力を発揮させない環境を作り出したいですね。


【ヴァンフォーレ甲府】
☆今シーズン:10勝12分け6敗(勝ち点42) 6位
☆ここ最近5試合のリーグ戦成績:→××○○×
☆注目選手:松田選手、ドゥドゥ選手、中村選手
☆予想布陣:3-4-2-1

※メンバーとポジション&フォーメーションは実際と異なる可能性があります。

☆前節の試合ハイライト動画
【公式】ハイライト:ザスパクサツ群馬vsヴァンフォーレ甲府 明治安田生命J2リーグ 第28節 2020/10/21



☆勝つときと負けるとき
以前の記事でも言いましたが、ヴァンフォーレは最近の試合で勝つときと負けるときに分かる明確なポイントがあります。それはボール支配率。勝った試合ではボール支配率が相手より低く、負けた試合ではボール支配率が相手より高いのがいずれの試合でも目立っています。前節の群馬戦でも支配率が高かったのが特徴的でした。要はチームの武器となっているショートカウンターを発動できる環境かそうでないかだと個人的には思っていて、相手にボールを持たせて前目の位置でそのボールに連動してプレスを実行して奪うと手数をあまりかけずに速攻で一気に相手ゴールに近づくことができます。一方でボールを持たされる展開になったときは一見すると優位に試合を進めているように見えますが、引いて守る相手を崩すまでの打開力をチームは持っておらず有効な一手が繰り出せないまま攻撃が終了してしまう場面が目立ちます。良い位置でのシュートに結びつけられないもどかしい場面が続いてしまうので、今回は計画的に相手にボールを持たせたいところ。ディフェンス重視で相手を引きづり込み、前がかりになったところで一気にカウンター攻撃を発動させたいですね。この試合では意図的にショートカウンターができる試合展開に持っていきたいですね。

☆松田選手が輝く!?
豊富な運動量を活かして前線でのチェイシングや相手のパスコースを遮断する動きなど、決して目立ちませんがチームに欠かせないプレーを率先して行っている松田選手。献身的なプレーで体力を使ってしまうためになかなか決定機に絡む機会が他の選手よりも多くありませんが、第26節北九州戦の武田選手のように攻守に渡って精力的に頑張っていれば最後に意外なかたちでフィニッシュを迎えるご褒美のようなシーンが巡ってくるものです。今回松田選手はその流れが巡ってくると勝手に思っています。根拠はありませんが直感でなぜかゴールを決めそうな雰囲気が個人的にはあります。松田選手が出場したらの話ですが、個人的にこの試合は松田選手に注目していたいと思います。

☆復調するドゥドゥ選手
負傷により長期離脱していましたが、戦線復帰し徐々に出場時間を増やしてきたドゥドゥ選手。ターンオーバーでラファエル選手と交替するように交互に出場しているので、この町田戦では先発出場が濃厚。第27節の徳島戦では先発出場し後半32分にカウンター攻撃からゴールを奪っています。試合終盤になってもチャンスと見るや鋭い動きで相手ゴールエリアに入っていくパワーをみせたので、もうケガの影響はほとんどないと思います。特に2018年に福岡でともにプレーした松田選手との息がピッタリ合っているので、ショートカウンターの中心人物として町田守備陣に脅威を与える存在になってほしいですね。

☆攻め切れないときのボランチの攻撃参加
町田は守備力が高くヴァンフォーレ同様接戦の試合が続いているため、引き分け数が多いことが特徴的。その引き分けの多さはヴァンフォーレと並ぶ現在リーグNo.1。その両チームが対戦するため接戦の試合展開が想定されていますが、1点を争うような膠着した攻防には後ろからの思い切った攻撃参加が有効になります。1トップ2シャドー+ウイングバックの攻めでも相手を崩せないときに、ボランチの選手を中心に後ろから攻め上がればフィニッシュへの選択肢が広がっていきます。今回出場濃厚な中村選手は攻撃参加して得点を奪っている経験があるので、チームの攻撃が手詰まりになったときは彼の攻め上がりから決定的なチャンスを作り出してほしいと思います。


…町田は組織的に守れるチームで攻撃陣にスピードのあるタイプの選手が揃います。ヴァンフォーレは群馬戦のようにボールを持てても有効打が出せずに攻めあぐねていると、一気にカウンター攻撃を仕掛けられる恐れがあります。それはなんとしても避けたいところ。アグレッシブに行く守備の意識は変わらずに、相手の出方を虎視眈々と窺って隙をみせたら一気にボールを刈り取って素早くゴールに向かっていくような ‘鷹’ のような嗅覚をみせたいですね。そして継続路線なので蓄積疲労は確実に溜まっています。ターンオーバーを推奨するヴァンフォーレは運動量では相手に負けてはいけません。相手が疲れてくる終盤に畳み掛けられるかも注目点だと思います。

難しい状況にはなっていますが、この一戦で勝利を収めて今後への勢いをつけるきっかけを掴んでほしいと思います。



※制限付き一般発売チケットを初めて購入する方に
ヴァンフォーレ甲府の試合を観に行こう~初めての制限付きチケット購入編~


※厳戒態勢試合のホームゲームの注意点が書いてあります
10月以降のホームゲームについて(2020年10月7日過去記事)


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント